手コキ専門店はタトゥーやピアスなどがあっても衣服を脱がないから大丈夫

今回のテーマは手コキ専門店についてです。
手コキ専門店ではタトゥーやピアスがあっても衣服を脱がないので大丈夫、と言う事をメインにこれから色々と書いて行きたいと思います。

選択肢

今回の風俗ジャンルは手コキ専門店です。
手コキ専門店で女の子が何をするかと言いますと、これはシンプルに手コキ、と言う事になると思います。
来店したお客さんに対して手を使って手コキの施術をする、言ってみればこれだけの事です。

つまり手コキ専門店において、働く女性は基本的には脱ぐ必要もなければプレイ中に客から触られる必要もありません。
ピアスよって今回のテーマである、手コキ専門店ではタトゥーやピアスをしている女性でも手コキと言う風俗ジャンル柄脱ぐ必要は基本的にはない為大丈夫である、と言う事になると思います。
タトゥーやピアスがあるけど風俗で働きたい、そう思った女性はぜひ選択肢の1つに入れてほしいと思います。
もちろん、手コキ専門店といえどお店にとってはタトゥーNGであったりピアスNGのお店も中には存在すると思います。

手にタトゥーを入れている女性も中にはいるでしょうからね、そして手コキだけといいつつ、オプションなどで客に触らせるサービスをしている店やトップレスになってもらうオプションなどがある店も中には存在する可能性があります。
よって、手コキ専門店だからすべての店が大丈夫と安心せずに、自分の働く店は大丈夫なのか、と言う事をしっかりと事前に自分で確認するようにしてほしいと思います。
働く女性の立場からすると様々な選択肢が働く前にあるのです。
そして自分の状況、と言うのも人それぞれにあるでしょう。

つまり、タトゥーやピアスの有無ももちろん大事な問題ですし確認する必要がありますが、今の自分の状況をまずは自分でしっかりと把握し、どの風俗ジャンルなら雇ってもらえるのか、仕事ができるのか、と言う事を根本的には考えて行く必要があると思います。
もし仮に自分にタトゥーがあったり、ピアスが空いていたとして、あっさりと店やジャンルを見つけて働ける人もいれば逆に中々店が決まらず思い悩む人、そして採用されたとしても稼げない人も中にはいると思います。
現実的には風俗業界であろうとタトゥーやピアスが禁止の店やジャンルと言うのは存在しますし、タトゥーやピアスが影響して手コキ専門店やそれ以外の店やジャンルであっても結果が残せない女性は沢山いるのです。
故にまずは自分が今の状況で働けるジャンルをしっかりと選ぶ、見つける、と言う事が先決だと思います。

そして自分が決めた選択肢でどこまで本気になって頑張れるのか、と言う事だと思います。
やはり風俗と言えど、基本は接客業なのです。
お客さんの持つ印象やイメージと言うのはとても大事になってきます。
タトゥーやピアスがあったとして、無い風俗嬢にしてもらいたいと客に言われればそれまでの話になってしまうのです。

お金自分で自分の稼げる可能性を潰してしまうことにもなりえるのです。
風俗で強がりや根拠の無い自信は確実に通用しません、一人のお客さんも無駄にはできないのです。
真剣に稼ぎたいなら尚更のことだと思います。
ゆえに、よく考える必要がありますし、選択肢、と言うのを見誤らないでほしいと思います。

本質

タトゥーやピアスがある状況で、手コキ専門店ではなく違うジャンルで風俗をしたい、と言う人ももちろん中にはいると思います。
そういった場合には事前に採用担当者によく確認を取る事が必須になってくると思います。
タトゥーやピアスと言っても、タトゥーの大きさやどの部位にどれくらいのタトゥーがあるのか、そしてピアスも大きさや数など人によって様々に状況が違ってくると思います。

そして同じ風俗ジャンルでも結局は店や採用担当者の判断で同じタトゥーやピアスでも採用不採用と言う判断が分かれてくると思います。
まずは自分のしたいジャンルが決まっていたり、気になる店があるなら、面接時や面接前の段階でしっかりと自分のタトゥーやピアスの詳細を伝える事をお勧めします。
間違っても隠したり、嘘をつく事だけはしないで下さい。
確実に印象が悪くなる可能性がありますし、もし後になってバレてしまうと自分が困ることになると思います。

何より信用や信頼と言うものがなくなってしまうでしょう。
タトゥーやピアスの件に関して、自分の中だけで自己判断をしたり、考えて勝手に結果を出したり決めつけるのではなく、まずは行動を起こして指示をあおぐようにしてほしいと思います。
そしてタトゥーやピアスと言うは女性にとっても客にとっても気になる問題であるとは思いますが、大事な事はあなたが何の為に風俗嬢をするのか、と言う本質的なところにあると思います。
何の為に風俗嬢をするのか、いつまでするのか、何ができ何ができないのか、どこまで本気になって仕事ができるのか、目標はあるのか、などしっかりとした軸が定まっていないとそもそも採用されたとしても長く風俗嬢を続ける事が出来なかったり、結果を残せないまま中途半端に終わってしまう、辞めてしまうケースも多々あるのです。

仮にタトゥーやピアスがあったとして、昼間の仕事はできない、だから夜しか働けない、風俗しかできそうにない、金が稼げそうだから、などと言う安易な考えで風俗業界に足を踏み入れてしまうと、必ず後で後悔することになると思います。
タトゥーやピアスがあっても働ける職種と言うのは沢山あります。
その中でなぜ風俗業界を選んだのか、自分の人生を消去法で決めないでほしいと思います。
タトゥーを入れたいから入れた、ピアスをあけたいからあけた、そして金の為に風俗嬢をする、手コキ専門店で働く、それはあなたの人生ですので自由に選択していいと思います。

誰の迷惑にもなっていません。
しかし、風俗業界とは接客業なのです。
金を払って来店している客を満足させる事ができなければ客に迷惑をかけている、必要とされていない、そして何より自分が稼げない、と言う事になるのです。
自分の事よりお客さんの事を一番に考える事が出来なければ間違いなく風俗業界で稼ぐ事はできません。

稼ぎ続ける事はできないのです、手コキ専門店とは数ある風俗業界の中でも特に客単価が安い事で有名です。
お金つまりどういう事かと言いますと、中々稼げないと言う事です。
なぜなら手コキなど言ってみれば誰にでもできるプレイだからです。
わざわざあたなに金を払ってしてもらう必要などないのです。

そして手コキ専門店とは手コキだけ、そして脱がなくてもいい、と言う条件故にライバルの風俗嬢も沢山います。
その中で結果を残して沢山指名をとり稼いで行く必要があるのです。
とても大変なことだと思います、故になぜ風俗嬢をするのか、と言う事をしっかりと明確にしておく事が大事ですし、目標を持っておく事が何より重要なのです。
手コキ専門店は一人の客単価が安いため、一日の接客人数と言うのは必然的に多くなってきます。

本気で稼ぐともなると一日に、そして一週間、一ヶ月のうちで何十人、何百人と手コキをし続けなければいけなくなるのです。
そしてそれを何ヶ月もして行く事になるのです。
自分にタトゥーやピアスがあるから手コキ専門店を選ぶ、ではなく他にも選択肢はあると言う事、そして自分が決めた道を貫く信念が要求されてくると思います。
自分で選択肢を見逃していたり、見て見ぬ振りをしているだけということもあるでしょう。

タトゥーやピアスと言う事よりも仕事、と言う捉え方をしっかりと再確認しておいてほしいです。
風俗業界とは結局どのジャンルをしたとしても大変です、客が満足しないと結果が出てこない仕事なのです。

まとめ

手コキ専門店ではタトゥーやピアスがあっても脱がないから大丈夫、と言う事について色々と書いてきました。

確かにタトゥーやピアスがある女性ですと手コキ専門店で働ける可能性は高いと思います。
しかし、人それぞれ状況が違いますし、そもそも採用というのはタトゥーやピアスだけで判断している訳ではありません。
何をもって大丈夫と言えるのか、と言う事が問われてくると思います。
手コキ専門店なら大丈夫、採用されるなどと安心せず、しっかりと事前に考え選択肢を見極めてほしいと思います。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする