ホテヘル嬢の年収は?出勤日数やバックなどの細かい条件も公開

ホテヘルと呼ばれる風俗形態は、それほど多いわけではありませんが、繁華街にはよくあるお店のひとつとなっています。
ごく一般的な風俗であるデリヘルと比較すると、店舗の有無で違いがあり、箱ヘルと比較するとプレイをする場所がホテルか店舗内かという違いがあります。
いずれにしても、ホテヘルと呼ばれるお店はそれなりに数があり、風俗で働こうとするときは選択肢の一つにあがってくるのではないでしょうか。
そんなホテヘルですが、本腰を入れて働こうと思ったときに気になるのが年収ですよね。

特に、風俗をメインの職業としてやっていこうと思っている女性にとって、年収はかなり重要な要素だと思います。
そこで、ここではホテヘル嬢の年収についてのアレコレを詳細に解説していきたいです。
これからホテヘル勤務をしようと思っている人は、是非参考にしてみてくださいね。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ホテヘル嬢の年収は?

お金どれくらい稼げるの?

一般的にいって、ホテヘルはデリヘルよりも年収では低くなりがちです。
というのも、ホテヘルはホテルを利用する関係から雑費が少々高くなってしまうので、その分だけ収入が落ちてしまいます。
とはいえ、昼の職業と比べれば収入の金額は段違い。

デリヘルと比較しても、大幅に遅れを取るわけではありません。
気になる年収ですが、風俗の仕事に対して年収○○万円、と明確に提示するのは難しいことです。
なぜなら、ホテヘルに限らず風俗の仕事は出勤日数やお店のランクによって大きく変わってくるので、もちろん年収も変わってくるからです。
よって、ホテヘルでも普通のパート程度の年収しか得られない人もいれば、普通に働いていては到底手の届かないような年収を得ている人もいます。

条件を指定して年収を提示するのであれば、例えば週に4日出勤、8時間勤務、中級店で平均的な指名数だとすると、大体月に60万円。
年収は840万円ということになります。
もちろん、ホテヘルの仕事は精神的にも肉体的にもきつい仕事なので、1日8時間働くのは適正がいります。
その上、年がら年中仕事が来るとは限らないので、必ずしも840万円という年収を得られるわけではありません。

それでも、中級店でそれなりに働いていれば年収500万円はそれほど難しい額ではありません。
もちろん、激安店であればそれよりも年収が低いかもしれませんし、高額店であれば年収1000万円以上を得ることも可能でしょう。
ひとえにホテヘルといえども、お店や条件によってその年収には上述したように非常に大きな開きがあるのです。
ただ、どうせ勤めるのであればより高い年収を得たいという人がほとんどでしょう。

事実、たくさん収入を得ることができなければわざわざ風俗で勤めないという人がほとんどだと思います。

ホテヘルで年収をあげるためにはどうすればいいの?

お金 グラフホテヘルで年収をあげるためには、いくつかの方法が存在します。
以下に、その方法についてまとめていきたいと思うので、是非参考にしてみてくださいね。

バックの高いお店や客入りの良いお店に勤める

最も簡単かつ簡潔に年収をあげる方法です。
上述したように、ホテヘルの年収はお店に大きく依存します。
なので、今いるお店よりもバック金額の高いお店にいけば、当然年収は大きく上昇するでしょう。

とはいえ、ランクの高いホテヘルは当然採用基準も厳しくなってきます。
ただ、容姿にそれほど自信がなくとも気立てがよかったり、ほかの女性にはない強みを持っていたり、お店のカラーにぴったり合致していたりすれば、高級店に採用されることは十分にあるでしょう。
もし今勤めているお店に不満があるのならば、移籍を考えてみてもいいかもしれませんね。
また、客入りのよいお店に勤めるのも年収をアップさせるよい方法です。

積極的に広告をうっているお店や、インターネットでの評判がよいお店は特に客入りがよくなりがちです。
多少バックが低くとも、お茶が一切ないようなお店に勤めれば、よりたくさん稼ぐことができるのではないでしょうか。
もしお店を変えるのなら、バック金額はもちろんのこと、必ずお店の客入りも調査しておきたいところですね。

出勤日数を増やす

単純に出勤日数を増やすのも、年収を増やすよい手段の一つです。
たくさん出勤すればたくさん稼ぐことはできるのは当然のことでしょう。
とはいえ、あまりにも出勤しすぎると今度は身体を壊すことになりかねません。
特に風俗の仕事は人によって負担の度合いが全く違ってくるので、最高でも週4日程度の出勤が理想です。

また、大学生だったり、昼の仕事を同時にしたりしているせいであまり働けないという人は1回あたりの出勤時間を延ばすといいでしょう。
もしくは、働く時間を客入りがよい時間に移すのも手段の一つです。
いずれにしても、出勤日数を増やすことはそれだけで年収を増加させることができます。

接客態度を努力する

サービスの質を向上させることも年収の上昇に繋がります。
というのも、サービスの質を向上させると指名が増え、指名が増えるとランキングがあがってまた指名が増え……という正の螺旋を描くことができるのです。
ホテヘルでしたら、フェラチオの方法を工夫したり、恋人接客をしてお客さんの心を射止めたりと、指名の増やし方はたくさん存在します。
サービスの質を向上させるためには努力が必要なこともありますが、それでも年収を増やすためには重要なことです。

ほかにも、普段の接客態度を改めるのも1つの手段でしょう。
特に、全く指名が来ない、写真指名しか来たことがないという人は、致命的に接客態度が失礼なものになっている可能性があります。
そうした点にも気をつけて接客をするようにしましょう。

対応可能なオプションを増やす

チェックリストホテヘルでは、多くの場合で大量のオプションが設定されています。
例え基本料金が激安であっても、お客さんにたくさんオプションをつけてもらえれば基本料金の2倍以上の金額になることも珍しくないのです。
しかし、対応できるオプションが少なければそのように稼げる機会もかなり減ってしまいます。
よって、対応できるオプションを増やすことはそれだけでも年収を増やす要因になるのです。

特に、ほかの人がやりたがらないようなハードオプションは、年収をあげたいのであれば対応可能にしておくべきでしょう。
ハードオプションは対応可能な女性が少なく、それを目当てで何度も指名するお客さんも少なくないのです。
さらに、ハードオプションは当然オプション料金が高めなので、うまくお客さんを満足させることができれば、プレイのたびにオプション料金と指名料を得ることが出来ます。
なので、精神的に負担がかからないのであれば、対応可能なオプションを検討するのは年収をあげるためにとてもよい手段の一つなのです。

ホテヘル嬢の年収のまとめ! 自分の努力次第であげることができる!

ホテヘル嬢の年収は、努力次第で上下します。
もちろん環境も1つの大きな要因のひとつですが、一番は本人がどの程度頑張っているかというところに集結するでしょう。
ただ、ホテヘルは働けば働くほど年収があがる仕事ですが、つらい仕事だということも把握しておきましょう。

貧困が理由でホテヘルをしているのであれば、自分が貧困から抜け出す程度働くに抑えておきたいところです。
なぜなら、目的以上に稼ごうとすると無理がたたって体を壊してしまうこともあるからです。
自分が思っているよりも精神的、肉体的に酷使する仕事であるため、自分の限界を把握しておきましょう。
そのためにも、働く前からどの程度の年収を得ることができるのか、求人サイト等を見て計算しておきたいところです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする