ピンサロは基本生フェラ?完全コンドーム着用のお店もある?

ピンサロは風俗業界の中でも特に性病に感染するリスクの高い業種です。
特に生フェラをする女性ほど性病に感染するリスクが高いだけに、ピンサロ嬢は定期的に検査を受けるだけでなく、プレイの最中はできるだけコンドームを着用するなど、性病対策を講じておく必要があります。

ピンサロの性病感染リスク

ウイルス風俗といえばエッチなサービスを提供することで、短期的に高収入を得られる仕事として有名です。
ただ、利益が大きい一方で、性病に感染するリスクがあるだけに、風俗は非常にハイリスクハイリターンな仕事です。

ピンサロはそんな風俗の業種の一つで、他の風俗店と比べると安い料金で手軽に抜けるサービスという特徴があります。
ピンサロの仕事内容といえば、基本的に抜きのサービスとなります。
一応、注文すればお酒なども出してくれるのですが、主なプレイ内容はフェラとなります。
ピンサロは口、もしくは手を使ってお客さんの性欲を満たす仕事であり、それ以外のプレイ、例えば素股などは基本的に行われません。

そのため、一見するとソープやデリヘルなどと比べると性病のリスクが低そうに見えますが、実際にはその反対で、ピンサロは非常に性病の感染リスクが高い仕事です。
というのも、ピンサロは法律上、飲食店という扱いになっているため、お店にシャワー設備が存在せず、ピンサロ嬢は常に即尺に類似した状況下でペニスを口で咥え、フェラをすることになります。
たとえシャワーがなくとも、客層が良ければ性病のリスクも低くなるでしょう。
しかし、ピンサロのお店はそもそも料金が安めに設定されていることが多く、それだけにピンサロは低所得な男性であっても利用しやすく、客層が良くありません。

マナーや態度が悪いお客さんもいれば、明らかに不衛生そうな男性や、不潔で体臭がキツイ男性が来ることもあります。
それでもゴムの着用を義務づけているお店であれば、まだ性病の感染リスクは低いです。
しかし、生フェラのお店で働くと、ゴムを付けずにフェラをすることになるため、性病のリスクは否応なしに高まります。

完全ゴム着用の求人

いくら性病検査をしっかりやっているお店だからといって、ピンサロにシャワー室がない以上、生フェラは性病のリスクが高い行為なだけに危険です。
しかし、女性の中には風俗の仕事をしてでもお金を稼ぎたいという人もいることでしょう。
性病は怖いけれど、お金は稼ぎたい、そんな時は完全ゴム着用の求人を探してみましょう。
ピンサロの仕事は必ずしも生フェラでないといけないというわけではありません。

求人の中には完全ゴム着用の風俗店や、生フェラNGで働ける求人をもあります。
確かに生フェラと比べ、ゴムありでフェラをするとお客さんがあまり気持ち良くなれず、なによりペニスが勃起し辛くなるというデメリットこそありますが、ゴムを付けることで性病の感染リスクを下げることができます。
ちなみに、女性が性病を怖がるように、男性も性病には感染したくないと考えています。
完全ゴム着用の風俗店というのは、そんな性病に感染したくない男性からの人気が高いお店です。

それだけに、完全ゴム着用のピンサロだからといって稼げないということはなく、むしろ求人によっては好待遇をもって迎えてくれるところもあります。

ピンサロの性病対策

コンドーム完全ゴム着用のピンサロに勤務することで、性病の感染リスクを下げることは可能です。

ただ、女性の中には完全ゴム着用の求人が見つからず、仕方なく生フェラのお店で働くことになった女性もいるでしょう。
そのような生フェラのピンサロで働く場合、性病に感染しないようにしっかりと対策を講じておきましょう。
他の風俗嬢と違い、ピンサロは生フェラなどのプレイをする前にシャワーを浴びることができません。
そのため、生フェラのサービスを提供する前には、シャワーの代わりにしっかりおしぼりでペニスを拭き、洗い清めましょう。

さらに、生フェラでお客さんをイカせ、プレイが終了したら、できるだけ早急にイソジンを使って口内を消毒しましょう。
これらの対策に加えて、接客をする際にはできるだけお客さんの体調も逐一チェックしておきましょう。
特に体調の悪そうなお客さんは要注意です。
もしかしたら性病に感染している男性かもしれませんので、プレイをする前にお客さんの体調を確認し、本当に体調が悪いのであればお店に報告するなど、対処しましょう。

男性のみならず、ピンサロ嬢自身も常に体調を万全にする必要があります。
ストレスを抱え込んだり、疲れが溜まると体調が悪くなり、免疫機能が落ちてしまいます。
そうならないように、日ごろより免疫機能をあげる食事を心がけ、睡眠はたっぷりとりましょう。

性病の症状

いくらしっかりと性病対策を講じたところで、性病のリスクを完全に0にすることは出来ません。
性病検査をした結果、感染していることが発覚することもあるでしょう。
性病検査をせずとも、性病の症状が出た場合はできるだけ早急に病院に行き、検査を受け、そして治療に取り掛かりましょう。
ピンサロが感染しやすい性病といえば、クラミジアが有名です。

クラミジアに感染すると、おりものが大量に出る、アソコから異臭がする、性器に違和感や痛みがあるなどの症状が出ることがあります。
ただ、女性によっては症状が出ず、性病に感染していることに気付かないこともあります。
そうなるとクラミジアの発見が遅れてしまうので注意が必要です。
それだけに、性病検査キットなどを活用し、定期的に性病の検査をしておきましょう。

クラミジアは早期発見し、治療を始めれば、数週間程度で完治する性病です。
ジスロマックと呼ばれる抗生物質がクラミジアに効果を発揮します。
服用することで、体内にいる病原菌を時間をかけて死滅してくれるでしょう。
ただ、早く病気が完治したからといって無理は禁物です。

再発を防止するためにも、十分に身体を労わりましょう。

ピンサロのメリット

Ok, Good生フェラなどのプレイをするピンサロ嬢は性病に感染するリスクの高い仕事です。
しかし、その一方でピンサロの仕事は他の風俗店にはないメリットがあります。

まず、ピンサロは手軽に抜けるサービスということもあってか、一回あたりにおける料金が安い一方で、接客時間も短くなるという特徴があります。
ソープやデリヘルのような仕事の場合、1回あたりの接客時間が長期に及びやすいため、サービスやプレイはもちろん、会話などの接客スキルも求められるものです。
その点、ピンサロ嬢はプレイ以外のサービスや接客スキルを求められることがないため、男性と会話することが苦手という女性に向いている仕事となります。
さらに、ピンサロは料金が安いため、一見すると稼ぎ辛そうなイメージこそありますが、実際には時給制ということもあってか、安定して給料が稼げるというメリットがあります。

だいたい時給5000円以上のお店が多く、一人あたりの接客も早ければ10分、長くても60分程度で終わります。
仮に時給5000円のピンサロ嬢が1日5時間働いた場合、1日2万5000円の給料が入ります。
1ヶ月の間に20日出勤すれば、50万円の給料になります。
歩合制のソープやデリヘルと違ってピンサロは時給であるため、出勤すれば確実に稼げることでしょう。

接客が苦手で本指名される自信が無いという女性ほど、ピンサロは働きやすい業種となります。
それに加え、ピンサロは確かに生フェラなどのプレイこそありますが、その一方で素股はもちろん、本番行為もないため、生フェラさえしてしまえば他のエッチなサービスはしなくても良いという特徴があります。
それだけに、他と比べると女性の負担が少なくなります。
ピンサロの店内は薄暗いことが多く、服を着たままでも接客ができるお店もあるため、容姿や体型に自信のない女性や、見た目にコンプレックスのある女性であっても働きやすいというメリットがあります。

ただ、ピンサロによっては服を脱ぐお店もあるため、面接時にプレイ中は服を脱ぐかどうか、お店に確認しておいた方が良いでしょう。
確かにペニスをゴムなしで舐める生フェラは性病のリスクのある行為です。
しかし、ピンサロの中にはゴムを着用できるお店もあり、そういった性病対策がしっかりしているお店であれば必要以上に性病のリスクを心配する必要もないでしょう。
性病のリスクが低ければ、ピンサロは数ある風俗の仕事の中でも仕事内容が少ない、楽に稼げる仕事です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする