添い寝リフレで体入保証はありますか?給料はいくらが相場?

添い寝リフレは、近年よく募集を見掛ける仕事です。
条件を見ると時給も高く、添い寝をするだけの割と楽で簡単な仕事の様に感じます。
しかし、「体験入店はできるの?」「本当に稼げるの?」と、その実態が良く分からない事も多いものです。
ここでは、添い寝リフレはどのような仕事なのか?
体入や体入保証はあるのかどうか?
時給の相場などを中心に調査してみました。

添い寝リフレはどんな仕事?

質問添い寝リフレと聞くと、「添い寝をしてリフレをする・・・そんな事にお金を払う人が本当に居るの?」と不思議に思うかもしれません。
しかし、一定数の需要はあるのです。

基本サービスは、その名前の通り、やはり添い寝と軽いマッサージがメインです。
それ以外にも、ハグや腕枕、膝枕、耳かき、髪を触る、寝かしつけなど様々なオプションが別料金で用意されています。
中にはお触り、簡単な性的マッサージなど裏オプションと呼ばれるサービスを行うお店もあります。
性的サービスが入ると、風俗業のようになりますが、そもそもの添い寝リフレには風俗要素はありません。

どちらにしても、女性側が攻められたり、服を脱いだりすることは殆どありません。
また、JKリフレや添い寝リフレでは、若くて可愛い女性が多く働いていると評判です。
可愛い女性と添い寝したい、触れ合いたいという純粋な目的で来店するお客様も居ます。

体験入店・体入保証はある?

添い寝リフレでは体入や体入保証があるのでしょうか?
添い寝リフレは、多くのお店で体入を行っています。
中には、即日体入OK、面接交通費支給としているお店もあり、すぐに働きたい人にも好評です。
体入を行っているお店では、多くで体入保証も設けており、体入したら〇万円などと求人情報に掲載されています。

しかし、この体入保証には、ちょっとしたからくりがあり、「体入後に即日入店を決めたら」など、支給に一定の条件があります。
体入保証金を目当てに体入を繰り返す女性が来るのを阻止する目的もあるため、支給には一定条件、特に入店に関する条件を設けているお店が殆どです。
また、体入時はお客様の接客を行わない間も時給が発生しますが、2時間だけ、4時間だけなど、お店によって体入出来る時間が定められています。
つまり、体入では一定額以上は稼げない仕組みになっているのです。

体験入店は必要?

添い寝リフレで働く場合、求人情報やホームページだけでは情報不足が否めません。
そのため、体入をして実際に働いている女性を確認し、話を聞けると良いでしょう。
求人情報には良い事しか書いていないため、体入無しで入店して、「こんなはずじゃなかった!!」と後悔することが有るかも知れません。
どんな場所で、どんな女性が、どんな接客をしているのか?待遇はどうなのか?を自分自身の目で確認する事はとても重要な事なのです。
また、同時に、面接時や体入時にお店のスタッフの対応もしっかり確認しておくことをおススメします。

電話やメールでのスタッフの対応や、体入時の対応でその後の働きやすさが分かります。
給料形態をうやむやにしたり、聞いた質問に答えないなどおかしな点があるお店には入店しない方が安心です。

給料の相場は?

電卓添い寝リフレでの給料の相場はどのくらいなのでしょうか?
風俗行為の無い添い寝リフレでは、基本的に時給制で、1時間1,000円~5,000円と幅広い金額になっています。
やはり、指名の多い売れっ子ほど時給も高くなる傾向にあります。
基本時給以外には、各種オプションで稼ぐ形になります。
オプションはリフレ以外にも様々なものがあり、ハグ、腕枕、寝かしつけなどベーシックなものから、ビンタ、抱っこ、店外デートといった特殊なものまであります。

やはり難易度の高いオプションや、拘束時間が長いオプションは、お客様の支払う料金も高いため稼げるようになっています。
オプション料金はお店により設定されていて、およそ500円~3,000円位が一般的です。
様々なオプションを組み合わせれば、オプションだけで時給を軽く超えますので、色々な事が出来る女性の方が稼げます。
しかし、全てのオプションが強要される訳ではありませんので安心してください。

自分にできないものは、無理して許可する必要はありません。

悪徳なお店に注意

添い寝リフレの中には、詐欺や悪徳の業者がありますので、充分注意しましょう。
男性客と添い寝をするだけと謳っているのに、実は裏オプションで性的行為を推奨しているお店もあります。

手や口等を利用し、オナクラのようなソフトサービスを行うお店もあります。
このようなお店では、時給制よりも一人接客したらいくらという様に、通常の風俗店のような給料システムになっている場合があります。
また、面接時に「添い寝リフレよりも稼げる」と言葉巧みに持ち掛け、系列の風俗店などへ入店させる所もあります。
どちらにしても、添い寝リフレで働きたいという女性の本意でない仕事をさせられます。

添い寝リフレは、風俗と非風俗の間のいわゆるグレーな部分が多い職種です。
ただ添い寝とマッサージをするだけのお店もあれば、性的行為をメインとしているお店もあります。
女性が裸になることは殆どありませんが、オナクラやピンサロのようなサービスをするお店が実は多いのです。
また、入店してみたら時給制では無く日給制だった、説明されていない罰金が有った、求人には送迎ありとなっていたのに実は無かったなど、待遇面での嘘が発覚する場合があります。

集客用ホームページがポイント

パソコンでは、前述の様に悪徳な、風俗サービスを行うお店に入らないようにするためには、どのようにしたら良いのでしょうか?
ポイントは、集客用のホームページです。
通常、働く際に女性は、女性用の求人内容しか確認しない事が多いものです。

そこには、女性向けに仕事内容や給料システムなどが書かれていますので、それだけ確認して満足してしまいます。
しかし、本当に確認すべきは集客用の方なのです。
お店が男性客に向けて作成したホームページを確認してみましょう。
そこにお店の紹介や料金形態が事細かに書かれているはずです。

その内容に風俗的要素が無ければ、ひとまず安心です。
但し、そこに風俗的サービス内容が書かれていたり、利用料金が風俗店並みに高い場合は危険です。
あとは、面接や体験入店時に仕事内容や給料面を自分自身で確認してみましょう。
少しでも納得いかない事が有った場合、当然入店は拒否できます。

無理矢理入店させられる事はありませんので、よく考えて決めましょう。

まとめ

添い寝リフレは、多くのお店で体入が可能です。
条件によっては体入保証が付くこともあります。

体入保証目当てに体入をしても、必ず保証されるという訳ではないので、あまり期待し過ぎない方が身のためです。
また、18歳未満の女性や、18歳以上でも高校生は勤務不可となります。
もし、高校生などを雇っているお店があったとしたら、それは間違いなく違法な悪徳業者です。
悪徳業者には、風俗行為を行うもの、求人内容に記載されているのとは全く違う低賃金での労働を強いる場合や罰金などでの搾取など様々なものがあります。

このように、お店選びを間違うと稼げないばかりか、警察のガサ入れなどにより思わぬ被害に合う事になります。
充分注意して仕事を選ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする