添い寝リフレの給料システムを教えて!日給保証はありますか?

添い寝リフレは、近年よく見聞きする仕事です。
募集の条件を見てみると、案外稼げるようなことを書いてありますが、それは本当なのでしょうか?
他の風俗店のように日給保証などはあるのでしょうか?
ここでは、添い寝リフレの給料システムと日給保証など保証制度について調査をしてみました。

添い寝リフレは時給制

ベッド 女性添い寝リフレでは、多くのお店で時給制を取り入れています。
時給の平均は1,000円~5,000円程になります。
やはり、容姿端麗で人気のある女性は時給も高くなる傾向にあります。
お店によっては、キャバクラのように、指名やオプションをポイント化し、そのポイント合計でその日の時給が決まるというシステムを導入している所もあります。

時給以上に稼ぐためには、様々なオプションを付け、オプションの数で金額を稼ぐより他ありません。
添い寝リフレのお店の中には、添い寝だけでなく、風俗のように性的サービス、ソフトサービスを行う所もあります。
裏オプションと言われるものです。
しかし、それは全てのお店で行っている訳ではありません。

風俗要素のある添い寝リフレでは、時給制とは別の料金システムを取り入れているお店が殆どです。

オプションバック

添い寝リフレでは、各店でオプションを設けています。
オプションの内容は、マッサージをはじめ、ハグ、腕枕、膝枕、耳かき、寝かしつけ、コスプレなどが一般的です。

中には、ビンタ、抱っこ、店外デート、観光ガイドなどを設けているお店もあります。
オプション料金は1,000円~10,000円程度までが一般的です。
そして、オプションの半額程度がバックとなります。
オプション全額バックのお店もありますが、そういった所では、待機時給が無く、歩合制になっていることが殆どです。

店外デートや観光ガイドなどは拘束時間が長くなるため10,000円~など、オプション料金は高額になります。
また、嫌な気持ちになるビンタなども高額オプションとなります。
店外デートや観光ガイドなどは、オプションバックの他に、食事をおごって貰えたり、洋服を買ってもらえたりとプラスαの収入があることもあります。
しかし、ホテルに連れ込まれそうになったり、しつこく口説かれたりする場合も多く、危険が伴うことも充分に有り得ます。

お店に逐一報告を入れるなど、予め危険を回避する方法を練っておきましょう。

時給の最低保証はある

時計添い寝リフレでは、時給の最低保証が付く場合があります。
これは、入店時の条件にもより、全ての女性が最低保証を受けるという訳ではありません。

例えば、時給の最低保証を付ける代わりに、週何日で何時間以上の出勤が必要、オプションは全て半額バックなどという条件です。
それらの条件に見合えば時給保証が受けられますし、見合わなければ時給保証はありません。
時給保証が無い場合、待機中には時給が発生しませんが、その代わりにオプションバック率が高いという事もあります。
添い寝リフレは、比較的安全に働けてトラブルが少なく、待遇面が良いと評判です。

自由出勤で罰金無し、雑費無し、講習や研修無し、寮完備、アリバイ対策OKなど、働きやすい環境作りがなされていますが、必ず全ての保証がどのお店にもあるとは限りません。
体験入店や面接時に自分自身で待遇や福利厚生内容を確認してみることをおススメします。

日給保証はない

添い寝リフレでは、主に時給制を取り入れているため、日給保証がないのが特徴です。

そのため、出稼ぎしても、必ず稼げるという給料保証はないのです。
しかし、前述のように、条件によっては最低時給の保証が付く場合があり、およそ稼げるであろうという目安の金額は分かります。
また、風俗的サービスを行うお店では、日給保証がある場合もあります。
日給保証の金額は、出勤日数や労働時間、サービスの内容により様々です。

一定条件をクリアしないと日給保証を付けられない場合もあります。
保証金額が高いところに釣られてしまうと、過激なオプションを推奨しているお店に入店してしまうこともあるため非常に危険です。
入店前に自分に出来るサービス内容かどうかを確認する事が重要です。
特に、出稼ぎでは保証内容だけを見てお店を選んでしまいがちですが、入店してから「こんなはずじゃ無かった・・・」と後悔しないように、体験入店などを利用し、実際に働けるかどうかを事前に確認しておく事をおススメします。

風俗か非風俗かで給料は大きく違う

添い寝リフレには、オナクラやピンサロの様な性的ソフトサービスを行う風俗型のお店と、純粋に添い寝やリフレを楽しむ非風俗型とがあります。
給料面も、やはり非風俗型よりも風俗型の方が高く、そのシステム自体も大きく違います。
非風俗の添い寝リフレでは、基本的には時給制で指名料やオプションの料金がプラスαとなります。

風俗の添い寝リフレでは、お客様一人を接客したら幾らで、プラス指名料やオプション料金が付きます。
お客様が何分のコースを利用するか?でも女性へのバックは大きく変わってきます。
このように風俗型では、やはり通常の風俗店の給料システムを取り入れている所が多いようです。

両者で同じ時間働いた場合の時給換算をしてみると、非風俗型がおよそ1,000円台~、風俗型がおよそ5,000円台~となります。
やはり、性的サービスが入る風俗型の添い寝リフレの方が圧倒的に稼げる事が分かります。

風俗の場合は単価も高い

お金風俗要素のある添い寝リフレでは、手コキ、フェラ、オナニー鑑賞、急所踏みなどのオプションサービスがあり、オナクラやピンサロなどのソフト風俗と変わらないサービス内容となります。

非風俗と比べるとオプションの単価もかなり高くなります。
添い寝リフレでは、風俗型であっても女性側が触られる、舐められるなど攻められることは殆どありませんし、服を脱ぐこともありません。
胸を触らせるなどは別途オプション料金が設定されている場合が多く、きっちりお金が発生するのです。
その点で言えば、他の風俗店で働くより楽で安全に稼げるのかも知れません。

しかし、性的サービスのある添い寝リフレは違法であり、稼げる分リスクも大きいのです。
摘発などの恐れもあるため、高い収入が持続するとは限りません。
JKリフレなどは実際に摘発されている事例もありますし、添い寝リフレでも違法店は摘発の可能性が大きいものです。
非風俗の添い寝リフレとは収入が大幅に変わりますが、地道に稼ぐ方が良いのか?
リスクを理解した上で性的サービスを行うのかは自分次第です。

まとめ

添い寝リフレでは、性的なサービスが無くても18歳未満や高校生は勤務できません。
悪質なお店は、18歳未満や高校生を平気で雇っている事もあります。

また、添い寝とは関係の無い、過激な性的サービスを推奨するお店もあり、風俗と非風俗の間で、無届け且つグレーゾーンで運営しているお店も多くあります。
お店選びを間違えると、自分がどんなに頑張っていても、摘発などで大きな被害を被る事があります。
どんな女性が働いているのか?
どんな環境でどんなサービスを行うのか?

給料システムはどうなのか?保証はあるのか?
など、重要な所は自分の目で確認するしかありません。
体験入店などの制度を積極的に利用し、分からない事や不安な事を見て聞いて確認しておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする