オナクラ希望求人に応募したら嘘求人広告に騙された

ソフトな風俗がいいとオナクラに応募したら嘘求人ということがあります。
箱ヘルの風俗求人では風俗嬢が集まらず、ダミーの振替店で嘘求人をしているのです。
ただ、実際の風俗店で面接をすると、バック率や給料条件がよくて、そのまま入店する女性もいます。

オナクラの嘘求人

風俗嬢の応募者が少ない箱ヘルでは、女性が気軽に応募できるようにとダミーのオナクラ店を作り、オナクラ店として風俗求人をすることがあります。
オナクラ店ですから、ハンドサービスで、裸にならないと宣伝できます。
ただ、実際には箱ヘルの風俗求人なので面接の際には「オナクラは募集を締め切ったから箱ヘルはどうですか?」
と勧めるのです。
ハンドサービスと口内発射ではサービスが全然違い、許容できない女性も少なくないでしょう。
もっとも、給料などの待遇について説明を受けると「じゃあやってみようか」と箱ヘル店の風俗嬢になる事も少なくありません。

箱ヘルへの応募が少ない

割合風俗求人で箱ヘルの風俗嬢を応募しても、サービスがハードだからと応募を躊躇する女性は少なくありません。

しかし、ソフトサービスとの文言で風俗求人をするオナクラなら、募集すると案外希望者が集まります。
ただ、オナクラは客単価が低いので風俗店としてもうまみがありません。
そのため、グループ店でも箱ヘルを重視して営業するのです。
本当にオナクラを展開しているグループ店も、実際に募集する気がないのに風俗求人を出すことがあります。

もちろん目的は箱ヘルの風俗嬢を募集することです。

他店舗がやっているから…

個人店の箱ヘルではもっとひどい嘘求人をしています。
ダミーのオナクラ店をでっち上げて、そのオナクラ店の風俗求人をするのです。
もちろん嘘求人ですから、面接に来た女性には「オナクラの募集は締め切った」と言います。

給料などの条件を聞いて、そのまま風俗嬢になってくれれば大歓迎ですし、怒って帰ってしまったら仕方ないとあきらめるだけです。
稼ぎたい女性が多いので、案外そのまま入店してくれることがあります。
感心する話ではありませんが、他の箱ヘルが同じような嘘求人で女性を集めている以上、対抗するしかありません。
女性がいなければ箱ヘルは営業が成立しないため、やむを得ないのです。

個人店が多い

もっとも、グループ店がオナクラ店として嘘求人をすることは多くありません。
変な噂が口コミサイトなどで広がると、他の店舗の風俗求人に影響が出かねないためです。
そのため、このような嘘求人をしているのは個人店が多いと言えます。
個人店のオナクラは嘘求人が多いので、気を付けたほうがいいのですが、見分け方としては男性サイトを探してみることが一番です。

男性向けサイトには女性の写真やサービス内容などの情報がいっぱい載っています。
しかし、ダミー店にはそのようなサイトがないか、サイト自体が非常に貧弱です。

箱ヘルは待遇がいい

とはいえ、嘘求人に騙されたと言いつつ、そのまま入店する女性がいることも事実でしょう。
結局、箱ヘルの方が稼げるのです。

サービス内容はともかく、風俗嬢として働こうとする女性は稼ぎたいはずです。
サービス内容が自分の許容範囲に留まるなら、ちょっとやってみようかという気になるのも当然でしょう。

売上が多い

お金箱ヘルとオナクラを比べると、お客さん一つ当たりの売上は倍近く違います。
売上が多ければ、お店も自分も取り分が増えます。

千円単位の細かい売上を積み重ねるより、1万円単位の売上の方が効率よく稼ぐことができることは言うまでないでしょう。
お客さんの支払額のうち、風俗嬢とお店の取り分は半々が基本です。
フリー客のようにお店の看板を見てきてくれたお客さんの場合は、お店の取り分が6割程度ですが、それでも売上が多い方が効率よく稼ぐことができるでしょう。
稼ぎたいという目的を達成するのであれは、箱ヘルの方が有利なことは間違いありません。

バック率が高い

箱ヘルとオナクラを比べるとバック率が高いのは箱ヘルでしょう。
売上が大きいので、女性に多く分配してもお店の経営が成立するためです。
これに対し、売上の小さなオナクラは女性に分配してしまうとお店の運営ができないので、バック率は下がります。
風俗求人を見ると、本当のオナクラ店でもバック率が高いと風俗求人をしていますが、それでは運営ができないことは言うまでありません。

箱ヘルで大きく稼ぐためには、指名をたくさん取ってバック率を上げる必要があります。
ただ、ランカー嬢にならなくてもオナクラのランカー嬢よりはるかに稼げます。

結果として稼げます

バック率も高く、男性の支払額も高い箱ヘルは、オナクラに比べれば稼げることはこれでお分かりでしょう。
もっとも、それならば嘘求人をするような個人店より、最初からグループ店の箱ヘルに応募をした方が有利に稼げます。

グループ店は規模が大きいため運営に余裕があり、女性の待遇を上げることが可能です。
手軽そうだからとオナクラに応募する前に、オナクラと箱ヘルのサービス内容を比べ、箱ヘルでもできるなら最初から箱ヘルにした方が賢明と言えるでしょう。

結局そのまま箱ヘルへ

このように稼ぎたいという目標が明確な女性ほど、そのまま箱ヘルに入店します。
騙されたという悔しさはあるでしょうが、サービスを覚え、接客に手を抜かなければ指名客も多くつきます。

それが、バック率の向上につながり稼げる風俗嬢となることができます。

騙されたとはいえ…

このように騙されたとはいえ、結局稼げるチャンスをもらえたのであれば、騙されるのも悪くないと言えるかもしれません。
もちろん、最初からより待遇のいいグループ店の箱ヘルに応募した方がいい事も事実です。
ただ、せっかく入店したのですから接客技術を身に付けて、より条件のいいグループ店に転職するのも悪くないでしょう。

業界未経験の新人は人気が高いですが、そのまま辞めてしまう可能性も高いので、風俗店としては経験者を望んでいます。
「災い転じて福となる」という諺ではありませんが、転んでもただでは起きないようなしぶとさも大切でしょう。

どうせならしっかり稼ぎたい

お金 金オナクラであっても風俗嬢としてデビューする女性の多くは稼ぎたいと言う明確な目標があるはずです。
単に興味本位で風俗店の応募をする女性は多くないでしょう。

先ほど述べた通り、箱ヘルとオナクラを比べれば箱ヘルの方が稼げる条件が揃っています。
せっかくのチャンスは生かさないともったいないとも言えるでしょう。
稼げる箱ヘルを紹介してもらったのです。
稼ぎたいという目標を達成するまでの期間は、給料が高い箱ヘルの方が短いはずです。

箱ヘルは短期集中で目標達成を可能にします。

本当のオナクラでは稼げない

オナクラで男性客が支払う料金は20分3千円という低料金のことも少なくありません。
40分でも6千円程度と1万円を割り込みます。
半分もらえたとしても時給換算で5千円を下回りますし、ロスタイムがあればもっと少なくなるでしょう。

アルバイト感覚でオナクラの風俗嬢として働いても、1日に1万円稼げないかもしれません。
これに対し、箱ヘルの客単価は平均すると2万円近くになります。
1人のお客さんだけで1万円近くの給料です。
どちらが有利かは言うまでないでしょう。

まとめ

嘘求人の風俗店は警戒すべきですが、実際に箱ヘルで働き始めるとオナクラよりずっと稼げます。
グループ店が嘘求人をすることは少ないですが、個人店では少なからずあることです。
他店舗が嘘求人で風俗嬢を集めているなら、対抗上仕方ないのでしょう。

面接の際に全てがわかるので、どうしても嫌なら面接を切り上げて帰ったほうがいいです。
ただ、風俗嬢としてしっかり稼ぎたいなら箱ヘルの方が有利なことも間違いありません。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする