オナクラの給料を時給換算するといくらになる?

オナクラは風俗店ということもあってか、給料は歩合制となります。
それだけに、稼げるかどうかは本人の実力次第となるのですが、平均的には1日2万円から3万円は稼げる仕事です。

だいたい時給換算にすると、1時間あたり5000円稼げるようになれば、オナクラ嬢としては稼げる部類となるでしょう。

オナクラの時給

お金 coinデリヘルやソープのようなハード系の風俗店と違い、オナクラはソフトサービス系ということもあってか、仕事内容は基本的にソフトであり、女性キャストはエッチなサービスはほとんどしなくても済みます。
ただし、給料に関して言うとハード系の風俗店と違い、料金が低めとなるだけに、風俗業界全体で見ると稼げない仕事となります。

もっとも、それでも平均的に30万円前後の給料は1ヶ月で稼げます。
リピート率が高い人気嬢ともなると、40万円から50万円から稼げるでしょうから、普通のOLの給料よりも金額は高いでしょう。
さらに、時給換算にすると、だいたい1時間あたり5000円稼げるため、普通のバイトをするよりも稼ぎは良いです。
それどころか、常に立ちっぱなしのコンビニやレストランのバイトと違い、仕事内容が男性のオナニーを鑑賞するだけという非常に簡単な内容のため、低時給の接客業よりも少ない肉体的な負担で稼げるかもしれません。

ちなみに、時給5000円以上の仕事となると、高級キャバクラくらいでないとまず稼げず、普通のガールズバーでは時給2000円を超えれば良い方でしょう。
さらに言うと、お触り有りのセクキャバですら、時給の相場が3000円から4000円ほどとなりますので、触られもせずに時給換算で1時間あたり5000円以上稼げるオナクラは非常にパフォーマンスに優れた風俗バイトです。
ただし、いくらオナクラが時給換算で計算すると稼げる仕事といえど、そもそもオナクラは歩合制なため、仕事をしていない時間帯、例えば待機中の時間帯は無収入となります。
もちろん、歩合制はリピート率が高く、高額のオプションをよく注文される人気の風俗嬢にとってはプラスに働く制度です。

このような人気嬢ともなると、一日で3万円から4万円以上稼げることもあるでしょう。
その一方で、人気のないオナクラ嬢ともなると、出勤しても指名がつかず、待機時間を無駄に過ごす事になりかねません。
いくら時給換算で計算すると給料が高額とはいえ、接客が出来なければオナクラ嬢は稼げないのです。
それだけに、オナクラ嬢が稼ぐためには、ただ漫然と仕事をするのではなく、リピート率が高くなるように各々で努力し、創意工夫する必要があります。

待機時間を減らし、接客時間を増やす、そうすることで初めてオナクラ嬢は高収入を見込めるのです。

人気のあるオナクラ嬢

女性 質問オナクラ嬢が稼ぐためにはまずお客さんからよくリピートされる、人気嬢を目指す必要があるのですが、そもそも人気のあるオナクラ嬢とはどのようなタイプを指すのでしょう?
まず、オナクラ嬢は容姿が優れている女性ほど人気が高いです。

さらに、Sな言動が得意な女性もリピート率が高いです。
というのも、オナクラの客層はMな男性が多く、綺麗な女性に罵られたいなど、Mな性癖を持つ男性がよく利用するからです。
たとえ本人にSな気質が無かったとしても、演技をするなどして、Sっぽく振る舞う練習をしてみましょう。
演技力の高い女性はオナクラの世界で人気を得やすく、リピートされやすいです。

体験入店と保証

オナクラのお店の中には体験入店中の女性に高額の日給保証や最低保証を付けてくれるお店もあります。
日給保証や最低保証などの待遇が用意されている風俗店に勤務することで、たとえ体験入店中で、まだ仕事のやり方に不慣れな女性だったとしても、安定した給料を稼ぐことが可能です。
さらに、体験入店中というのは女性に自信を付けさせるためにも、できるだけ多めのフリー客を付けるなどの配慮をお店側がしてくれます。

日給保証が付きやすく、尚且つフリー客も多めにつく体験入店中の期間は、オナクラ嬢にとって最も待遇が良い時期となります。
この時期を活かし、リピーターを多めに確保しておきましょう。
体験入店中のフリー客が付きやすい時期にリピーターを多めに確保しておくと、いざ体験入店の期間が終わり、本入店することになったとしても、リピーターがいるだけにフリー客に頼らずに安定して稼げるようになります。
リピーターが多いと保証に頼らずに給料を稼げるようになるでしょうし、リピーターの都合に合わせて出勤することで無駄な待機時間を減らすことが可能です。

このように、リピーターが多いと、オナクラ嬢とにって有利に働くため、体験入店中のフリー客が付きやすい時期に、一人でも多くのリピーターを確保しておきましょう。

保証が付きやすい求人

パソコンオナクラ嬢が出来るだけ給料を増やしたいと考えるのであれば、バックとは別に稼げる給料、例えば保証が付きやすい仕事を見つけると良いでしょう。
日給保証のような待遇は何も体験入店中しか受けられないというわけではありません。

例えば、出稼ぎ系の求人も日給保証などの待遇が付きやすく、稼げる風俗バイトです。
日給保証などの待遇がある出稼ぎ系の求人に応募し、働くようになると、バックと日給保証の二つの報酬が同時に稼げるようになるため、普通のオナクラ嬢以上に給料が高額になります。
例えば、普通のオナクラ嬢が10日間で20万円稼げるとします。
そこに日給保証、仮に1日出勤する毎に5万円もらえる保証が付くとした場合、10日間の勤務で50万円の保証がもらえるため、総額で70万円の収入となります。

日給保証の良いところは、たとえ指名されず、接客できなかったとしても保証が付くところです。
オナクラは時給換算にすると稼ぎの良い仕事ですが、待機中は給料が稼げないというデメリットがありました。
しかし、出稼ぎ系の求人のような、日給保証などの待遇が用意されている風俗店に勤務することで、待機中は稼げないというデメリットを補填することが可能となります。
オナクラの仕事に興味はあるけれど、稼げるかどうか不安だというのであれば、保証などの待遇がある求人を探してみましょう。

特に出稼ぎ系の求人の場合、仕事をしながら観光が出来るだけに、働き甲斐があることでしょう。

有料のオプションを解禁

チェックリストオナクラ嬢がリピート率をあげ、待機時間を減らすためには、常にお客さんから指名されるような人気嬢になる必要があります。
ただ、いくらサービスの質を高めたり、接客スキルを伸ばしたところで、いきなりリピート率を上げることは難しいでしょう。

もしも出来るだけ短期間で指名率を上げ、人気のオナクラ嬢になりたいと考えているのであれば、他のオナクラ嬢がやらないような有料のオプションを解禁してみましょう。
オナクラ嬢だからといって全員が全員、エッチなサービスをやっていないわけではありません。
中にはキスや手コキ、さらにはフェラなどのサービスを有料のオプションとしてお客さんに提供しているオナクラ嬢もいます。
このようなエッチなオプションができるオナクラ嬢というのは総じて人気が高く、そして時給換算にすると高額の給料を稼げるものです。

反対に、エッチなサービスがほぼすべてNGなオナクラ嬢は指名率が低く、さらに有料のオプションが獲れないため、時給換算にすると給料は低くなりやすいです。
基本的にオナクラ嬢の時給換算の給料は1時間あたり5000円ほどなのですが、高額のオプションを追加されることが多いオナクラ嬢ともなるとオプションだけで1万円以上稼げることもあります。
サービスのバックとして5000円稼ぎつつ、さらにオプションバックとして1万円稼げるようになると、合計で1万5000円となり、デリヘル嬢並みの給料となります。
ちなみに、オプションといっても様々で、パイズリやフェラ、聖水などハードなプレイをするオナクラ嬢もいれば、添い寝やフレンチキス、パンストプレイ、さらにはワキの匂いかぎ、足コキなど、女性によってはそこまで抵抗感のないオプションもあります。

オプションに対してNGが多すぎる女性というのは、男性からすると面倒そうな女性というイメージが強いです。
たとえそのオプションを注文するつもりがなかったとしても、NGが多い女性は忌避されやすく、指名率が低いです。
その点、解禁しているオプションが多い女性は接しやすく、心理的にも指名しやすいため、人気が高くなるものです。
オナクラ嬢として出来るだけ早く人気を得て、指名率を上げたいと考えているのであれば、まずは自分が出来そうなオプションは解禁してみましょう。

オプションを注文されれば、本来の給料にプラスしてオプションバックも追加されるようになるため、時給換算にすると給料が増えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする