ピンサロで働くのに身分証は何が必要?18歳でも採用される?

ピンサロでは、キャバクラのような接客とともにちょっとエッチなサービスが行われています。
そういったお店では法律による制限があって、働き始める前にはちょっとした年齢確認が必要となります。
ピンサロで働くために必要となる証明書の種類やピンサロの仕事内容と法律のお話について紹介します。
最近ではマイナンバー制度が始まっているため、身分証の提示にもいろいろな不安や憶測が飛び交っているようです。

ピンサロでは何歳以上が働ける?18歳はOK?

質問 女性ピンサロは「ピンクサロン」というお店で、ホールに客席があってそこでサービスをするシステムになっています。
性的サービスはともかくとして、お酒などのドリンクを提供したり、女性スタッフが客の隣に座ってサービスを行うシステムを取っているため、働ける年齢には制限があります。
これは法律で決められていることなので、絶対に厳守であり、いわゆる「ガサいれ」があった時に認められていない年齢の女性が働いていたら摘発されてしまいます。

ピンサロは18歳以上で働ける

ピンサロで働ける女性の年齢は、18歳以上となっています。
これはキャバクラなどと同じ年齢のルールであり、18歳になっていない女性は働くことができません。
お金が必要となってピンサロで働こうと思っても、お店からシャットアウトされてしまいます。

ピンサロ側も摘発されたら商売あがったりですので、慎重に判断しています。
もちろん、身分や年齢を偽って働くのはアウトです。

18歳以上でも高校生はアウト

18歳以上であればピンサロで働くことはできますが、もう1つ大事な要件があります。

それは高校生ではないことです。
ピンサロを含めた風俗店などは、高校生を雇うことで大きなリスクを背負うことになります。
実際には高校生であるかどうかは法律で決められたルールには関係ありません。
法律では年齢の決まりはありますが、学生などの身分に関しての決まりはないのです。

しかし、お店側は高校生でないことを確認し、高校生の場合には採用しません。
法律で定めているのは18歳以上ですが、高校生を雇うことで店が評判となり、警察の摘発の対象として目をつけられやすくなるためです。

そもそもピンサロはグレーな風俗店

ピンサロで注意したいのは、悪質な店の存在です。

ピンサロはそもそも、キャバクラのような形式を取っており、届出自体も多くの場合はキャバクラと同じです。
しかし、実際には風俗と同じようなサービスを行っており、そのサービスに関しては法律違反の可能性が高いのです。
そのため、優良店を探さないと自分の意にそぐわない行為をさせられたり、きちんとお給料を支払ってもらえないなどのトラブルの恐れがあります。

身分証を見ない明らかな違法店には注意を

質問 女性ピンサロで良い店、悪い店を見極めるためには、面接での担当者の対応を見ることが大切です。
ピンサロで身分証を持ってくるように指示されないのは、明らかな違法店であり、キャバクラのルールにさえ従っていないということになります。
身分証を準備するのは面倒ですし、風俗の店に見せる不安はありますが、身分証を省く店はもっと怖いのです。

ピンサロの面接で認められている身分証の種類

ピンサロの求人応募は、求人サイトを通したり、直接店に電話をかけるなどして、申し込みます。
面接の予約を入れたら、店から持ち物を指示されますが、その時に身分証を持ってくるように言われます。
ピンサロの面接ではどんな身分証を必要としているのでしょうか?

運転免許証はメジャーな身分証

身分証明としてもっともメジャーであり、多くの人が持っているのが「運転免許証」です。
しかし、運転免許証は若い女性や自動車に興味のない人では取得していないこともあります。
特に18歳になったばかりの女性の中には運転免許証を持っていない人も多いでしょう。
その場合には、他の身分証明ができるもので、顔写真がついた証明書を準備することになります。

最近ではマイナンバーカードも使われるように

運転免許証のない人が風俗店などで働く場合には、これまでは住基カード(住民基本台帳カード)を使うことが多かったはずです。
住基カードは区の住民基本台帳に記載されている人が希望制で発行してもらえるもので、身分証として使えました。
今でも有効期限内のカードは使えるはずですが、これからの発行はできません。

その代わりに出来たのがマイナンバーカードです。
マイナンバーカードも公的に認められており、誰でも発行してもらえるカードです。
最近ではこれを身分証として求められることも多くなり、運転免許証がない女性はマイナンバーカードを身分証として準備しても良いでしょう。
マイナンバーは税金や銀行口座などと紐づいているため、風俗店に提出するのを怖がる人もいますが、特に悪用されることはなく、また、悪用する手段もないと考えて良いでしょう。

少なくとも、悪質な違法店以外であれば安心です。

パスポートでもOK

パスポート運転免許証もなく、マイナンバーカードは抵抗があるという人は、パスポートでも身分証として使えます。
ただし、すでに持っているならともかく、新たに取得するにはお金もかかりますし、日数や手間もかかります。

急いで大金を稼ぎたい人にはやっかいな選択肢です。

年齢だけでなく日本人であることを確認できるものを

ピンサロで働く時に身分証が求められるのは、年齢とともに国籍を確認する意味もあります。
年齢と国籍の分かる身分証であれば、上記以外のものでも代用できます。

ただし、その身分証で良いか、面接前にきちんと確認しておきましょう。
住民票も取得しやすいものですが、本籍記載で顔写真入りの身分証と一緒に出すことなどを提案されます。

ピンサロは採用基準が甘くて働きやすい風俗店

ピンサロは風俗店の中でも採用基準が甘くて働きやすい風俗店です。

身分証の確認は、どの風俗でも行われることですので、そこだけはしっかりと押さえて、採用に向けてしっかりと対策しましょう。
基本さえ押さえておけば、採用は難しくないはずです。

容姿よりも言葉遣いや振る舞い重視

ピンサロは、店舗型のお店であり、薄暗い店でサービスを行います。

また、回転が速く、一人の客に何人もつくこともあります。
そのため、ピンサロ店では客の容姿への期待も高くありません。
そのため、容姿に自信がない女性でも働くチャンスはあり、容姿よりも言葉遣いや態度、振る舞いがきちんとしている方が高く評価されます。

リーズナブルだから高い技術や実績は重視されない

ピンサロは風俗店の中ではリーズナブルなお店です。
そのため、女性に性的サービスのテクニックがなくても、厳しく評価されませんし、風俗嬢未経験でも十分に働けます。

回転が速くて誰でも稼ぎやすい

パスポートピンサロは、一人あたりの滞在時間が短く、その中で女性を回転させることもあります。

そのため、客につきやすく、指名されなくても客数をこなすことが可能です。

時給制だから指名がなくても安心

ピンサロは、指名やオプションなどで稼ぐこともできますが、基本的には時給制です。
そのため、指名がなくても客数が少なくてもある程度は稼ぐことができます。

風俗嬢として人気がない、指名が取れないという人でも働きやすい職場です。

まとめ

ピンサロは18歳以上出なければ働けないお店です。
中には身分証を求めない違法なお店もあるようですが、トラブルに巻き込まれないようにルールをきちんと守って身分証を指示するお店を選びましょう。

面倒ですが、自分を守るために大切なことです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする