M性感の客入りがいい時期や季節などある?

風俗嬢だからといって一年を通じて毎日安定して稼げるというわけではありません。
時には客入りが乏しく、お茶を引くこともあります。

それだけに、M性感で働く際には客入りが良好な繁忙期の間にしっかりとリピーターを獲得しておく必要があります。
ファンが多い風俗嬢ともなると、たとえ閑散期になったとしても、安定して稼げるようになります。

M性感の求人の特徴

パソコン風俗店といっても初心者でも利用しやすいお店もあれば、一部のマニアックな人たちから根強い人気のあるジャンルまで、様々です。

M性感はデリヘルやソープと比べるとかなり特徴的な業種なだけに、風俗経験の浅い男性ともなると滅多に利用しないでしょう。
M性感を利用するお客さんとなると、既にM性感の良さを知っているマニアか、新しいことにチャレンジしたがる好奇心旺盛な人くらいでしょう。
そんなアブノーマルな印象のあるM性感ですが、一体どのような仕事なのでしょう?
M性感はSMクラブなどと比較すると、まだまだ敷居が低く、利用しやすい風俗店です。

Mといっても肉体的に苦痛を感じるようなプレイはほとんどありません。
M性感で働く風俗嬢は、お客さんから痴女と呼ばれることが多いです。
実際の仕事現場において、風俗嬢はエッチなお姉さん役となって性的にMな男性に悪戯をすることになります。
接客中は痛みよりもむしろ、性的な快感を重視したプレイをすることになります。

M性感で行われるプレイといえばドライオーガズムや男の潮吹き、アナル開発、前立腺マッサージなどが恒例で、経験豊富なM性感嬢ともなるとM男が悦ぶような言葉責めも得てして上手なものです。
M性感は一見するとハードそうな雰囲気のある仕事かもしれません。
しかし、その実態はむしろ逆で、粘膜接触が少ないだけに、性病の感染リスクが低い安全な風俗業です。
一部のお店にはフェラをするM性感店もあるのですが、そのようなお店であったとしても、フェラなどの行為は有料のオプションとして扱われることが多く、本当に嫌なら風俗嬢は拒否できます。

比較的安全に働ける職場であることに加え、単価が非常に高いため、ヘルスよりもバックが良く、稼げる業界です。
それに加え、M性感は店舗数が少ない業界のため、特定の店舗にお客さんが集中しやすく、客入りが良い業界です。
男性が一度M性感の世界にハマると、あまりの快楽の強さに病みつきになるほど、この風俗店には中毒性があります。
つまり、リピート率が高いということです。

バックが高く、リピート率の高いM性感の風俗嬢となって人気を博すと、月収で100万円を超えることも珍しくありません。
それだけに、繁忙期にはしっかりとリピーターを獲得し、お茶を引かないように注意しましょう。

繁忙期と閑散期の時期

カレンダーM性感に限らず、風俗店にはどこも繁忙期と閑散期が存在します。

繁忙期になると普段よりも客入りが良くなるため、フリー客が付きやすく、人気のない風俗嬢でもつきっぱなしになるものです。
しかし、いざ閑散期ともなると、客入りが悪くなり、普段はつきっぱなしになることが多い人気風俗嬢でも暇過ぎる一日を送ることがあります。
それだけに、不人気な風俗嬢ともなると、閑散期にお茶を引くリスクが非常に高く、稼げないものです。
そんな風俗嬢の手取り額を左右する閑散期と繁忙期ですが、具体的にいつ頃の時期になるのでしょうか?

風俗の繁忙期の時期は5月、8月、12月、1月など、大型の連休やボーナスが出る日となります。
一方で、閑散期の時期は2月、11月などです。
この時期はボーナスが出る前ということもあり、客入りが悪くなります。
いくら風俗に行きたいと思ったところで、お金がなければ遊びにはいけません。

特に、M性感は他の風俗店と比較して料金が高めに設定されていることが多いため、閑散期になるとフリー客の来店は期待できないでしょう。
いくらバック率が高く、手取りが高い風俗嬢であっても、歩合制で働いている以上、閑散期になると稼げないです。

閑散期に稼ぐコツ

閑散期になると確かにフリー客が減ってしまうため、お茶を引く風俗嬢が増えるものです。

しかし、全ての風俗嬢が閑散期中は暇過ぎる毎日を過ごしているというわけではありません。
例えば、高級店の風俗嬢ともなると、閑散期だろうと安定して稼げるものです。
高級店といえば、一流のサービスや接客スキルが風俗嬢に求められる業界なだけに、料金が高い分、お客さんは質の高いサービスを受けられます。
そして、その質の高いサービスにハマったお客さんはリピーターとなりやすく、たとえ高いお金を払うことになったとしても頻繁に来店してくれるようになります。

閑散期に稼ぐヒントはこのリピーターにあります。
たとえ閑散期になったとしても、リピーターが多くいる風俗嬢ともなると、客入りの悪い時期でも安定した手取りが稼げるものです。
逆に、サービスで手を抜くような風俗嬢ともなると評判が悪いだけに、リピート率が低く、閑散期になるとフリー客も見込めないだけに、稼げないものです。
それだけに、閑散期を無事乗り越えるためには、普段よりしっかりとリピーターを獲得するべく、サービスに力を注ぐ必要があります。

リピーターを獲得する時期

いくらリピーターがいれば、閑散期を乗り越えられるからといって、そう簡単にリピーターを獲得することは出来ないでしょう。
特に、既に閑散期に突入している場合、フリー客が少ない時期なだけに、リピーターの確保は難しいです。
では、一体いつならリピーターを確保できるのかといえば、それはやはり繁忙期でしょう。

繁忙期というと、世間が大型連休に突入するゴールデンウィークやお盆休み、年末年始が中心となります。
この時期にしっかりとリピーターを確保しておくと、閑散期であっても無事に乗り切ることが出来ます。
それだけに、風俗嬢の中にはよく旅行に出かける女性が多くいるものなのですが、安定した収入を目指すのであれば、繁忙期に長期の旅行プランは入れない方が良いでしょう。
どうしても旅行に出かけたいのであれば、閑散期に予定を組んだ方が良いです。

繁忙期にしっかりと出勤し、サービスに力を入れ、リピーターを確保しておくと、いざ閑散期に突入したからといってお茶を引くことはないでしょう。
ただ、閑散期は世間で言うところのボーナスが出る前の時期です。
いくらリピーターといえど、頻繁に来店することは難しいでしょう。
そのため、万が一の事態に備え、日ごろより貯金をし、無駄遣いを避けましょう。

閑散期といっても1ヶ月程度で終わります。
最低でも一ヶ月は生活できるだけの貯金は常に用意しておきましょう。

準備が出来なかった場合

もしも繁忙期にリピーターを確保できず、準備不足のまま閑散期に入ってしまった場合、まずはできるだけ出勤日数を増やしましょう。

確かに閑散期はフリー客が減る時期ですが、だからといて一人も来ないというわけではありません。
少なからず、お客さんは来ますので、取りこぼしがないようにしっかりと出勤しましょう。
さらに、出勤する時間帯も、お店がもっとも忙しい時間帯にしましょう。
忙しい時間帯というのはお店によってそれぞれ違いがあります。

チェック マーク面接を受ける際には客入りの良い時間帯と悪い時間帯をお店に確認しておきましょう。
たとえ出勤日数を増やしたとしても、閑散期は指名されない時間帯が多いです。
しかし、ここでお茶引き嬢となって何もせず、暇過ぎる一日を送るのは非常にもったいないです。
たとえ閑散期だろうとも、写メ日記は頻繁に更新しましょう。

写メ日記は意外とお客さんから見られているものです。
頻繁に写メ日記を更新し、世間にアピールすることで、ネットを通じて指名客を募ることも出来ます。

人気のあるお店へ移籍

閑散期といっても、知名度の高い大手ともなると、一定数以上の客入りは見込めるものです。

そのため、閑散期にいつもお茶引き嬢になってしまうという風俗嬢は一度、大手の風俗店への移籍を検討してみましょう。
さらに、面接を受ける際には客入りの良い時期や曜日、時間帯をチェックし、その時間帯に出勤できるかどうかも確認しておきましょう。
客入りの良い風俗店に移籍することで、閑散期だろうと関係なくお茶を引かずに済みます。
特にM性感嬢の場合、一旦リピーターを確保できると手取りが安定しやすく、ヘルス以上に稼げるものです。

普段よりお客さんにサービスし、一人でも多くのリピーターを確保しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする