どっちが稼げる?SMクラブのS嬢・M嬢の収入を比較

SMクラブで働いているS嬢とM嬢の収入はどちらが高いのでしょうか?
SMクラブでは、SとMのどちらの男性も来るので、風俗嬢もどちらの性癖にも対応できるように2種類います。

同じSMクラブでも客入りの傾向や客の支払いには違いがあり、お給料にも差が出ます。
S嬢とM嬢の収入を比較して、稼ぎやすいのはどちらかを考えてみましょう。
また、SMクラブによってはSもMもできる両刀遣いの嬢がいることもあります。

SMクラブのS嬢は稼げる?人気で左右される女王様のお給料

お金SMクラブのS嬢は、女王様として男性客に対応するサービスを行います。
SMクラブ自体も特殊な性癖の男性客向けのサービスとなっていますが、Sの女王様を希望する男性は特に、一般的な風俗のように女性からの優しい性サービスを希望しない特殊な性癖を持っています。
そのため、全体的なS嬢の需要は少なく、稼げる収入はその人それぞれの需要に左右されやすくなります。

SMクラブではS男性が多く需要が少ないかも

SMクラブでは、SプレイもMプレイもできるサービス内容を用意してありますが、全体的な傾向としては男性側がMプレイを希望することは少なくなります。
つまり、S女性の需要は少なく、男性がSになって女性を責めるプレイが主流です。
そのため、S嬢は思ったような収入を稼げないことも多くなります。

客単価は高い

SMクラブでは一般のヘルスサービスよりもハードで特殊なサービスを提供するため、一般的な風俗店よりも単価が高くなっています。
男性の支払い単価ももちろんですが、女性が受け取れるバック金額も高くなり、客数をこなさなくても稼げることになります。
また、サービスが特殊でハードになるにつれ、客数をこなくサービスはきつくなるので、SMクラブの世界では客単価で稼ぐのが基本です。

サービス内容はM嬢より楽かも

S嬢の行う女王様プレイは、女性が主体となって男性をいじめたり虐げたりするというものです。
ロープやムチ、拘束具、カンチョウなどを使いますが、全て女性はそれらを受けることはなく、男性に使用します。
また、男性が自ら女性に触ることは少なく、女性の命令を受けて触ることになります。

全ては男性の希望する演技によるものですが、どちらかといえば女性が触られたりいたぶられることが少なく肉体的な負担は少なそうです。
また、言葉責めも自分は言う側となり、言われることはないため、基本的には精神的な負担も少ないかもしれません。
(これは女性が一般的な性癖であることを前提としています)

テクニックがあれば人気に

S嬢は主体的に男性客を責めることが必要となり、言葉や道具を駆使してサービスを行うことが多くなります。
そのため、責める言葉や演技、また、数々の道具類を使いこなすことが必要です。
ある程度のテクニックが必要となり、覚えるのは大変ですが、うまくこなすことができれば、人気が出る可能性もあります。
需要は少なくても人気が出ればその分指名も増えて、収入を稼ぎやすくなります。

また、実力派のS嬢はフリーの女王様として独立して稼ぐことも可能です。
人気のS嬢となりたいならば、男性を批判的な目で見ることや希望するプレイ内容に引いた態度はいけません。
S嬢には、男性を責めるテクニックが必要ですが、ただ単に責めれば良いわけでもなく、寛容に受け入れる態度も必要です。
精神的な度量の大きさも必要かもしれません。

SMクラブのM嬢は稼げる?つらいけど稼ぎやすい人気度

質問SMクラブのM嬢は、S男性の責めを受けるサービスを行います。
縛られたり、言葉責めを受けたり、ムチで打たれるようなことをあります。

M嬢はSの男性が多いSMクラブでは稼ぎやすい仕事といえそうです。
体や心にダメージはあるかもしれませんが、S嬢よりは収入という面では有利かもしれません。

SMクラブではM女性の需要が多い

SMクラブではS男性の来店が多く、S嬢の需要と比較するとM嬢の需要の方が高くなります。

そもそも、極めて限定された性的嗜好であるSM趣味ですが、まだS嬢よりは客数多めで稼ぎやすいといえそうです。
また、M嬢の中でもハードなプレイを行うことができるM嬢は少なく、ハード系のSMクラブではハードなオプションを付けられるM嬢は貴重な存在となります。

オプションによる稼ぎとダメージが比例

SMクラブではM嬢の需要は高く、稼ぎやすくなりますが、それでも限定された客入りの中で稼がなければいけません。

そのため、人気のためにオプションをつけることになります。
できるオプションが多いと、その分人気も上がりますし、バックも増えて収入が増えます。
しかし、オプションは基本サービスよりも激しいものも多く、肉体的、精神的なダメージも比例して大きくなるものです。
オプションで給料が一時的に増えたとしても、心身にダメージを負ってしまい、働けなくなっては元も子もありません。

初心者でも稼ぎやすい

M嬢の仕事はS嬢のように主体的にサービスを行うものではありません。
男性客からの責めを受けて、反応することが主なサービス内容となります。
そのため、演技にせよリアルな反応にせよ、反応の良い女性が人気です。

あまりテクニックは必要としないため、多少の演技力があれば初心者でも稼ぎやすいといえます。
S嬢はテクニックと人気があれば、フリーで働くことができますが、反対にM嬢はテクニックなしに人気を取り、指名を増やすことも可能です。

SMクラブのS嬢・M嬢の年収を比較

SMクラブのS嬢とM嬢のお給料を比較してみます。

どちらの仕事も人気があれば稼げますし、人気がなければOLレベルの収入になることもあります。
ここでは最高に稼げた場合の金額と平均年収を目安として比較します。

S嬢とM嬢の日当

お金 日本S嬢とM嬢の日当は、基本的には35,000円という良く見る風俗求人の日当レベルを超える金額となります。

SMクラブの性的サービスはテクニックも忍耐も必要となり、普通のヘルスサービスよりも高額となっています。
男性が支払う金額も高くなっていますし、その分女性へのバックも増えます。
どちらの日当が高いか、といえば、一般的にはM嬢の日当の方が高めになっています。
これは客一人当たりの単価が高めになっているだけでなく、客の需要がS嬢よりもM嬢に傾いているためでもあります。

稼げるM嬢であれば5万円以上、オプションやロング料金を利用する男性客が多ければ、それ以上も可能です。

S嬢とM嬢の月収

S嬢とM嬢の月収としては、レギュラー出勤で50万円以上は見込めるでしょう。
ただし、1日単位での収入が高めとなるM嬢も、長期スパンでいうとそれほど稼げないこともあります。

それは、M嬢が受ける肉体的、精神的な負担の大きさが原因となります。
毎日出勤して働くと疲れてしまうため、定期的に休みが必要です。

S嬢とM嬢の年収

S嬢とM嬢の年収比較は非常に難しくなります。

それはS嬢はロングスパンで出勤できるのに、M嬢は長く働くには負担が大きく、短期集中で出勤して辞めてしまう人も多いためです。
何年も働くことができるのはS嬢ですから、年収ではM嬢よりはS嬢の方が有利と言えそうです。

まとめ

S嬢もM嬢も、長期間働けるかどうかはともかく、高い収入を得られる仕事です。

そのため、一時的にお金が必要となったり、貧困から抜け出したい時に、風俗の仕事の中からSMクラブを選ぶのも1つの良い判断かもしれません。
ただし、精神的にも肉体的にも負担が大きくなることもあるため、長く続ける場合には注意が必要です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする