ピンサロのパネル写真は顔出し必要?しないと指名入らない?

ピンサロやデリヘル、ソープなどの風俗の仕事では「パネル写真」と呼ばれる写真撮影が行われます。

パネル写真によっては風俗嬢の指名が大きく変わるので、できるだけ一番きれいな表情を顔出しで撮ってもらうことがおすすめ。
「でも顔バレが怖い…」と悩む女性が多いようです。
そこで今回は、ピンサロのパネル写真について、メリット・デメリットや顔バレしない写真撮影のポイントなどを紹介します。

ピンサロのパネル写真、顔出しOK?NG?

リスク覚悟で顔出しOK派

顔 ok「顔出しでパネル写真を出したらバレそうで怖い…」
多くの風俗嬢が同じことを考えています。

確かに顔出しで撮影された写真は、お店やネットなどで公開されるので、知り合いに見られると「あの人、ピンサロで働いているって」と噂話の的になってしまうかもしれません。
しかし顔出しをしている嬢は、NGの女性よりもはるかに指名が多く、稼げるのも事実。
万が一知り合いに「この写真、似ているけれどあなた?」と聞かれたら「いいえ、似ているけれど別人ですね」とサラッと流すという人もいます。
また最近は写真加工の技術も優れているので、顔バレしないようにモザイクや加工で修正するカメラマンがほとんどです。
撮影した写真に全く加工をしないということはあり得ません。
多少のリスクはありますが、売上げを考えてOKしている女性もいます。

パネマジでもバレるのが怖い!顔出しNG派

やっぱり顔出しをOKしてしまうと、恋人や知人にバレそうで怖い!
そんな人は顔出しNGでも大丈夫です。
しかし顔出しをNGにすると、どうしてもOKとしている人よりも稼ぎは低くなります。

ピンサロは他の風俗と違い、時給制度を採用しているお店ばかりですので、お客さんにつかなくてもお金がゼロということにはなりません。
また一度ネットに写真を載せてしまうと、完全に削除することはほぼ不可能です。
後々になってバレるリスクを考えると、やはり顔出しはしない、という決断もアリです。

パネル写真で顔出しするメリット・デメリット

パネル写真で顔出しするメリット

次はパネル写真で顔出しするメリットを紹介していきます。
顔出しでパネル写真を撮影するメリットは何と言っても売上げアップです。
やはりお客さんは顔を見て「この女性で」と指名したいので(たとえそれが別人のような加工でも!)、顔出しNGとしている女性との差は歴然です。

また顔出しをするとお店での待遇も良くなったり、店長からお気に入りになって可愛がられるなど、待遇面でもメリットが大きいところもあります。

パネル写真で顔出しするデメリット

パネル写真で顔出しをするデメリットは、知人にバレる可能性が高くなるということ。
しかしバレ対策としてメイクや髪型を大きく変えたり、写真に加工することで「よく似ている別人」とごまかすことはできます。

またお店によっては、退店した女性の顔写真をネットにアップしたまま、削除しないというお店もあります。
お店を辞めたら必ずホームページを確認して、写真を取り下げているかチェックしておきましょう。

パネル写真で顔出ししないメリット・デメリット

Good, Badパネル写真で顔出ししないメリット

次はパネル写真で顔出しをしないメリットを紹介します。
パネル写真で顔出しNGにする最大のメリットはやはり安心感。
顔出しをすることで「知り合いにバレたらどうしよう…」と常にビクビクして働くよりは、顔出しNGにしてしまう方が気持ち良く働くことができます。
どうしても気乗りしないのであれば、顔出しNGにしても大丈夫です。

その代わりネット指名などの収入は期待できませんので、その分サービスで頑張るしかありません。

パネル写真で顔出ししないデメリット

上記の「メリット」欄でも少し紹介しましたが、男性客はインターネットで写真を下調べしてから来店する人が多いです。
そのため顔出しNGにしてしまうと、新規のお客さんからの指名はほぼないと考えておきましょう。

とは言え、顔出しの有無は入店した直後にのみ差が生まれるものです。
仕事をこなしていく内に手堅いお客さんがつくかどうかは、女性のサービス精神にかかってきます。
顔出しはどうしても嫌なら無理に出さなくてもOKです。
いかにお客さんに指名をもらえる嬢になるかは、あなたの腕にかかっています。

これで顔バレしない?写真撮影のポイント4選

ほくろやタトゥーは修正

タトゥー最後に、顔バレしないための写真撮影のポイント4選を紹介します。

顔バレする時は、体のほくろやタトゥーによってバレることが多いようです。
特にタトゥーは、全く同じデザインになることはまずありません。
写真撮影の際は必ずタトゥーが写らないように撮ってもらうか、加工で消してもらうようにしてください。

撮影用の下着、アクセサリーを身につける

風俗で働いていることがバレた理由として、「普段身につけているものからバレた」ということが多いようです。
パネル写真を撮影する時は、普段身につけているアクセサリーや下着は使用せず、できるだけ普段の自分の趣味から大きく離れたようなものを身につけると、バレにくくなります。
また普段の生活でのアドバイスですが、仕事用の道具(デリヘル嬢ならイソジンやローションなど)を見られたことで、風俗の仕事をしていることがバレた、という話をよく聞きます。
仕事に関係するものはロッカーにしまって持ち歩かないようにすると、身バレの可能性が低くなります。

顔部分を手で隠す、モザイクを入れてもらう

風俗サイトのパネル写真を見てみると、手で目の部分を隠して撮影したり、モザイクを入れた写真をアップしているものがたくさんあります。
お店側も、風俗嬢が写真からの身バレを心配していることは充分に理解しています。
念のために、撮影の際にはカメラマンに「身バレが怖いので、顔はできるだけ隠して撮影して下さい」と念押ししておくようにして下さい。

万が一、「それじゃあ売れないよ」「顔出ししないと無理だよ」など、顔出しを強要するようなお店だったのなら、入店は辞退した方が賢明です。

「パネマジ」を利用!?一発勝負で大幅加工

「パネマジ」とはパネルマジック、つまり写真の加工や修正のしすぎで「誰だ!?」
と言いたくなるほど加工をした写真をアップしている女性もいます。
実際はぽっちゃり体型なのにキュッとくびれた腰を作ったり、実物の目より倍近い大きさに加工したり…。
パネマジは男性客からの評判が悪いものですが、これを逆手にとってあえて過剰な加工をする嬢もいます。

遠方からの出稼ぎ風俗嬢がよく使う手段で、過剰な加工をして実物より数割増しの美人にすることで、ネット指名を増やそうとする狙いがあるようです。
出稼ぎの場合、長くても数ヶ月ほどしかお店に在籍しないので、リピート客を増やす必要がありません。
もちろん身バレを防ぐという意味合いで過剰な加工をする嬢もいますが、どちらにしても男性からの評判は悪くなるので、参考程度に留めるようにして下さい。

まとめ

ピンサロのパネル写真について、顔出しのメリット・デメリット、また身バレしにくくなるパネル撮影のポイント4選などを紹介しました。
実際のところ、パネル写真でピンサロ勤めがバレることはほとんどありません。
ピンサロ勤めがバレるのは、本人が他の人にバラす、金遣いが荒くなるなど、日頃の言動から「あの人、風俗で働いているのでは?」と疑われることが多いようです。
顔出しOKでもNGでも、要は自分の働く意志とサービス精神にかかっています。
どちらを選んでも、気持ち良く仕事ができるように努力するようにしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする