添い寝リフレは当欠に厳しい?罰金はありますか?

添い寝リフレの仕事に興味を持っている女性も多いと思います。
しかし、風俗や水商売と聞くと、どうしても厳しいノルマや罰金があるのは?
当欠したら凄い額の罰金を取られるのでは?
と不安になってしまいます。

求人広告を見て「ノルマ・罰金一切無し」と書かれていても、それを鵜呑みにして大丈夫なのでしょうか?
ここでは、添い寝リフレのノルマや罰金事情を中心に説明します。

ノルマはあるの?

添い寝リフレは当欠に厳しい?罰金はありますか?キャバクラなどでは、ノルマや罰金が一般的です。

当欠で1~2万円、無断欠勤3万円など高額な罰金が課せられることも稀にあります。
このような罰金は添い寝リフレでもあるのでしょうか?
調査をしてみた結果、添い寝リフレではノルマや罰金を設けているお店はほとんど有りませんでした。
そのため、基本的には無いと言えます。

では、なぜキャバクラではノルマや罰金が必要なのでしょうか?
そう考えた時の答えはキャバクラの働き方を見れば明確です。
キャバクラでは、自分の指名客以外の接客も重要な仕事だからです。
例えば、お店のナンバーワンの女性を目当てに一度に10人のお客様が来店したとします。

しかし、ナンバーワンの女性は一度に10人のお客様の相手はできません。
10人どころか、1人以上のお客様の相手は出来ないのです。
仮に、一人5分ずつ会話を楽しんだとしても、10人で50分掛かってしまいます。
残りの45分は他の女性が代わる代わる盛り上げなくてはならないのです。

そうなると、その時間、最低でも9名の女性のサポートが必要になるのです。
キャバクラのナンバー嬢達が、その魅力を最大限に発揮し、お客様を呼ぶためには、それ以外の女性のサポートが不可欠になるのです。
そのため、安易に当欠や遅刻をされてはお店側も働く女性達も非常に困るのです。
そのための戒めの意味もあり、高額罰金を設けているのです。

また、ノルマも同様です。
もしも、ナンバー嬢が何らかの原因で来れなくなってしまった場合、お店の存続がその他の女性達に掛かってきます。
日々切磋琢磨し、リピーターを増やしてほしいというお店側からの狙いが込められているのです。

ノルマや罰金が無いお店が多い

前述の様に、添い寝リフレではお客様の待機時間が存在しないため、基本的にノルマや罰金がありません。
ですから、求人情報に「ノルマ・罰金なし」とある場合には、本当に無い可能性が高いのです。
添い寝リフレでノルマや罰金が無い大きな理由はもう一つあります。
罰金などを課してしまうとそれを恐れ、本当に稼げる子が応募してこなくなり、良い人材の獲得を逃すことになる可能性が高まるからです。

添い寝リフレの仕事に向いている、レベルの高い女性に安心して働いて貰いたいというお店の配慮があるのです。
しかし、ノルマや罰金がない添い寝リフレのお店でも、指名の少ない女性が時給を減らされてしまったり、ビラ配りなどで宣伝行為を行わなくてはならないというところもあるため、注意が必要です。

指名が多いと稼ぎやすい

お金添い寝リフレではノルマや罰金が無く、安定して働けます。

しかし、ノルマなどが無い事に甘え過ぎてしまうと、それ以上稼げなくなってしまいます。
より一層稼ぎたければ、やはり指名をとるのが一番効果的です。
多くのお店では、時給の他に、指名料などが加算されます。
指名料は時給を超える金額となる場合もあり、とても見逃せない収入です。

出勤する度に指名してくれるお客様が複数人居れば、働くのも精神的に楽になります。
指名が多ければお店からも認められますので、無理なシフト調整をされることも、ビラ配りなどをさせられることも少なくなるでしょう。
指名の他にも、オプションで稼ぐ方法があります。
オプションはハグ、腕枕、膝枕、お散歩、観光案内など1,000円~10,000円程度のものまで様々です。

オプションについては、全額がバック、半額バックなど様々です。
しかし、オプションを付ければ付けるだけ稼げますので侮れません。
自分に出来るオプションは、積極的におススメするようにしましょう。

保証があるとノルマもある場合が多い

添い寝リフレでは、罰金というペナルティが無い上に時給保証をしてくれるというお店があります。
但し、時給保証については出勤ノルマなどがある場合が多く、全ての女性に適応される訳ではありません。
例えば、週5日以上、8時間以上の勤務が時給保証の条件など、割と厳しめのノルマである事が多く、そのノルマをこなせる女性にしか保証は付かないため、あまり期待し過ぎない方が身のためです。
副業やバイトとして添い寝リフレをしている女性には、やはり厳しい条件かも知れません。

また、通常100%のオプションバックが、時給保証が付くと50%になるというお店もあり、注意が必要です。
この辺の詳しい説明も、しっかり確認してから働くようにしましょう。

本入店前の面接で詳細を確認

添い寝リフレの罰金やノルマに関しては、本入店前の面接で確認するようにしましょう。

添い寝リフレでは、基本的に罰金制度の無いお店が多いのですが、必ずしも全てのお店で無いとは限りません。
知らないままでいると、入店後に「こんなはずじゃなかった」ということになり兼ねません。
料金システムを確認する事は恥ずかし事でも失礼な事でもありません。
働く上で当然の権利なので気にせずしっかり聞きましょう。

もし、本業や学生など、何かと兼任をしていたり、子持ち主婦のバイトのような働き方をする場合、病気療養中などの場合は、急遽休みを取らなくてはならなくなったり、遅刻をしてしまう可能性があります。
面接時にこのような状況である事と、その理由を予め説明しておくと安心です。

罰金が無くても遅刻・欠席はマイナスに・・・

お金添い寝リフレでは、基本的に罰金はありません。
しかし、よっぽどの事情が無い限り、当日欠勤や遅刻は避けるべきです。
当欠や遅刻をすると、予約してくれているお客様やそれをフォローするために動くお店のスタッフ・女性達に迷惑がかかってしまいます。
あまりに頻繁に当欠や遅刻が繰り返されると、信頼を失いお客様もリピートしてくれなくなります。

お客様は、他のお店に通うようになったり、同じお店の他の女性を目当てに来るようになってしまいます。
勿論、お店側からの信頼もなくなりますので、徐々にシフトに入れなくなり、干されたり、最悪の場合はクビになることもあります。
遅刻グセ、当欠グセはなかなか治りません。
稼げなくなってから、後悔したり反省しても遅いのです。

まとめ

添い寝リフレのお店では、厳しいノルマや罰金制度は基本的にありません。
しかし、近年ではキャバクラはもちろんのこと、コンビニのバイトでもノルマのある時代です。
達成出来ないと罰金などそれなりのペナルティが課せられます。

皆、様々な努力をして達成できるように頑張っています。
ですから、添い寝リフレでも、ノルマが無いからと言って仕事を甘く見ていると大変なことになります。
お客様を掴み、指名を獲得するためにはやはり努力が必要不可欠です。
何の努力も必要無いほど簡単な仕事ではありません。

指名を獲得すればするほど確実に稼げます。
また、遅刻や当欠などを繰り返すと、お店からの信頼が無くなり、仕事が回ってこなくなります。
ペナルティが無くても、遅刻や当欠のリスクをよく把握し、なるべく避けるようにしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする