アダルトグッズモニターには女性用のコンドームもある

現代のアダルトグッズいわゆる性具は昔からあったといわれています。
その性具を使う現代の仕事にアダルトグッズモニターがありますが、グッズの中には女性用コンドームもあるのをご存知ですか?
コンドームは男性器だけでなくディルドなどにも使用できますが、女性用コンドームとは何のためにどのような使い方がされるのでしょうか。

今回はアダルトグッズモニターと女性用コンドーム使用について検証していきます。

アダルトグッズ-性具の歴史って

歴史まず最初に性具の歴史について見てみましょう。
(Wikipedia参考)

日本における性具は張形と呼ばれる男性器を模した器具が、紀元前より権力者の衰えた勃起能力の代用品として使われていました。
使用目的としては男性自身の衰えた性機能に代わるものとして、または性的技巧として女性に用いられたのが一つ、女性自身が自慰の道具として用いたもので江戸時代大奥で張形が使用されていたのは有名な話です。
その他には性的通過儀礼の道具としても用いられていました。
これは処女が初めて性交する際に処女膜が裂けて出血することを避けるために予め張形を使って出血させ実際の性交時には出血しないようにしていたとされています。

記録では日本最古の張形は飛鳥時代に遣唐使が持ち帰った青銅製のものが大和朝廷への献上品の中にあったとされています。
江戸時代になると木製や陶器製の張形が一般に売られ男子禁制の大奥では奥女中が性的満足を得るために使用していました。
また同時代には男色文化も盛んで肛門性愛に対するタブーはなかったために、男性が自分の肛門に用いたという記録も残されています。
その後明治時代になると近代化を理由に取り締まり対象となり、多くの性具が没収され処分されました。

終戦後の1948年の薬事法改正により厚生大臣の認可が必要となりました。
インターネットの発達とともに規制の少ない海外製品も個人輸入できるようになりジョ-クグッズとして一般に出回るようになりました。

アダルトグッズと薬事法

法律ここではアダルトグッズの法的な位置づけを見てみましょう。

現在の薬事法によれば「アダルトグッズなどの性具は衛生用品に類別され、製造には厚生大臣の許可が必要」と記されています。
事前に審査を通過した製品でないと製造できないことになっていますが、審査基準は極めて厳しいので、実際には許可をとった性具はほんの僅かしかありません。
許可をとっていないアダルトグッズに関してメーカーや販売業者は「身体に直接使用する目的ではなく冗談のタネ的製品」としてジョークグッズとして販売されています。
ということで、アダルトグッズに関しては何の取締りもされていないのが現状です。

風俗と性病感染リスク

ここでは風俗と様々な性病に感染するリスクを見てみましょう。
性病は基本的には粘膜同士の接触で感染します。
ですから挿入だけでなくキスやクンニやフェラチオ、全身リップ、69、素股、アナルファックなど風俗全般での様々なプレイテクニックで感染する可能性は非常に高いのです。

感染しやすい性病としてはクラミジア、淋病、性器ヘルペス、トリコモナス、尖圭コンジローム、梅毒、エイズなどがあります。

アダルトグッズ使用と性病感染リスク

ここではアダルトグッズの種類とグッズを使用する際の性病感染リスクを見てみましょう。
アダルトグッズを使用して性病感染するのに2パターンあります。

1.使用後に洗浄しないで放置したためにカビが繁殖してそこから感染する2.菌のついたおもちゃを使い回して感染する
感染の可能性がある性病は器具使用の場合も人同士の粘膜接触の場合もリスクは同じで、クラミジア、淋病、性器ヘルペス、トリコモナス、尖圭コンジローム、梅毒、エイズなどにかかる可能性があります。

コンドームの使い道

それでは男性用女性用含めてコンドームには一体どんな使い道があるのか見てみましょう。

コンドームは男性器に着用するのはもちろんですが、ディルドやバイブなど女性器やアナルに挿入するタイプのグッズにゴムをかぶせて使います。
また女性用コンドームは女性が装着し外陰部と膣内を覆うことによって精子の侵入と感染症や性病を防ぎます。
コンドームは薄型ラテックス製で1回ごとに使い捨てで使用します。

風俗と性病感染対処の方法

ここでは風俗において性病感染で対処する方法を見てみましょう。
性病感染を防ぐには不特定多数の人と交わらないことが一番ですが、性的接触が仕事の風俗嬢ではそれは不可能です。
そこで風俗において性病感染を防ぐには何と言ってもコンドームの着用が一番になります。
基本的には男性のコンドーム着用で多くの性感染症が移るリスクを減らすことができますが、咽喉クラミジアや咽喉淋菌などはキスだけで移ってしまう場合もあるのでその場合は定期的検査で早期発見と治療で対処していく以外ありません。

アダルトグッズ使用しての感染を防ぐには?

ウイルスアダルトグッズ使用による感染を防ぐにはどのような方法があるのかを見てみましょう。
アダルトグッズを使用して性病に感染するリスクを減らすには女性器やアナルに挿入する器具自体にコンドームなりカバーなりをつけるか、女性用コンドームを使用して女性の膣に着用する方法があります。
それと基本的には器具を常に清潔に保ち使い回しはしないことです。

女性用コンドーム口コミは?

ここでは女性用コンドームを実際に使用した人の口コミを見てみましょう。
*男性がゴム着用を嫌がる場合には有効きちんとつければ避妊にも性病感染予防にもなります
*男性が自然な締め付け感を感じるみたい

*男性がつけるコンドームよりも相手の体温や触感をより感じることができた
*慣れるまでは装着がちょっと大変かも
*普通サイズ試したけれどきつくて入らないので大きめのサイズを着用リングのようなものがゴムの中に入っていてそれを縦にして膣内に挿入する外には大きなリングが出るようになっていて外れるのを防止している実際に彼のものが入ってくると男性用のゴムみたいな使用感がなくて気持ちがいい擦れる感じもしないし何より安心感があってよかったでも彼にはキツイ感じがして痛かったみたい
*実際に装着しての感想は何だかすごく緩いコンドームを着用しているような感じでキーキーして音が鳴り続けていた男性サイドの感想は私のヴァギナがまるでプラスチックコーティングされているみたいな感じがしたちょっとかさばりすぎな感じ

*女性自身に装着するから避妊や性病対策としてはすごく安心感がある値段が高いのがミソ
*外陰部に出ているコンドーム部分を手で押さえていないと外れそうな感じがするフィルムの音がして集中できないしフィルムを通して彼を感じる感じピッタリフィット感がなかったビニール袋を膣に入れて出し入れしているみたい

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この女性用コンドーム現在は国内では製造・販売されていません。
海外のサイトから買う以外ないようです。
男性用コンドームを付けたがらない男性も少なからずいますから、アイディア自体はとても良いものですが、残念ながら日本ではあまり普及していないので入手は困難な状況となっています。
アダルトグッズモニターでグッズを使用する場合は新品使用と使い回しはしないのが原則なので性病感染のリスクは低いといえますが、グッズ使用後の洗浄としっかり乾燥させての保管を徹底させてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする