熟女風俗店の客って高齢者ばっかり?プレイに気をつかう?

熟女風俗店に来るお客さんは高齢者が多いのでしょうか?
そして、高齢者の場合はプレイをする上でどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

年齢がいくつであろうと、お客さんはお客さんです。
とはいえ、高齢者の中には気難しい人がいたり、なかなか勃起をしなかったりする人も少なくありません。
そんなときの扱い方についても紹介をします。

熟女風俗店は高齢者が多い

高齢者風俗店のお客さんンとしてシニア層は意外と多いです。

高齢者であっても性欲が盛んな人は珍しくありません。
とはいえ、なかなかパートナーが応じてくれなかったり、女性と知り合う機会がなかったりします。
そこで、風俗店へと来るのです。
60代はもちろん、70代、中には80代というお客さんもいます。

とくに、熟女風俗店のお客さんは高齢者が多いです。
高齢者にとって、熟女と言われる年齢の風俗嬢であっても、まだまだ若い女性という位置づけです。
逆に本当に若い女性が多い風俗店では若すぎて孫を相手にしているような気分になってしまう、話が合わないと敬遠することが多いです。
お客さんに高齢者が多いのか、実際にどれくらいの割合なのかが気になる場合は面接のときに質問をしてみましょう。

高齢者でもお客さんはお客さん

高齢者であっても、良くも悪くもお客さんであることには変わり在りません。
過剰に身構えたり、期待したりしないようにしましょう。

高齢者でも性欲はある

風俗店にお金を払ってきている時点で、高齢者であっても性欲に溢れていることには変わり在りません。
高齢者だからといって、頼まれてもいないのに性的なプレイよりも雑談タイムを多めにとろうなどとすると手抜きだと言われてしまうでしょう。

年寄り扱いはしない

熟女風俗嬢だからといって中年女扱いをされたくないのと同じように、高齢者だからといって年寄り扱いを嫌がるお客さんは多いです。
風俗店に来るお客さんは実際に中身が若々しいことも多いですし、そうでなくても、若々しさを証明したいと考えています。
おじいちゃん呼ばわりをしたり、過剰に大丈夫ですか?を連発したりすると気分を害してしまうことがあります。

金持ちとは限らない

財布 coin高齢者だからといって、みんながみんな金持ちというわけではありません。
高級店で頻繁で遊んでいるような高齢者ならともかく、シニア割引を利用していたり、料金の安いお店でばかり遊んでいたりするようなタイプはそれほど裕福ではありません。
嫌いなタイプだけれど、お金を持っていそうだから我慢をしようというのは無駄になりがちです。
むしろ、綺麗に遊べない高齢者は貧乏であることの方が多いです。

高齢者に多いタイプと扱い方

高齢者であっても、基本的には普通のお客さん、普通の男性です。
とはいえ、高齢者ならではの傾向もあります。
タイプ別の扱い方について紹介をします。

勃起しづらい、射精しづらい

高齢になると性欲はあってもなかなか勃起をしなかったり、射精できなかったりすることがあります。

稀に、風俗嬢の裸を見たり、肌を触ったりするだけで満足してくれるお客さんもいたいりしますが、お金を貰っている以上なるべく、勃起、そして射精を目指しましょう。
お客さんの中には勃起や射精ができないのを年齢のせいではなく、風俗嬢のせいにしてくる人もいます。
勃起や射精を促すためには性感マッサージが有効です。
性感マッサージのコツは性器の周りから性器に向かって血液を集めるようにマッサージをすることです。

お客さんが緊張をしていることもあるので、フェラや手コキばかりに集中するのではなく、時々目を合わせて笑いかけたりして緊張をほぐしましょう。

気難しい、暴言を吐く

高齢者の中には気難しかったり、暴言を吐いたりする人もいます。
男尊女卑の考え方が染みついていたり、風俗嬢を徹底して下に見ていたり、考えが凝り固まっていたりします。
正論を言っても、矛盾を指摘しても相手をより不機嫌にさせてしまうばかりです。

同意と相槌を打つことが苦にならないのならば、楽なお客さんとして扱えますが、どうしても我慢できない時はNG客にしてしまいましょう。
我慢していてもたいして稼げない上に、病んでしまうだけです。

乱暴なプレイやシツコイプレイをする

自身が思うように勃起や射精ができないのをごまかす為や、若さを証明するために乱暴なプレイやシツコイプレイをしてくる高齢者もいます。
なかには女性には激しくすればするほど気持ちが良くなると思い込んでいる人もいます。

「こうしてくれた方がもっと気持ちいい」「乳首を摘ままれるよりも胸を揉まれるほうが好き」などと伝えましょう。
それでも改めてくれない場合はNG客にします。

ニオイが気になる

高齢者になると、鼻が利きにくくなったり、衛生観念が希薄になったりしてしまう人は多いです。
加えて加齢臭もしてきます。

見るからに不潔である場合はNG客にしましょう。
加齢臭に関しては働いているうちにだんだんと気にならなくなっていくことが多いです。

耳が遠い

高齢者の中には耳が遠い人も少なくありません。
耳元で怒鳴るようなことを繰り返して雰囲気が悪くなるようならば会話によるコミュニケーションは諦めてしまった方が楽です。

にっこりと笑い、ベッドに誘ってしまった方が、お客さんも喜びます。
筆談の用意をしておくのも有効です。

妄想を抱いているお客さんも多い

イメージ高齢者のお客さんの中には風俗嬢とイメクラのようなプレイをしたいと望んでいるお客さんも多いです。
高齢者が熟女の風俗嬢に求める役割として多いのが、妻や恋人の若い頃や息子の嫁です。

「妻の若い頃に似ているから指名した」などと言われた時にはチャンスです。
高齢の常連さんとのプレイがマンネリ化してきたらごっこプレイに誘ってみましょう。

共通の話題がない

高齢者とは趣味も共通の話題もない、何を話していいのか分からないということは多いです。
まず無難なのが天気の話題です。
それから時事問題です。
ニュースはチェックしておくようにしましょう。
また、出身地の話題も鉄板です。
「どこの出身ですか?」
と聞くだけで出身地だけでなく家族構成や子供の頃に好きだった遊びやその土地の名物まで語りだして、あとは相槌を打つだけで良くなったりすることもあります。
しかし、若いころにあまり良い思い出がない人もいるので、嫌そうな顔をされたのならばそれ以上は触れないようにしましょう。

体調不良になってしまうことも

高齢者の中にはプレイ中に体調不良になってしまうこともあります。

中にはバイアグラを服用してくるお客さんもいます。
お客さんの呼吸や顔色が悪くなってしまってもパニックにならないようにしましょう。
お店のスタッフに連絡をし、場合によっては救急車を呼びましょう。
怖くなって逃げてしまうとより自体を悪化させてしまいます。

熟女風俗店のお客さんは高齢者が多い。高齢者でも男は男

熟女風俗店には高齢者のお客さんが多いです。
高齢者にとっては熟女風俗嬢であっても充分に若い女性です。

中には80代もいますが、風俗店に来ている以上、男性であって、お客さんであることには変わり在りません。
必要以上に苦手意識を持つ必要はありません。
性欲を解消したいという目的は若いお客さんと同じです。
とはいえ、高齢者の中には勃起しにくかったり、気難しかったり、乱暴だったりする人もいます。

高齢者だからといって、お金を持っているとは限らないので、我慢できないようならばNG客にしてしまって構いません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする