M性感で裏引きできたらセックス無しでもいいのかな?

風俗に限らず、キャバクラなどの飲食店でも見られる「裏引き」は、効率よくお金を稼ぎたいという女性にとっては、非常に魅力的な言葉となるでしょう。
どうしても短期間でお金を稼がなければならない風俗嬢などは、自分の勤めている風俗店にお客さんを呼ばずに、あえて裏引きをしてときには愛人関係のようになったりすることもあるといいます。
実際のところ、常連のお客さんを裏引きにすることは問題がないのでしょうか。

また、裏引きをすることによる風俗嬢側のメリットとリスクとははなんでしょうか。
そして、デリヘルやソープランドなどの風俗店の場合にはイメージがつきやすい裏引きですが、ことM性感の場合にはどのような裏引きとなるのでしょうか。
M性感に勤める女性の裏引きについて、この記事で解説していきます。

まず裏引きって?M性感の場合の裏引きは何が違うの?

質問まず、裏引きとはもともとはキャバクラなどで使われていた用語で、お客さんをお店に呼ばずに、あるいはお店であまりお金を使わせずに直接会ってお金をいただく、という行為になります。
別名として、「直引き」や、「店外デート」と呼ぶこともあります。
もちろん、相手とてただ会ってお金をくれるというのはレアケースであって、たいていの場合は肉体関係が伴うので、直接ホテルで会ったりという方も多くいます。

ある程度仲良くなれば、食事に一緒に行ったり、あるいは遊んだりといったことをする方もいるでしょう。
これを行う風俗嬢側のメリットとしては、お客さんが店に来た場合よりも自分の実入りがよいことが挙げられます。
風俗店では、通常のアルバイトなどをするよりもやはりお給料が高めに設定されることが多いですが、たとえ本指名やオプションをつけたりしていたとしても、お客さんが払うお金の一部は当然お店の取り分となり、風俗嬢はそれを差し引いた金額しか受け取ることができません。
また、1人あたりの実入りが少なければ、当然より多くの常連客を掴まなければとてもやりくりできないということになり、それに伴って出勤日数や出勤時間が増えてくることで、体力的にもつらいものがあります。

しかしこの点、直接相手からお金を受け取れるのであれば、相手は今までよりも少ない金額を支払っていても、より多くの回数をその風俗嬢と遊ぶお金に回すことができますし、風俗嬢側としてはお店に出勤するよりも稼げる、という、お互いのメリットがあるわけです。

裏引きのリスクは?金額はどれくらいもらえるの?

質問このように、裏引きや直引きをすることで、お店に出勤するよりもずっと効率的に稼ぐことができます。

また、裏引きの場合にはお店通りのサービスが必ずしも求められないので、これを楽だと考える女性もいるでしょう。
金額相場は、お客さんがお店に払っていた金額もしくは、それより若干低い金額となることが多いようです。
ただし、それに加えてお客さんによってはプレゼントや食事をごちそうしてくれるなどの思わぬ副収入があることもあります。
このことから、裏引きはメリットばかりが見えやすいのですが、そううまい話ばかりでもありません。

まず裏引きは、ほぼ全ての風俗店が禁止していると思ってよいでしょう。
これはある意味当然のことで、風俗嬢がそのように裏引きをするようになれば、今まで来ていたお客さんはお店を訪れなくなるわけですから、お店の存続に関わります。
このことから、風俗店ではお店を通さずにお客さんと会ったりした場合には、高額な罰金を課す、ということを入店時に説明するところが多いようです。
また、お客さんと何らかのトラブルになったとしても、お店は何も対処してくれません。

当然のことで、あくまで店外で会ったということであれば、お店側は感知できない問題であるからです。
また、裏引きをしたことがお店にバレなければいい、という考えの方もいるでしょうが、裏引きで会ったことによってお客さんが店に来なくなったり来店頻度が激減したりして、さらに風俗嬢自身の出勤も減ったりすると、お店は怪しんで確認をしてきたりすることがあります。
たいていはこういった場面で裏引きが発覚するわけですが、お店としては裏引きをしたことによって何らかのトラブルを抱えることを避けたいという思いがあることから、裏引きを始めるとかなり早い段階でお店にバレるというケースがほとんどだということを覚えておいたほうがよいでしょう。
完全にお店にバレずに裏引きをするのは、至難の技であるといえます。

M性感での裏引きはどんなことをする?

M, アルファベットM性感の場合には、デリヘルやソープランドなどでのサービスと異なり、本番行為はもちろんのこと、お店によってはフェラチオや手コキはもちろん、まず嬢へ触れることが禁止されているというお店もあります。
そもそもM性感のプレイ自体が、嬢の側が積極的に責める役割であることがその理由ですが、裏引きの場合にもこれを継続するかどうかは、裏引きを持ちかけてきたお客さんがどのような希望を持っているかでしょう。
何度かお店に通ううちに嬢自身のことに興味を持ち、「プレイ以外のことも楽しみたい」とお客さんが考えた場合には、お店でしていたようなプレイに加えてノーマルなセックスを求められる場合もあるでしょう。

その一方で、M性感のお店に足繁く通うようなタイプのお客さんであれば、どちらかというとM性感の「非日常」を求めて来店しているという場合もあります。
このようなお客さんの場合には、セックス無しでもよいから、お店と同じプレイをしたい、という要望を持っている場合もあるでしょう。
いずれのケースであっても、裏引きの場合にはお店のようにメニューが決まっているわけではないので、基本的には嬢自身とお客さんとの間の交渉でプレイ内容も支払われる金額も決まっていくと考えてよいでしょう。
ただし傾向としては、裏引きから援助交際に近い形態に移る場合も多く、そのような場合には別途「お小遣い」としてお金の相談をすることがあるようです。

頻度としては月2~3回で、おおむね1回あたり5~6時間程度会っているという意見が多く、お店でお給料をもらうよりは効率がよいと考えている風俗嬢が多いようです。

まとめ

M性感でも、他の風俗店やキャバクラなどと同じく、裏引きを持ちかけてくるお客さんは少なくありません。
裏引きを了承すれば、今までお客さんが払っていたお金のうち、お店の取り分も合わせてすべて風俗嬢の手元に入るわけですから、収入は倍とまではいかないまでも、今までよりはかなり高額となることは間違いないでしょう。

ただし、それと同時に理解しておかなければならないことは、ほとんどのお店が裏引きを禁止していて、それをやぶった場合には高額な罰金を請求されるなどのリスクがあることです。
こうしたことを知っているお客さんの中には、最初から値切ったりタダで風俗嬢とセックスをすることを期待して、応じなければお店にばらす、などといった手口を使う人もいるかもしれません。
裏引きの場合にはお店は一切守ってくれませんし、そもそも知られるわけにはいきませんから、自己責任で相手の人柄をよく見て、信用できそうな人かどうかしっかりと見抜く必要があるでしょう。
M性感での裏引きの場合にセックスをするかどうかは、お客さんの側はノーマルセックスを望むかどうかによって決まってくるでしょう。

いつもどおりのお店でのプレイの場合と、ノーマルセックスを臨まれる場合があるので、もし裏引きをするのであれば、そのお客さんがどのような形で裏引きをしたいのかを聞いてみるのもよいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする