AV女優はみんな税金に関してどういう対応するの?

税金と無縁に見えるAV女優のお仕事ですが、年間の収入が納税義務のある金額であれば、税金の支払い義務が発生します。
AV女優に限らず風俗嬢の女性にも言えることですが、「お給料が税務署にバレないから税金を支払わなくてよい」と思われている女性もおられるようですが、今の日本では1年間の給与合計額が一定以上の金額であれば税金の支払い義務が発生します。
AV女優の方はプロダクションと「業務委託契約」と「雇用契約」のどちらかで契約している場合が多いと思われます。

「業務委託契約」と「雇用契約」ではおそらく業務委託契約で契約している女性が多いと予想され、この業務委託契約の場合には確定申告が必要になります。
確定申告とは、支払う税額を決めるために納税の義務のある人が税務署に対して申告をするのもで、税務署に行けばこの確定申告の用紙が用意されています。
この確定申告を行わない場合、無申告が税務署にバレた時にはペナルティとして本来の金額よりも多くの税金を納めることになりますので、支払う金が増えてしまいます。
あまりに悪質な場合は逮捕となる場合もありますので、プロダクションとの契約形態について確認をしておく必要があります。

過去には、AV女優に税務署の調査が入り多額の追徴を払うことになった例もありますので、誰しも決して他人事とは言えないのです。

契約形態と納税の仕方

お金AV女優達は税金に関してどのようにしているのでしょうか?
実際のところは税金を支払っているAV女優もおられると思いますが、納税をしているAV女優が多いとは思いません。

AV女優とプロダクションの間でどのような契約形態をとっているかにもよって女性の支払う税金は大きく違ってきますので、この機会に契約詳細は所属のプロダクションに確認をしてみて下さいね!
そもそも、会社員であってもAV女優であっても、ある一定以上の収入があれば納税の義務は発生します。
風俗嬢に限らず、水商売をしている女性の中には「この仕事は収入が税務署にバレないから税金を支払わなくてよい仕事」だと認識されている方もおられるようですが、1年間の給与合計額が一定以上の金額であれば税金の支払い義務が発生します。
AV女優とプロダクションとの契約形式は、おそらく「業務委託契約」と「雇用契約」のどちらかでプロダクションと契約している方が多いと思われます。

業務委託契約である場合は、個人事業主と同じ扱いで自ら確定申告をして納税をしなければなりません。
おそらく多くのAV女優がこのような契約形態でお仕事をしていると思われますので、基本的には自分で確定申告を行う必要がある方が多いと思われます。
ちなみに風俗嬢の女性も業務委託契約である場合が多いと聞きますので、納税するには確定申告をする必要があります。
雇用契約の場合は、サラリーマンと同じように会社に雇用をされている扱いになりますので、会社から税務署への手続きが行われます。

この場合には、お子様がおられる女性は扶養の控除等が適用される場合もありますので、家族の情報も所属のプロダクションに伝える必要があります。
この場合、AV女優によくある風俗店での副業が会社にバレる可能性がありますので、副業禁止の所属先の場合は注意が必要です。

確定申告ってどうするの?

質問AV女優の方で税金の支払いが分からない方は税務署に相談するか、専門の税理士さんに相談すると良いと思います。

プロダクションによっては会社が契約している税理士さんを紹介してくれる場合もあると思いますので、どこに相談すればよいか分からない場合はプロダクションの経理担当者に聞いてみると良いかも知れません。
税理士さんの中には風俗関係の案件を得意とする方もいらっしゃるので、このような税理士さんに相談できるとスムーズに手続きが済ませられると思います。
税理士さんに依頼をするとどうしてもお金がかかってしまうので、少しでもお金をかけたくない方は自分で確定申告をすることをおススメします。
もし、確定申告の方法が分からない場合は税務署の方に相談してみましょう。

扶養の事や、経費などの控除に関わることもしっかりと手続きすれば、支払い金額が減る可能性もあります。
確定申告をすると、その金額に基づいて住民税の支払いが発生しますので、住民税の支払いもきちんと行いましょう。
住民税を支払わなければ、住所をおいている役所から督促状が届きます。
それでも無視していれば、差し押さえなどを行われる可能性もありますので十分注意しておきましょう。

万一、確定申告の義務が発生しているのに確定申告自体を行わなかったらどうなるかと言うと、さらに多額の税金を支払わなければならなくなる可能性があります。
延滞税や無申告加算税などが発生する場合があるのです。
確定申告書を期日までに提出しなかった場合、本来支払うべき税金に加えて無申告加算税の支払いが必要になります。
無申告加算税とは、納税額によって加算のパーセントが変わり、税務署から指摘をうける前に申告すれば軽減される場合もありますので、出来るだけ早めに手続きをし、支払いを済ませましょう。

延滞税とは支払い期日までに税金を納めなかった場合に、延滞税が発生します。
延滞税は納付期限の翌日から納めるまでの期間に定められた税率が課せられますので、こちらも本来の支払い予定の納税額よりも多く支払うことになります。
また、過去には人気AV女優に税務署の調査が入り、高額な税金を支払うことになった例もあります。
何がきっかけで税務署の調査が入るのかは分かりませんが、「個人だからバレない」というわけではありませんので、会社雇用ではなく事業主として収入を得ている方は、ある程度税金に対する知識や支払い意識は持っておいた方が良いと思います。

バレることを心配するより納税しちゃおう!

納税全国でどれ位のAV女優が税金の対策をしているかは分かりませんが、マイナンバーにより銀行口座の情報が知られることとなれば、無申告がバレる可能性もあります。
AV女優をしている女性や風俗嬢は収入を知られたくないだけでなく、お仕事バレを嫌がる為に納税しない方も多いと思いますが、元々税金は支払うべきものですし、税務署にバレた際には割り増し料金で納税することとなりますので、確定申告をすることをおススメします。
最近はネットでも確定申告書を作成できるようになりましたし、参考サイトなども多く公開されているので、自分で調べるだけでもある程度申告可能です。

税務署も確定申告の時期には相談ダイヤルを開設していますし、確定申告の時期以外にも電話問い合わせは可能ですので、確定申告へ向けて準備をすることが出来ます
税務署にバレるかバレないかを心配するよりも、きちんと支払ってお仕事を頑張る方が精神的にも良いと思いますので、一度税金に対する情報を確認してみて下さいね!

確定申告を始めよう!

AV女優であっても、風俗嬢であっても納税義務の発生する収入金額を得た場合は、納税義務が発生します。

お仕事柄、仕事バレをしたくないが為に申告を嫌がる方も多いと思うのですが、過去にはAV女優に対して税務署の調査が入った例もありますので、AV女優だからとい言って収入がバレないとは限らないのが現実です。
バレないと踏まずに申告をしないよりも、申告をして支払っておいた方が安全なのです。
もし、確定申告の方法や納税について分からないことがあれば税務署や税理士さんに相談してみて下さい。
税理士さんに相談すると、その分手数料金が発生してしまいますので、コストを抑えたい方は自分で確定申告を調べて、税務署に申告しましょう。

もしも確定申告を行わない無申告がバレると、本来支払い予定だった納税額よりも多くの税金を支払う事になりますので、無申告がバレたときのペナルティは軽いものではありません。
悪質だと判断されれば逮捕もあり得るそうですので、バレない事が「良し」だとは言えないのです。
是非この機会にプロダクションとの契約形態を確認し、AV女優の方も納税の準備を始めましょう!

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする