ピンサロは待機室とかはありますか?集団待機以外あります?

ピンサロの仕事をするにあたり、待機所がどうなっているのか気になっている人は多くいることでしょう。
ピンサロ店も他の風俗店同様に、風俗嬢のために待機所を用意しています。
ただ、待機方法が集団待機になるか、それとも個室待機になるかはお店次第になります。
集団待機所と個室待機所にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴を踏まえ、自分に適したお店を選ぶと良いでしょう。

ピンサロの特徴

ピンクピンサロといえば主に手コキで男性を気持ち良くする風俗店であり、風俗業界では数少ない時給制で働ける風俗業として有名です。
ピンサロ嬢が仕事をする場所は基本的に店舗内であり、ボックス席やパーテーションで区切っただけのスペースでフェラや手コキ、お触りなどのサービスを提供することになります。
店舗内に個室を用意しているピンサロは少なく、店長やスタッフからはプレイをしている様子が一目瞭然となります。
それだけに、万が一のトラブルがあった際にはスタッフがすぐに駆け付け、ピンサロ嬢を守ってくれるといったメリットがあります。

仕事内容がフェラくらいで、誰でも簡単に覚えられるということもあってか、ピンサロは未経験の女性でもお手軽に始められる仕事となります。
さらに、接客時間が短く、人気のある業種なため、1日に接客する人数は非常に多く、人気嬢ともなると1日に10人以上接客することもあります。
回転率が高いとその分だけ休憩できる時間も短そうなのですが、ピンサロでは風俗嬢のために待機所が用意されているのでしょうか?
結論から言うと、ピンサロであっても他の風俗店同様に待機所は用意されています。

仕事がないピンサロ嬢は待機所で休憩するなり、自由に過ごすことになります。
そしていざ指名が入れば、そのままお客さんの席へ案内され、接客をします。
基本的に待機所では何をしても自由なのですが、待機所が集団待機か、それとも個室待機かによって出来る事と出来ない事、そしてメリット・デメリットが存在します。
待機所によって過ごし方がそれぞれ異なるだけに、ピンサロ嬢の求人に応募する際には待機所がどうなっているのかまでしっかり調べておいた方が良いでしょう。

集団待機のメリット・デメリット

Good, Badピンサロの待機所といえば集団待機が有名です。
集団待機とはその名前の通りで、一つのスペースに複数の女性たちが集団で待機することです。
集団待機はトラブルやストレスの原因になりやすく、それだけに集団待機よりも個室待機の方が良いと考える風俗嬢は多くいるものですが、何もデメリットしかないわけではありません。

メリットもあります。
集団待機でよく言われるデメリットといえば、まずプライバシーがない事でしょう。
常に他の風俗嬢の視線に晒されるわけですから、いくら自由に振る舞っても良いといっても限度があります。
なにより、風俗店によっては集団待機所のボスのような人がいることもあり、人間関係に気を遣うこともあります。

他にも、仕事に不満やストレスを抱えているピンサロ嬢が誰彼構わずに悪口や暴言を言い続けることがあり、聞かされるピンサロ嬢がその悪口に晒され、ストレスを抱えることもあります。
ピンサロ嬢は確かに接客スキルが低い女性であっても安定して稼げる仕事ですが、その一方で性病に感染するなど、リスクのある仕事です。
それだけにストレスを抱えている女性は意外と多く、集団待機所でその不満を吐き出す女性も多くいるのです。
集団待機所には他にも、手癖の悪いピンサロ嬢に貴重品を盗まれたり、スマホの個人情報を盗み見られるなどのトラブルが発展することもあります。

このように、人間関係のトラブルやストレスが多い集団待機ですが、その一方で確かにメリットも存在します。
例えば、集団待機所には同じ境遇の女性がいるため、友達を作りやすいという利点があります。
他にも、人気のある風俗嬢からリピートしてもらうためのコツや、お客さんを悦ばすためのアドバイスを受けることもできます。
集団待機には確かにデメリットもありますが、現場で働いているピンサロ嬢の意見を聞けるため、できるだけ稼ぎたい女性に向いている環境です。

なにより、ストレスや不満を抱えた時、悩みを打ち明けられる友達がいると、精神的にも楽に働けるなどのメリットがあります。

集団待機所の対策

集団待機は確かに風俗嬢同士のトラブルが起こりやすく、ストレスの原因になりやすいです。
しかし、お店によってはトラブルが起こらないようにスタッフが対策をたててくれることもあります。

例えば、タバコを吸わない女性のために集団待機所を喫煙者用のスペースと禁煙者用のスペースに分けてくれたり、風俗嬢同士でお金の貸し借りは禁止するといったルールを作ることもあります。
風俗嬢同士のお喋りに関しても、ホスト関係のトークは禁止するなど、ストレスやトラブルに発展しやすい話題は避けるように対策しているお店もあります。
しっかりと対策を講じている風俗店であれば、集団待機所はストレスやトラブルが少なく、友達が作りやすい環境となります。
ストレスが少ない職場ならば、風俗嬢も安心して出勤することが出来るでしょう。

個室待機のメリット・デメリット

椅子集団待機と違い、個室待機の場合、風俗嬢は他の女性の視線を気にせず、プライバシーを確保することができます。
個室待機といっても風俗嬢専用の個室が用意されているわけではなく、その実情は広いスペースを細かく区切るだけであり、イメージとしてはネカフェのような環境が近いかもしれません。
実際、風俗店によってはネット環境を整えているお店もあるくらいです。

他にもテレビやリクライニングシートなどが完備されていることもあり、一人で過ごすには非常に快適な空間となります。
そんな個室待機の最大のメリットといえば、やはり自分だけの時間を過ごせることでしょう。
個室待機している最中は他の人の視線も気にせず、ゆっくりと休憩を堪能することができます。
ピンサロに限らず、風俗の仕事はとてもハードです。

接客が終了すれば、疲れた身体を休めたいでしょう。
集団待機所では人の目があるので出来ませんが、個室待機所ならば個室で仮眠を取ることも可能です。
他にも風俗嬢同士のトラブルもなく、ストレスとは無縁な時間を過ごせます。
このようにメリットの多い個室待機ですが、人との交流が減ってしまうだけに、友達が作れず、アドバイスも受けられないなどのデメリットがあります。

同じ店舗で働いているといっても、交流の場がないと友達なんてまず出来ませんし、悩みや不満を打ち明けることもできないでしょう。
既に風俗嬢としての経験を積み、アドバイスなど無くても稼げる自信があるのであれば問題ないのかもしれませんが、未経験や初心者ともなるとそうはいかないでしょう。
風俗店のスタッフも、流石にお客さんを気持ち良くする術は心得ていないでしょう。
仕事のやり方やコツ、アドバイスを受けたいならば、やはり先輩や人気嬢がいる集団待機所の方が良いかもしれません。

高級店の待機方法

店舗型で、しかも回転率が高いピンサロでは難しいかもしれませんが、デリヘルの高級店ともなると、自宅待機もしくは店外待機が許されることがあります。
自宅待機、もしくは店外待機とは要するに店舗以外の場所で待機しても良いということであり、風俗嬢は自宅や喫茶店、カフェなど好きな場所で待機をすることになります。
店外待機や自宅待機の良い点は、わざわざ出勤する必要がなく、お店から電話がかかってきてから仕事の準備をすれば良いところです。

何より自宅やカフェなど、好きな場所で時間を過ごせるので、ストレスやトラブルとは無縁であり、快適に待機することができます。
ただ、このような待機方法ができるのは、信頼できる風俗嬢ばかりが在籍している高級店ぐらいなものです。
ピンサロで店外待機もしくは自宅待機ができるお店は滅多にないでしょう。
どうしても自分だけの時間を確保したいならば、やはり個室待機のできるお店を選んだ方が良いでしょう。

ただ、まだピンサロ嬢になったばかりで仕事のやり方がよくわからないというのであれば、アドバイスが聞けて、友達も作れる集団待機の方が良いかもしれません。
待機方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
自分の現在の状況を鑑み、一番メリットの多そうな待機所のある風俗店を選んだ方が良いでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする