SMクラブのバイトは病気・性病とは無関係ですか?

SMクラブのバイトも、性病とは無関係では無いです。
性感染症は風俗業界で働くなら、どこかに潜んでいます。

特にM嬢などは、仕事の中でアナルプレイも入ってくるので、感染するリスクは高いです。
定期検診を受け、感染した際には早期治療をしましょう。

風俗で働きたいと考える女性の気がかりは性病

SMクラブと言った風俗で働くことで、女性は沢山のお金が稼げますが、その代わりとして色々とリスクも出てきます。
そして、そのリスクの一つが「性病」に感染するリスクです。
風俗業界で働くと性病に感染するのではないかと心配があり、なかなか応募が出来ないでいる方もいます。
実際、コンドームを使用せず、本番行為をする風俗では、性病に感染するリスクは非常に高く、仕事を通して感染してしまう風俗嬢もいます。

ですので、性病の事を心配するのは普通の事です。
SMクラブも他の風俗と同様で、性病や病気と無関係ではありませんので、仕事をする方は気を付けましょう。

どのような性病があるのか

病気観戦する性病についてですが、男性器を口で刺激するフェラチオをすれば、クラミジア(咽頭クラミジア)に感染する可能性は出ます。

また、「梅毒」や「肝炎」、「トリコモナス」や「ヘルペス」などのよく聞く性病もありますし、「尖圭コンジローマ」や「HIV」に絶対感染しないとは言えません。
例えば、M嬢の場合、プレイのオプションとしてアナルに指や男性器を入れるプレイがありますが、男性の指に傷があり、指を入れた時に肛門を傷つけて出血してしまえばそこから血液感染をする可能性が出ます。
アナルに男性器を入れる時は、通常コンドームを着用しますが、コンドームが中で破け、それに気が付かなかったら、それもまた感染するリスクが高くなります。
その他には、直接挿入をしなくても感染する「毛じらみ」もあるので、挿入をしないプレイだからと油断は出来ません。

S嬢とM嬢とでかかりやすさは違う?

SMクラブでは、S嬢の仕事とM嬢の仕事がありますが、両方とも性病にかかるリスクは同じかと言えば違います。
S嬢の方がM嬢に比べると、性病にかかるリスクが少ないのはS嬢です。
M嬢は調教が好きなS男性による、「アナルプレイ」も入りますが、S嬢の仕事はペニバン(ペニスバンド)でプレイを行うなど、自身のアナルに男性器が入る事は少ないです。

性感染症にかかりやすくなる、粘膜の接触がS嬢のほうが少ないので、その分だけ性病にかかるリスクは少なくなります。
S嬢は縛ったり、叩いたり、罵ったりする仕事も多く、性病が恐いという方はS嬢の仕事にも注目です。

性病を防ぐ予防策

そして、風俗で性病に感染したくないという方は、まずは予防策をしっかりと行っていきましょう。

一つは、コンドームを着用するという事です。
アナルセックス、アナルプレイをする時にも、コンドームを着用すれば、性病を予防する事が出来ます。
また、その他には手洗いうがいなどをすることも大切です。
うがいについては、うがい薬(イソジン等)は大抵のお店側が用意してくれていますので、それを使って衛生管理からしていきましょう。

もし、性病にかかってしまったらどうなる(仕事が出来なくなる)

病気 女性そして、もしSMクラブで性病にかかってしまったらどうなるのかという事を解説します。
SMクラブでは性病にかかった風俗嬢は基本的に働かせません。
性病は感染するので、お客さんへの感染が心配されるからです。

梅毒などの性病だった場合は、お客さんだけではなく、お店で働いている人にも感染するリスクがあります。
性病に感染すると、本人が病気で苦しむだけではなく、お店で働けなくなるので良い事は有りません。
感染してしまったら、まずはその治療を行い、完治を優先させるようにして下さい。

性病を隠したまま仕事を続けるのは危険。

(病院へ)

また、性病になってしまったと、お店へ告知するとお店から出勤をNGにされてしまいますが、それが嫌で性病を隠したまま仕事をすると、大きな問題に発展する事もあります。
先ほど言ったように、梅毒などの一部の性病は感染力が強く、性病が蔓延する元となります。
お客さんだけではなく、同じお店で働いている風俗嬢に沢山感染させてしまったら、お店にとっては大損害です。

そうなると損害賠償や罰金を取られる可能性も出てきます。
また、お客さんにうつした場合も、お店の評判が下がってしまうので、性病に感染したのを知っていながら働くのはやめましょう。

自覚症状が出にくいものもあるので検診はしっかり受ける

そして、SMクラブで働くようになったら、性病などの病気にかかったら直ぐに治療が出来るよう、病院の定期検診を受ける事が大切です。

病院なら性病に感染していないかどうかの検査が出来ます。
性病の種類によっては、感染してしまった本人の自覚症状がほとんどないものもあり、知らない間に感染が広がってしまうケースも良くあります。
ですので、自覚症状が現れない性病に感染してしまったかを知るためにも、SMクラブで働く風俗嬢の方は定期検診は欠かせません。
検診の料金は一回辺り、数千円から一万円ほどで受けることが出来ます。

性病に感染した後に治療が遅れると、それ以上のお金が治療費としてかかる事もあるので、その金額を出してでも受けた方が良いでしょう。
また、仕事が忙しくて検診に行く時間が無い方は、現在は「検査キット」という自宅で簡単な検査が出来る商品も販売されているのでそちらを使うのも手です。

病気だけではなく、体への傷にも気を付ける

ちなみに、SMクラブと言う風俗店は、一般的な風俗とは違って、性病や病気に感染するリスクの他に、体への傷が付いてしまうリスクもあります。

S嬢は男性を責める側なのでそんな事もありませんが、M嬢は男性からムチで叩かれる事もあり、プレイを行う中で擦り傷やアザなどが付いてしまいやすいです。
また、ムチの他にはロープで縛るプレイもありますが、ロープもきつく縛れば一時的に体に痕が残ってしまいます。
傷やアザは時間が経てば、自然治癒して元の状態に戻る事が大半ですが、中には消えない痕となってずっと残ってしまう場合もあります。
ですので、性病だけではなく傷跡にも気を付けなければいけないです。

病気は体の病気だけでなく心の病気も

涙 女性SMクラブで働く方の注意は、性病に感染しないようにする事ですが、病気は性病などの体の病気だけではなく、精神的な心の病気になる事もあります。
働くときに指名が付かなければ気持ちは落ち込んでしまいますし、お金の為とは言え、ハードなプレイを続ければ心も病んでしまいます。
M嬢が行うプレイの中には、排せつ物を食べたりすると言ったものもあり、そのようなきついプレイをすると、精神的に参ってしまうのは致し方無いでしょう。

心の病気も体の病気と同じくらいにきついものです。
うつ病にかかってしまったら、仕事どころではなくなることもある為、SMクラブで働くときには仕事とオフのバランスを考えて働いて下さい。

まとめ

このように、性的なサービス行う機会もあるSMクラブは、性病とは無関係・無縁とは言えません。

プレイの内容によっては、その他の風俗と同じように感染するリスクは出て来ますので、その対策や予防を取りつつ働いていく必要があります。
風俗嬢の資本は、体であり、その体が壊れてしまったらお金も得られなくなります。
突っ込んだサービスを行えば、お客さんに気に入られ本指名も返り稼げるようにはなりますが、性病にかかる事もあるのでよく考えて行いましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする