スカウトにM性感をすすめられたけど仕事内容がよくわからない

風俗店には色々な種類のお店があります。
女性ですと自分がお客さんとして風俗店を利用することがあまりないでしょうから、そういう意味では、たとえ興味を持ったとしても、どのようなお店があって、どのような種類のサービスをするのかという点に関しては、ネットでの話を読むなどしてうっすらと想像をしている程度、という方も数多くいるでしょう。
また、デリヘルやソープランドというタイプの風俗店であれば、ある程度店舗数も多く経験者も多いため、体験談なども豊富だったりするのですが、一方であまりメジャーでない風俗店の場合には、「それって、何するところ?」という疑問がついて回ることもあります。
特に、自分から店舗を調べて応募するのではなく、スカウトマンに路上で声をかけられた、というようなケースでは、このようなことが起こりやすいといえるでしょう。
では、「M性感」という風俗店では一体どのようなサービスが行われるのか、そしてM性感で働くときに注意点などはあるか、といったことについて、この記事でご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

M性感のサービス内容とは?SMクラブとは違うの?

スカウトにM性感をすすめられたけど仕事内容がよくわからない「S」「M」という言葉自体は、何も風俗に関する話だけではなく、日常的に使われることの多い言葉でしょう。
結局のところ、自分は責めるのが好きか、責められるのが好きか、という話に集約されてしまうところではあるのですが、一昔前は、「ほとんどの男性はSであり、ほとんどの女性はMだ」という認識が一般的でした。
しかし近年では、女性が責める側、すなわち「S」で、男性が責められる側、つまり「M」という組み合わせも、決して珍しくはなくなってきました。

また、恋人や夫婦というパートナーとの間では特に「S」「M」という役割を意識していなくても、家族も知らないプライベートな空間では、思い切り女性から責められたい、という隠れた欲求を持っているという男性も珍しくありません。
SMクラブやM性感は、こうした男性に向けてサービスを展開している風俗店であり、そこでは男性が思いのままに責めたり責められたり、というプレイがサービスとして提供されるということになります。
このうち、M性感は特に、男性が責められる側、つまりMの役割となり、女性はSとなって責めるので、一見するとSMクラブに近いサービス形態のように思えます。
M性感はこのうち、「M性癖を持っている男性」に特化したお店、という考え方が適切でしょう。

また、一部高額店などを除いておさわりが禁止されていたり、より「言葉責め」や、オイル、パウダーなどをフル活用したサービスが展開される、というところに特徴があるといえます。

もっと詳しく!M性感の仕事内容

質問 疑問上に書いたように、M性感では女性が責める側となり、男性を責めることが基本的なサービス内容です。
ただしM性感は、男性が積極的にプレイに参加してくる、というよりは、いかに消極的な男性でも感じさせることができるか、というところが嬢の腕の見せどころということになります。

つまり、かなり本格的な「責め」の技術が必要となり、言葉責めや淫語を使った責め、パウダーやローションを使った責めというように、小道具を最大限活用しての責めが要求されます。
この点、デリヘルやソープなどが男性主体でのプレイ・サービスとなるのに対して、M性感の場合は、お客が何を、あるいはどのような責めを望んでいるのかということを察知して、積極的に嬢の側から提供していかなければならないという意味で、難易度の高いお店ということもできます。
こういった話題でまず女性が氣にすることといえば、まず「テクニック」ということが多いのですが、M性感やSMクラブなどに求められているのはテクニックももちろんですが、むしろこうした男性側の欲求を読み取ること、そして頭を使って、ときには目隠しなどのシチュエーション・小道具や言葉などもフル活用した責めをできるかどうか、という点です。
いくら仕事とはいえ、「恥ずかしいから」というような理由で自分が完全に責めのモードになれない、というような方は、M性感で働くことは難しいといえるかもしれません。

M性感で働く上で注意することは?気軽に働ける?

新宿などの繁華街を歩いていると、スカウトから声をかけられることはそう珍しいことではありません。
こうした場所でスカウトをしているお店の種類は本当に多様で、これと一つに絞ることは難しいのですが、やはりキャバクラや、風俗店などのキャストを募集しているお店のスカウトであることも珍しくないでしょう。

かつては風俗で働くことは「夜の仕事」と言って人に話すことが憚られていましたし、風俗どころかキャバクラやスナックなどの「飲食店」でさえ、「お水」と言われて敬遠されることが多くありました。
だからこそ、こうしたお店で働くことはよほどの事情がある、たとえば借金があるとか、仕事をクビになってしまって今すぐにお金が必要だといった理由が多くありました。
しかし、最近では風俗店で働くことにそこまでの「決意」をしない女性というのも珍しくありません。
人生勉強のために」とか、「ヒマだったから」という理由で風俗の仕事を選ぶ女性も珍しくありませんし、先ほど述べたようにスカウトに声をかけられたから、スカウトから逃げられない状況にあったからという理由とて、珍しいものではないでしょう。

実際のところ風俗といっても、たとえばデリヘルやソープランドなどのお店は、もちろん細かい決め事はあるにせよ、基本的にサービス内容は通常のセックスとそう変わりません。
しかしながらM性感のお店の場合にはそういうわけにはいきません。
普段のセックスでM性感のプレイ内容と同等のことをしているという方がいないというわけではないでしょうが、言葉責めからローションプレイ、パウダープレイ、そしてシチュエーションまで設定して普段からセックスをしている、という方はかなりレアケースと言ってよいでしょう。
このことを踏まえると、M性感のお店で働くにはそれ相応の予備知識や、プレイに対する熱意が必要になってくるでしょう。

もちろん、内心の上でそれを仕事と割り切って行うことはなんの問題もありませんが、責めを放棄してされるがままになる、いわゆる「マグロ」状態になってしまうことは避けたいところです。
このような態度では、お店自身がクレームを受けるというリスク以外にも、そもそもプレイとして成立しないという問題があります。
M性感で働くことを考えたなら、しっかりと相手をどう責めるのか、ということを考えることが望まれます。
プレイ内容についてはお店により異なりますが、やはりこれは共通して認識しておくことといって差し支えないでしょう。

まとめ

注意 マークM性感にかぎらず、風俗店というのは様々な心配事があります。
たとえばそれは性病のリスクであったり、お店がきちんと売上を払ってくれない、売上を抜かれる、辞めさせてくれないなどのトラブルが代表といえるでしょうか。
もちろん、M性感のお店もいろいろなお店がありますし、経営者も様々な方針があるでしょうから、自分と合わなかったり、そういったトラブルが尽きないお店というのも存在することは事実です。

しかしながら、M性感のお店で多くの場合問題になるのは、むしろそうしたお給料関連のトラブルよりも、接客スキルやサービスのスキルといった技術面・精神面の問題です。
デリヘルやソープランドといったお店に比べて、身体への負荷は少なくなる分、こうした「自分から責める」「相手の望んでいる責め方をする」という姿勢を忘れないでおくことが、M性感のお店で働く上での注意事項と言うことができるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする