ピンサロでバイトしたら彼氏に性病うつしたっぽい。なんで?

ピンサロは、性的なサービスを行うお店ですが、ソフトサービスが基本です。
そのため、ピンサロは性病のリスクも少ない、働くのも安全だ、と思いがちです。

しかし、それは大きな勘違いであり、その勘違いがピンサロで働く女性と通ってくる男性客をトラブルに、そして体調不良のリスクに巻き込んでいます。
また、交際相手にもリスクを分けている可能性があります。
ピンサロで働くなら、気軽なバイトと思わずに、性病と感染の正しい知識を身に付けておきましょう。

ピンサロで働く女性は性病のリスクが高い?

ウイルスピンサロは、ピンクサロンというお店で、お酒やおしゃべりとともに性的サービスを行います。
性的サービスといっても個室ではありませんし、ソフトサービスが多いため、気軽に入店する女性が多く見られます。
しかし、軽いサービスであっても性病のリスクはあり、そのシステムがゆえに他の風俗店以上にピンサロは性病リスクが高くなっているかもしれません。

ピンサロは風俗通いの男性がひんぱんに利用する

ピンサロはリーズナブルなお店であり、薄給の風俗通いの好きな男性にとってはパラダイスです。
つまり、多くの風俗好きの男性が集まり、そこで働く女性は他の店でも風俗嬢と遊んでいる可能性の高い男性と性的な行為を行うことになります。
風俗ではそれぞれに性病リスクを予防する策をとっていますが、一般的な遊びよりは性病リスクが高く、来店する男性の中に性病を持った人のいる確率も高くなります。

ピンサロは衛生面が確実ではない

ピンサロ独自のシステムの中にも性病リスクを高くする原因があります。
それは性的サービスを行う際の簡易な衛生管理です。
ピンサロでは、性的サービスを行う際に、おしぼりやウェットティッシュなどで性器を拭きます。
シャワーを持った店は違法になるため、拭くだけです。

そのため、汚れや菌が残っていることが多くなり、それが女性に移る可能性も高くなります。
性病はもちろん、シャワーでも感染を防げないものが多いものですが、それさえもしないということはより一層女性の体にはリスクが高いということです。

性病はキスやフェラでも移る

ウイルスピンサロでのサービスはキスやフェラなど性器の接触のないプレイが中心となっています。

そのため、性病は移らないと思っている人も多いのですが、この油断が危険です。
性病は粘膜の接触や傷口からの感染もあり、ピンサロではこうした感染ルートで性病が増えています。

性病は人から人へ移る

性病は、サービスを行う分だけ、その人を介して広がっていきます。

男性客の一人が感染者だとしたら、その人にサービスした女性に移ります。
さらにその女性が他の男性を相手したら、その男性にも感染します。
このように、感染は広がっていくのです。
もちろん、その女性がプライベートで彼氏と触れ合うことで彼氏に感染する可能性があります。

ピンサロで働くなら自分の体を守るケアを適切に

定期的に検査を受けて自分の体調を知っておく

多くの風俗店では、医療機関と提携しており、風俗嬢にはそこで定期的に検査を受けさせています。
性病の有無を速く知るためには検査が一番です。

性病が確認されれば、治るまで働くことができませんし、検査は面倒ですが、これを徹底させることが周りも自分も守ることにつながります。
ピンサロは性病を移されるリスクも移すリスクも高いものです。
自分が性病になった時、自分のことだけ考えて出勤を続けていれば、男性客に感染し、店の同僚の女の子にも移ります。
それを繰り返していれば、性病は回りまわって再び自分に帰って来るかも知れません。

まずは自分がしっかりと体調管理をして、一人でも性病を増やさないように注意することが大切です。

客の男性器にトラブルがあるのを見逃さないように

客の男性器をおしぼりなどで拭く際には、性器の状態を見極めましょう。
性器に明らかな異変がある場合には、性病感染の疑いがあります。

本番を行うソープランドでは、性器のチェックは必須事項であり、同様にリスクを避けるために行うべきです。
性病の中には性器に変化が見えないものもありますし、症状が隠れている潜伏期の可能性もあります。
しかし、それでもチェックをしておくことで明らかなトラブルを察知してサービスを避けるかコンドームありでサービスするなどの対策を立てられます。

働いている間は彼氏とのセックスはコンドームありで

ピンサロだけでなく他の風俗店でも同様ですが、できれば勤務を続けている期間中はコンドーム着用でセックスをしてもらいたいものです。
彼氏のとプライベートなセックスは親密な行為ですが、性病リスクから彼氏を守るために必要となります。
気持ちよさを重視したり、彼女とのセックスは生でしたいという男性は多いのですが、コンドームの着用は結婚していない独身の男女ではおかしいことではありません。
もちろん、風俗勤務を知られることなく伝えることも可能です。

妊娠リスクなどを理由にしておけば、納得してくれるでしょう。

気になる症状が出たら即病院へ

女性では性病にかかっても症状が現れないことも多いのですが、万が一症状が出た場合にはすぐに病院へ行きましょう。
オリモノの量や状態、色の変化や性器のかゆみや痛みなど、ちょっとした変化も見逃さないようにすることが大切です。

ピンサロで移されやすい病気とは?

キスピンサロでは、性器と性器は触れ合うことはありません。
しかし、世の中には性器だけでなく傷口や他の部位の粘膜から移る病気もあるのです。
キスでも移るもの、性器への指の挿入で移るもの、フェラで移るものなど、病気の種類をチェックしておきましょう。

クラミジア感染症

セックスだけでなく、フェラやキスなどで粘膜同士が触れることで感染します。
性器以外にも喉にも移りやすく、ディープキスで感染することもあります。
男性の場合には膿が出たり痛みがあります。

女性は自覚症状が少なく、おりものが増える程度です。

淋病

淋病も性器だけでなく喉にも感染します。
男性は排尿時に激しい痛みがあり、膿も出ます。

女性はオリモノの量が増えたり、悪臭などがあります。
放置しておくと重くなり、妊娠などに悪影響を与えます。

ヘルペス

性器の他に、口や肛門などに水ぶくれのような症状が出る病気です。

男女どちらも水ぶくれが出来て、破れると強い痛みがあり、排尿が辛くなったり歩くのも大変になります。
ウイルスは症状が引いても残っており、体調不良などのたびに発症しやすくなります。

B・C型肝炎

B・C型肝炎は、主に血液や体液を介して感染する病気です。

母子感染や輸血などで感染することが有名で、性病というイメージは少ない病気ですが、性的な接触でも感染します。
肝臓の病気であり、悪化すると怖い症状を引き起こすこともあります。
自覚症状は出にくいこともありますが、検査などで放置しないことが大切です。
なんとなくだるい感じなどがあったら、病院へ行ってみましょう。

まとめ

ピンサロでバイトしていて、プライベートの彼氏に性病を移してしまうということは、少ないリスクではありません。
恋愛ではセックスをする可能性が高いものですが、ピンサロで働いている間は、彼氏とのセックスには十分に気を配ることが大切です。
また、自身の健康を守るためにも、彼氏に感染させないためにも、定期的な検査や症状の早期発見が必要となります。

ピンサロで働くなら、性病感染のリスクについても十分に知識を身に付けておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする