人気ソープ店は女性によって出勤制限をする事がある

風俗業界では常時女性を募集しているお店がたくさんあります。
お店としてはお客さんに飽きられないためにも常に新しい女性を求めているからです。

仕事を探している女性が面接に行って採用されて働き始め、最初の新人期間が過ぎると出勤制限を受けることがあります。
新人期間中はお店も優先してフリー客をつけるようにしてくれますが、通常勤務が始まっていざシフトを入れても希望日に働けないということもあります。
今回は稼ぎたい風俗嬢にとってはうれしくない制度、出勤制限について「人気ソープ店は女性によって出勤制限をする事がある」という事象を検証していきます。

出勤制限って何?

人気ソープ店は女性によって出勤制限をする事があるそもそも出勤制限とは何なのでしょうか?
まず始めに出勤制限についてご説明します。
出勤制限とはソープやファッションヘルス店など箱型店舗で、風俗嬢たちの出勤できる日をお店が制限することです。
在籍女性がお店のキャパシティより多い場合にこの出勤制限がなされることが多いです。

例えばソープ店で部屋数が10部屋あるとすると、同じ時間帯で接客できるソープ嬢の数は10人に限られます。
それ以上いてもあぶれてしまう女性が出てくるということでお店は女性の数を調整して出勤制限するのです。
すべての箱型店舗で出勤制限をするわけではありません。
部屋数の倍くらいの嬢を出勤させている店舗もあって、嬢の出勤調整をするかしないかはあくまでもお店次第です。

正確な統計は出ていませんが、およそ半分近くのソープやファッションヘルスで出勤制限がなされているようです。

出勤制限されやすいソープ嬢って?

それではどんなソープ嬢が出勤制限を受ける対象になるのかを見てみましょう。
*遅刻や当日欠勤が多い:過去に何度かたとえ無断でなくても遅刻や欠勤があると、お店側は出勤制限の対象に考える場合が多いです。
勤務態度が良好な人はあまり出勤調整の対象にはなりません。
*あまり指名がとれていない:お客がソープ嬢を選んで指名するのは、ほとんどがお店のホームページの「本日の出勤嬢」を見てになります。
お店としても出勤したソープ嬢にお茶ひかれるよりは指名が取れやすいソープ嬢を選んだ方がいいので、人気のない嬢が制限の対象になるわけです。
*基本的には新人から出勤制限していく:新規のお店に勤め始めたばかりの新人期間中は、お店も新人として宣伝してお客の反応や働き方をみるためにも、フリー客につけることが多いのですが、その期間を過ぎて特別お客からのよいコメントをもらわない限りは、古参を優先して出勤させるので、新人は比較的出勤制限の対象になります。

出勤制限対抗措置は?

それでは出勤制限をお店から言い渡されないようにするための対抗策や注意点などを見てみましょう。
*無遅刻・無欠勤:お店としてもシフトを入れた日に遅刻されたのでは困りますよね。
病気の場合を除いてシフトを入れている日はできるだけ無遅刻・無欠勤で真面目に働く姿勢を見せて、何よりもお店の信頼を得ることが大切です。

*シフトを入れるときになるべく出勤予定の女性の数が少ない日を選ぶ:ある程度出勤日の融通がきくのであれば、できるだけ出勤女性の少ない日に働く方がベターです。
*自分が働きたい日に出勤制限されることが多い場合は他店との掛け持ちを考えましょう。:しっかり働いて稼ぎたいと思っていてもシフトを入れようと思った日に出勤制限されてしまうようだったら、他店でも働けるよう自分で調整してみましょう。
1店舗だけにしがみついている理由はありません。

*在籍嬢の数:最初の店選びのときに、お店のキャパに比べて極端に在籍女性の数が多いお店は選ばないようにすることです。
大型店舗だと出勤制限をかけずに、部屋数以上の女性を出勤させるお店もあり、その場合は誰にでもチャンスが与えられていることになりますが、それだけ競争も激しくなります。
*お店に確認:最初の面接に行ったときに出勤制限があるかどうか確認しましょう。

出勤制限の現状は?

カレンダー実際の風俗店現場での出勤制限の現状がどうなっているのか見てみましょう。
*基本的に風俗店は自由出勤制を採用しているところが多く、風俗嬢は自分で出勤日を決められますが、中にはお店がシフトを決めているケースもあります。
その場合はお店が予め女性たちに出勤できない日だけ聞いて、No1以外は残りの全員に対してお店がシフトを決めているというケースです。
どの店も出勤調整する場合は指名取れている人気嬢以外は、各嬢の出勤率と指名率を見て決めているようです。

*「真面目に鬼出勤してるから店に貢献してるっていうのは間違い指名がとれなきゃ店にとってはお荷物なだけ出勤制限されても仕方ない」という見方をしているソープ嬢もいます。
*お店によっては新人を優先する店もあります。
その場合は古株で指名取れていない嬢は出勤制限の対象者となります。
*お店側は当然指名多い嬢には出勤制限かけません。

*風俗店オーナー曰く「指名があっても退店してほしいお荷物嬢はいるし、たとえ指名がなくても置いておきたい嬢もいます。」
*嬢たちのシフトを店長やオーナーが決めるお店もあります。
その場合早番はほとんど子持ち女性に、シングルは遅番に回されることが多いようです。

*人気嬢が休みのときでも「本日の出勤嬢」に入れて、フリーでその嬢を目当てに来たお客に新人を回すのは風俗店が使う手です。
そこで新人がしっかりとサービスしてお客が気に入れば次の指名に繋がりますから、お店も新人嬢もお客にとってもうまくことが運べば、みんながハッピーの良いケースとなります。

出勤制限について風俗嬢たちの声

カレンダーここでは風俗店で働いていて出勤制限された嬢たちのホンネを探ってみましょう。

*出勤制限されたら辞め時かも自分が働きたいときに働けない店にいても意味がない
*リピも取ってるし出勤もちゃんとしてるのに、店長変わってから出勤制限されるようになった
今度の店長は自分の贔屓で決めてるみたい
*不本意にも出勤制限されたから、お客連れて店替えするつもりお客はどこにでも行くって言ってる

*ナンバーなのに最近新人が多いせいか出勤制限されたそろそろ辞めどきかも
*指名が取れないから出勤制限される文句があるなら辞めてくれってことじゃない?
*早く来れるかどうかは確認もなしでロング入れるくせに、人足りてるときに調整ってそれはないよね体よく使われるピンチヒッターだけなら他に行きますよ
*出勤制限=戦力外通告

*うちの店は週末の集客できるときに新人もつっこんで店を大きくしていった逆にいえば平日の昼にしか出勤できない嬢の売り上げと生活も確保しながらピークデイを作っていったってことその店にいる限りはその店の方針に従ったほうがいいと思う

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ちゃんと毎日働いてしっかり稼ぎたいと思っている風俗嬢にとって、出勤制限は決してうれしくない制度ですね。

多くの風俗嬢は、出勤制限されたら自分が働きたいときに働けない店にいても意味がないということで、そのときは辞め時だと思っているようです。
お店に出勤制限しないでくださいとは言えませんから、もしそのお店に在籍したままでいたければ、他店との掛け持ちで稼いでいく以外はありません。
あとは自分のところへ来てくれているお客さんを連れて他の店に移籍することです。
いずれにしても自分が一番稼げる方法を見つけて対処しましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする