家庭を持つ人妻が風俗で働くなら正しいマイナンバー制度を知ろう

今回のテーマは風俗で働く上でのマイナンバー制度についてです。
人妻、そしてマイナンバーと言う事にフォーカスを当てて、これから色々と書いて行きたいと思います。

マイナンバー制度って?

家庭を持つ人妻が風俗で働くなら正しいマイナンバー制度を知ろうみなさんはマイナンバー制度についてどれぐらいの知識があるでしょうか。
特に家庭を持つ人妻風俗嬢のみなさんは、このマイナンバー制度について正しい知識を持っておく必要があるように思います。
なぜかと言えば、厳つにマイナンバーを記入してしまうと風俗で働いている事がバレてしまう恐れがあるからです。

特に人妻と言う立場でしたら、風俗嬢をしている事はバレたくないはずです。
ゆえに、マイナンバーの正しい知識を身につけておく事をお勧めします。
では早速マイナンバー制度について色々と見て行きたいと思います。
まず始めにマイナンバーと言うのは、2015年の10月から始まった制度になります。

簡単にマイナンバーについて説明しますと、国が国民一人一人にナンバーを振り分け、自分のマイナンバーと言うものを持たせる事にしました。
理由は沢山あると思いますが、様々な事を管理しやすくする為の制度だと考えられます。
そしてそのマイナンバーと言う物を雇用契約して働いている人は、勤務先の職場に提出しなければいけない、と言う仕組みに2015年からなったのです。
何とも厄介な話ではありますよね。

つまり、風俗店に自分のマイナンバーを提出しなければいけない?
と思うはずです。
風俗嬢にとっても何とも厄介なマイナンバーですが、正直全く関係ない人もいまず。
それはどんな人たちなのか、簡単に言えば本業だけしかしていない人、そしてそれを堂々と公言できる人はほぼ関係がないと思います。

本業である勤務先の職場に自分のマイナンバーを提出するだけで終わりです。
なんの問題もありません。
しかし、問題になってくるのが今回のテーマでもある家庭を持っている人妻や本業以外で、副業をしている人、そして副業で風俗をしている人、と言うケースは非常に厄介になってきます。
単刀直入に言えば、風俗で働いていると言う事がマイナンバーによってバレる可能性が出てくるのです。

本業以外の副業をしている人も同じ事が言えます。
先ほども言いました通り、マイナンバーで色々と管理をしていますので本業の仕事場に副業での収入などがバレてしまう危険性があるのです。
一人一人に番号を振り分け一環する事によって管理すれば、一見簡単そうにも思えますが、人によっては、そして立場的に困ると感じる人など思わぬ落とし穴もあったようですね。
今回は風俗と言う事で、風俗嬢にも色々な立場の女性が働いていると思います。

当然風俗で働いている事がバレたくない、と思っている人も多いと思います。
人妻で風俗嬢をしている人もそうでしょうし、本業をしながら副業として風俗嬢をしている人もそうだと思います。
こっそりバレないようにやっているのにも関わらず、マイナンバーによってすべてバレてしまう、これでは何の意味もありませんよね。
ゆえに、マイナンバーの正しい知識を事前に持っておく事が必要になってくるのです。

どうすればいい?

疑問前述ではマイナンバーについて色々と書いてきましたが、では結局どうすればいいいいのか、どう対処すればいいのか、と言う事が大事になってくると思います。
前述で長々と書いておいてアレですが、対処法はとても簡単なのです。
みなさんもすでにお気づきかと思いますが、自分のマイナンバーを教えなかったらそれでいいです。

それだけの事です、教えなければマイナンバーが原因でバレる、と言う事はなくなります。
しかし、教えなくてもいいのか?
と思うはずです。
風俗も商売です、よくよく考えてみるとマイナンバーを風俗嬢すべての子が提出してバレが続出でもしてしまうと風俗業界は崩壊してしまいます。

そんな事態にはなってほしくないですし、ならせませんよね、普通。
つまり、自分の事だけ考えがちですが、風俗業界全体で考えてみると、風俗と言う仕事がらマイナンバーを提出する人はいないですし、そもそもする必要もないです。
なぜこんな事が許されるのか、その答えは風俗と風俗嬢との関係にあります。
前述でもお話しましたように、マイナンバーとは雇用契約している会社に提出する義務があります。

つまり、自営業をしている人はマイナンバーと言うのは無関係になってくるのです。
よって風俗は雇用契約ではないため、マイナンバーは関係ありません。
と言うのがオチになってきます。
もしもマイナンバーの事で何かあったとして、聞いてない、そんな事言われていない、知らない、と言えば何の問題もありませんし風俗嬢は大体そういうと思います。

今回は家庭を持つ人妻と言う事で、やはり人妻の方は立場的にもちゃんとそこら辺の事を考えたりしっかりとしている人が多いと思います。
家庭もありますし、考えなければ行けない事、しなければいけない書類等も沢山あるでしょう。
ゆえに、マイナンバーの件に関してもしっかりと対応しなければいけないのでは、と思うと思いますが、あくまで風俗で働く場合はマイナンバーと言う物は関係ありませんので、安心して下さい。
ですが、何も風俗で働いている事がバレるのはマイナンバーだけではありません。

どこでいつ誰にどんな事が原因でバレるかわからない世界です。
ですのでくれぐれもバレたくない人は用心して働いてほしいと思います。
人妻の方は特に家庭にバレてしまうと最悪だと思います。
そして、先ほど話してきた事はあくまで風俗だけしている人の場合です。

例えば、本業で違う仕事をしていてマイナンバーを提出して、風俗でもうっかりマイナンバーを提出してしまったらそれはバレますし、風俗以外の本業でマイナンバーを提出していて風俗にはマイナンバーを出さなかったとしても、何が起こるかわからないのが正直な所です。
ゆえに、副業として風俗をしている人などは用心する必要があるように思います。
そして、最後にこんな事を言うのもあれですが、全国すべての風俗店でマイナンバーを提出しなくてもいい、と言う訳ではないようです。
店によってはマイナンバーを提出してほしい、と言ってくるお店も中にはごく少数ですが存在するようです。

ゆえに、一番の対策としてはあなたが働いている風俗店とあなたとの間に雇用契約があるのか、ないのか、と言う事をちゃんと聞いて確かめておく必要がありますね
雇用契約がなければ、マイナンバーは必要ありません。

まとめ

家庭を持つ人妻が風俗で働くなら正しいマイナンバー制度を知ろう、と言う事について書いてきました。

書類マイナンバーとは個人情報を管理するものでもあります。
ゆえに、マイナンバーによって風俗で働いている事がバレてしまう危険もあるのです。
ですので、正しいマイナンバー制度の知識を持っておく必要があります。
マイナンバー制度の着目点は、自分が働いているお店と自分の間に雇用契約があるか、ないか、と言う事です。

ここを絶対にチェックして把握しておいて下さい。
雇用契約がなければマイナンバーは必要ありません。
よってあなたは個人事業主、と言う扱いになりますね。
自営業も同じ事が言えると思います。

ですが、これはあくまで風俗だけをしている女性に限ります。
というのも、本業で違う事をしていてマイナンバーを提出している、そして風俗店でマイナンバーを提出してい欲しいと言う店で働いていた場合は、非常に厄介なケースになってくると思います。
本業先にバレたくないのか、それとも風俗をやめて本業一本にするのか、あるいは本業を辞めて風俗にするのか、などの選択が問われくるケースもあると思います。
風俗で働いている事がバレるのは何もマイナンバーだけではありませんが、くれぐれも用心して頂きたいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする