セクキャバの罰金制度を教えて!当欠ははいくら?

セクキャバでは、風俗店とは違った罰金制度があり、出勤のシフトに関しては特に厳しいシステムが導入されていることがあるようです。
罰金のシステムは、働く女性たちのお給料を減らし、割りに合わないと思えるものですが、セクキャバ経営側もやむを得ず取り入れていることがあります。
セクキャバの罰金制度の内容と必要性、罰金の金額の実態などを紹介します。

セクキャバ接客でやってはいけないことと罰金システム

セクキャバは基本的には、お触りとキスができるキャバクラです。
それ以外の行為をすることは男性客にもセクキャバ嬢にも許されてはいません。
そのため、接客中のNG行為をルールとして決めてあり、中には罰金を科す店もあるようです。

ただし、接客中のNG行為に関しては、セクキャバ嬢ではなく男性客に課せられる可能性もあります。

本番行為はお客さんに罰金請求と出禁の恐れが

注意 危険セクキャバは、店内で性的なサービスとまでは行かないまでもかなり過激な接触が行われる場所です。
キャバクラでは基本的にお触りなしで、おしゃべりだけとなりますが、セクキャバでは濃厚なペッティングのようなことをして、男性の性的興奮も高まります。

そのため、セクキャバ嬢とセックスをしたいと思う人も多くなり、店内はそういったサービスに適した暗さとなっています。
そんな環境の中では本番行為をしようとする男性客もいるようです。
本番行為はヘルスなどの風俗嬢も禁じられているものであり、セクキャバでももちろんNGです。
重大なNG行為として、本番バレすれば罰金請求の対象となるだけでなく、店から出禁(出入り禁止)を言い渡される可能性が高くなります。

店外デートはお客さんに罰金請求の恐れが

店外デートに関しては、特にセクキャバではデリケートな対応となっています。
セクキャバではおしゃべり以外にかなり濃厚な接触があるといいましたが、そのせいか店外で客とセクキャバ嬢が会うと店で行っている以上の性的な接触や性行為を求められる可能性が高くなります。
そのため、セクキャバでは店外デートを一切禁止しており、アフターも絶対に行わないと決められている店もあります。

これは来店せずに外でセクキャバ嬢と会うようにならないためもありますが、セクキャバ嬢の貞操を守る意味でも役立ちます。
店外デートをしたことがバレたら、店から客は罰金を請求される可能性があります。

裏引きは女性も男性客も最悪のペナルティに

男性客がセクキャバ嬢と外で会うケースとしては、単なるデートというものではなく、「裏引き」「直引き」というものもあります。

裏引きは風俗嬢などが直接男性客と連絡を取り、お金をもらってある種の性的サービスを(中心に)行うというものです。
これは、タダ単にうっかりセクキャバ嬢をデートに誘ったなどとは違い、風俗業界、水商売業界一律で悪質な違反行為として厳しく禁止しています。
ペナルティももっとも厳しく、男性客の出禁や罰金はもちろんのこと、女性も罰金やクビなどのペナルティを受ける可能性があります。
裏引きは、悪質な違反でもありますが、やっているセクキャバ嬢にも大きなリスクがあります。

お店を通さない接客はレイプや金銭トラブルの原因となり、裏引きによって心身ともに傷つくこともありそうです。

あくどい方法で罰金をとる店も

悪 男性セクキャバに限らず、風俗業界や水商売の世界ではあくどいことをする店も人もあります。
中には、店外デートをわざとさせて発覚した振りをして罰金を取るケースも見られます。

まれなケースではありますが、嬢を陥れることも客を陥れることもあるようです。

セクキャバ嬢の勤務態度で課せられる罰金システム

セクキャバでは、嬢の勤務態度によって課せられる罰金システムもあります。
これはシフトやノルマなどの問題であり、基本的には客には関係のないシステムです。

風俗や水商売では働く女性の意識が低く、ルールをきちんと守ってくれないこともあります。
そのため、厳しい罰金で縛っておくことを目的として罰金のシステムを導入することが多いようです。

当欠は10,000円~30,000円程度の罰金が

欠勤は急にされるとシフトに穴が空いてしまい、その日の営業が成り立たないことがあります。

そのため、厳しい金額の罰金システムを設けていることがあり、1回休んだだけで1日働いた分まで無駄になってしまうくらい高い金額を請求されることも珍しくありません。
よく言われている金額の目安としては、当日欠勤(当欠)は10,000円~30,000円程度です。
当日欠勤の他、無断欠勤でも同様に罰金があります。

遅刻は分刻みで罰金の額が決まることも

セクキャバ嬢の遅刻も罰金を取られる可能性があります。
ちょっとだけならいいだろうという嬢の意識を引き締めるために、罰金を10分単位で設定している店もあります。
遅刻の罰金のルールは店ごとに違いますが、目安としては10分1,000円単位、もしくは1回あたり5,000円などとなります。

ノルマ未達成でも高額な罰金を取る店も

シフトに対する罰金の他、セクキャバ嬢にはノルマの罰金が課せられることもあります。
ノルマ未達成の場合には、達成率に合わせて給料から罰金を差し引くことが多くなります。
こちらの金額は欠勤よりも厳しくなることがあります。

罰金は支払う義務がないことも

罰金は基本的に、民間であるセクキャバや風俗店が課してよいものではありません。
そのため、「罰金」という名目のものを支払う義務はありません。
とはいえ、請求されたら支払うしかないような気分になるでしょう。
ただし、そうした場合もプロの法律家に相談することで支払わなくて良いことになる可能性が高いのです。

特に高額な罰金(もしくは違約金、損害賠償)を請求された場合には、法律の専門である弁護士に相談してみた方が良いでしょう。

罰金なし、ノルマなしのセクキャバを探して

悪 男性最近の風俗や水商売では、よほどのことがない限り罰金を取らなくなっています。
しかし、お店によっては罰金の制度が残っている可能性があるので注意が必要です。

また、罰金があるのかないのか、求人募集の条件書きでは見えにくいこともあります。

罰金なし、ノルマなしの記載は体入のみ適用?

罰金なし、ノルマなしで記載してある求人情報ですが、その中には本当にみんなにどう条件が適用される場合とそうではない場合があります。
罰金なし、ノルマなしは体験入店だけの条件であると、面接や体験入店が終わった後に言われたり、正式に働きだしてから罰金のことを持ち出されることもあるようです。

罰金のルールは面接でしっかりと確認を

罰金のルールは、基本的には反故にできる可能性がありますが、そもそものトラブルを回避するために、面接時にしっかりと確認をしておきましょう。
最終的には契約書面で不利なことが書かれていないかチェックしてから押印なりサインを行います。
書面を提示しなかったり、条件の説明を曖昧にする店はどんな不利なルールがあるか分かりません。

まとめ

セクキャバには独特な罰金制度があり、それはお客さんにもセクキャバ嬢にも適用されることがあります。
あまりにも高額な罰金や制度自体を隠して入店させる店はいけませんが、基本的には店や嬢を守るためのものであり、嬢の役立つこともあります。
また、きちんとルールに従っていれば罰金が発生するリスクは減らせます。

まずは店の制度をきちんと理解することから始めて、ルール説明をしてくれないようなお店は避けて働きましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする