妊娠中はセクキャバで働けますか?お酒は飲めません

年の差婚などで旦那さんが既に性欲が尽きていたりする場合、公認で奥さんに風俗のお仕事を許すというカップルをちらほら見かけるようになりました。
そんなとき問題に成るのが、妊娠中のお仕事をどうするかということでしょう。

風俗での生理休暇はよく耳にする話ですが、妊娠ともなると期間も長くなりますし、職種もかなり絞られて来ると思われます。
本記事では、妊娠中の女性が選択できる風俗のお仕事として、セクキャバを考えてみたいと思います。

セクキャバのお仕事とは何か。

質問まずはセクキャバ、すなわちセクシーキャバクラのお仕事から見てみることにしましょう。
そこには何点か特筆すべきところがあります。

順を追って見てみたいと思います。

水商売。

まず風俗嬢のかたから見て一番特筆すべきことはセクキャバが風営法上、性風俗ではなく「水商売」として届け出ているということです(※)。
同様の業態としてピンクサロン、通称ピンサロがあげられますが、ピンサロはそれでもフェラチオで男性客をヌキ(射精)に至らせるという点で、私達が常識的に「風俗」として考えているものに合致すると言えます。
それに対し、セクキャバは果てしなくグレーゾーンにあると言えます。

なぜなら、お店の中でセクキャバ嬢が積極的に男性客をヌキ(射精)に至らせる行為はしないからです。
(※風俗営業は「許可」、性風俗関連特殊営業は「届出」と風営法上微細な違いがありますが、本記事では厳密に区別せずにお話ししています。)

サービスが受け身。

セクキャバが水商売と性風俗のグレーゾーンにある理由・・・それは、男性客にヌキのサービスをしないというだけではありません。

セクキャバのサービスは全般的に「受け身」なのです。
例えば、キス、ディープキス、おっぱい触り、おしり触りなどは可能ですが、こういったこと全部、男性主導でやることに成ります。
セクキャバ嬢のほうから積極的に仕掛けることはありません。
ただ本番行為など極端なことはもちろん許されていません。

男性客のなかにはキャバクラに行ったとき「もしこのお姉ちゃんにタッチできてエッチなこと出来たら・・・」なんて考えるひとも居ます。
そういった男性客の望みをかなえるというコンセプトなのがセクキャバだと言えます。
なので、セクキャバ嬢は男性客からの(いわば)合意のもとでのセクハラに、ただ耐え忍んでいれば良いのです。

時給制。

質問以上が風俗としてのセクキャバのプレイ内容の特徴です。

次に風俗としてのセクキャバの給与システムにおける特徴もつかんでおきましょう。
何よりもまず注目すべきところは、セクキャバは時給制だということです。
普通、風俗は出来高制です。
男性客からの指名が無ければ給料は発生しません。

ソープランドでもデリバリーヘルスでも、そうです。
しかし時給制の風俗なら、男性客の指名があろうが無かろうが待機中でも時給が発生します。
この給与システムが受け、多くの風俗嬢さんたちがいまセクキャバのお仕事を選り好んでいるという話を耳にしています。

妊娠中の女性がセクキャバに勤めた場合の問題。

こうして風俗のなかでのセクキャバというお仕事の位置づけも分かって頂けたかと思います。

ごく簡単にまとめるなら、次のように言えるでしょう。
・女性キャストは受け身で良い。ヌキもしない。
・出来高制ではなく、時給制。
さて、このセクキャバの業態は妊娠中の女性にぴったり合うものでしょうか。
仮に、妊娠中で風俗のお仕事をしても男女問題は発生しないと仮定しましょう。
彼氏は彼女の妊娠を、風俗のお仕事をしても気づかっており結婚も考えている。
ましてや中絶しろなどとは言わない。

旦那さんの場合でも同様に振舞ってくれると仮定します。
つまり、そこには弁護士を挟んで相談するような厄介な問題も発生しないと考えるのです。
この仮定のもとでも、幾つかの問題点が浮かび上がって来ます。

水商売としてのセクキャバは妊娠中の女性にも大丈夫?

ひとつめの注目点はセクキャバのお仕事の水商売としての側面です。

産婦人科医のような専門家の話によれば、妊娠中の飲酒は一滴でも禁止というわけではないですが、やはり生まれて来る赤ん坊のためには良くないようです。
当たり前と言えば当たり前ですよね・・・。
ただお酒に関して言えば、基本的にセクキャバは水商売とは名目だけで男性客のお目当ては飲酒に無いため、気にしなくて良いです。
セクキャバでガブガブ飲む男性なんていません。

むしろ問題はセクキャバ店内の空気の悪さだと言えます。
それは典型的には喫煙による副流煙みたいなものです。
もし妊娠中にセクキャバに勤めるなら、まずそこを店長さんなどに相談すべきでしょう。

クンニリングスを避ける。

セクキャバのプレイは風俗のなかでも比較的ソフトなものばかりです。

キス、ディープキス、おっぱい触り、おしり触り・・・どれも妊娠中の女性に悪影響を与えるようなものではありません。
しかしお店によってはセクキャバでもクンニリングスを許すというか「黙認」するところがあります。
そういうお店はオプションで毛布などを男性客に買わせることが多いようです。
しかし妊娠中にクンニリングスをすると膀胱炎などの疾患にかかりやすいと言われています。

特に衛生環境がそれほど良くないと言える風俗店で、性器にまで触れるような行為は特に妊娠中なら避けるべきでしょう。

妊娠中の女子はセクキャバに勤めるのを避けるべき?

妊娠以上のように考えると衛生上よくないセクキャバ店に妊娠中勤めるのはどうか・・・と思えて来るでしょう。
しかし、彼氏や旦那の収入の問題があったりなどして、どうしても仕事それも比較的大きく稼ぐために風俗の仕事をせざるを得ない場合、選択肢としてセクキャバは悪くないものだと言えます。
理由のひとつは既に上で見ましたが、サービスが受け身でソフトだからです。

そもそも妊娠中はカラダを動かすこと自体が好ましくないと言えますので、受け身で男性客のしたいようにしておくだけで「プレイ」に成るというのは妊婦さんには助かることです。
もうひとつの理由は、やはり時給制だということです。
妊婦さんは安静であるべきカラダを動かして出勤したわけですから、何かしらの成果を得たいはずです。
そんなとき着実に給与に反映される時給制は助かる・・・というのが本音ではないでしょうか。

経済的な問題から出勤せざるを得ない場合などは、なおさらです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「妊娠中はセクキャバで働けますか?お酒は飲めません」というタイトルで記事を書かせて頂きました。

基本的に妊婦さんは安静にしているべきですが、やむを得ない事情で稼ぎに出なければならない場合もあるでしょう。
そんな場合、サービス内容がソフトで、また受け身で良いセクキャバはおススメです。
それに加えセクキャバが風俗には珍しい時給制を採用しているというのも魅力的です。
ただそこは風俗店なのでタバコや飲酒など、好ましくない環境に置かれることも忘れないでください。

また、いくらサービスがソフトで受け身だと言ってもクンニリングスのような性器に直接手で触れられるような行為は避けるべきでしょう。
生まれて来る赤ちゃんも大切ですが、その時々の経済状況も見逃すことはできません。
少々厳しい話だと思いますけれども、店長さんなどと連携しながらぜひ首尾よく稼ぐ術を身につけてもらいたいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする