不正出血したイメクラ嬢の原因と治療・予防とは

不正出血とは生理以外のタイミングで、女性の性器周辺から出血が発生することです。
不正出血にはさまざまな原因がありますが、イメクラ嬢は普通の女の子よりも不正出血をしてしまう原因が多い職業です。
そこでこの記事では、イメクラ嬢が不正出血したときの原因と、治療や予防法をご紹介します。

イメクラ嬢は不正出血が発生しやすい?

質問イメクラ嬢に限らず、風俗で働いていると普通の女の子よりも不正出血をしやすくなるのは間違いありません。

やはりイメクラのお仕事は、性器に負担をかけるお仕事なので、生理以外のタイミングでの不正出血に悩まされているイメクラ嬢はとても多いのです。
もし不正出血をした場合は何らかの問題が発生したということなので、病院に行って診察を受けることをおすすめします。
例え不正出血がすぐに収まったとして病気が治ったとは限りませんし、自分で勝手に判断をしてしまうと後から取り返しがつかないことになってしまう可能性もあります。
なお、不正出血の量は病気の深刻さとは関係ありません。

出血が少ないからといって重い病気ではないとは限りませんし、出血が多いからといって大変な病気にかかっているとも限りません。
最終的には医者に診断をしてもらわないと、不正出血の理由を正しく見分けることはできないと考えておきましょう。
不正出血があるとお店に伝えれば、たいていはお休みをもらえます。
不正出血がある状態でサービスをして、お客さんにバレてしまったら不愉快な気持ちさせてしまうので、やはり働かないほうがよいのです。

それでも、どうしても働く必要がある場合には海綿を使いましょう。
海綿とは小さな綿で、性器に詰めれば血を吸収してくれます。
少しの出血であれば、海綿が血を吸ってくれるので、お客さんに不正出血がバレることもありません。
ただし、大量の出血であれば海綿では吸収しきれずに漏れてしまいますし、お客さんが指で性器を触った時に気づいてしまう可能性もあります。

また、海綿は一時的に不正出血を隠せるだけなので、必ず病院に行って適切な治療を受けましょう。

不正出血の原因と治療・予防法

イメクラ嬢が不正出血する原因はたくさんあります。
それぞれの原因と予防法、治療法を理解しておけば、不正出血を防ぐことができますし、不正出血した場合にも適切な対処が出来ます。

ピル

薬ピルを服用すると不正出血を引き起こすことがよくあります。

特に、ピルを飲み始めてしばらくは女性ホルモンのバランスが崩れやすくなっています。
イメクラで働くにあたって避妊のためにピルを飲み始める方は多いのですが、1シート目を飲んでいる間に4人に1人は不正出血をすると言われています。
だからこれからイメクラで働こう考えている方は、勤務開始の1ヶ月前くらいからピルの服用を初めるようにしましょう。
ピルは服用期間が長くなるほど身体に慣れてきて、不正出血が少なくなります。

ピルを飲み始めたばかりで不正出血をする場合はピルが原因である可能性が高いので、あまりにも不正出血が長期間続く場合は薬を処方してもらった病院で相談しましょう。

排卵出血

女性は排卵をするタイミングにも、出血をすることがあります。
20人に一人程度は排卵出血をすると言われています。
ただし、排卵出血をする女性はイメクラで働く前から不正出血をしているので、自分でも排卵出血であることをよくわかっています。

イメクラで働き始めてから不正出血をするようになった場合は、排卵出血の可能性はとても低いので、他の原因を探りましょう。

器質性出血

器質性出血とは、子宮や膣、卵巣などに病気があることによって引き起こされる不正出血です。
それぞれの部位ごとにさまざまな病気がありますが、この理由で不正出血をしている場合には出来るだけ早く治療する必要があります。
特に器質性出血で気をつける必要があるのが、子宮筋腫です。

子宮筋腫は成人女性の4人に一人がかかっている病気で、子宮の中にしこりやおできなどの腫瘍ができる病気です。
子宮筋腫の場合、レバーのような赤黒い血のかたまりが出ることが多く、腰痛や貧血も症状としてあらわれます。
とても多くの女性がかかる病気ではありますが悪性の腫瘍ではないので、しっかりと診察を受ければ投薬治療で治す場合が大半です。

機能性出血

機能性出血とは、女性のホルモンバランスが乱れることによって引き起こされる不正出血です。

機能性出血の場合は、特定の病気にかかっているわけではありませんが、肉体や精神の負担によって不正出血が発生しているということです。
機能性出血の原因になりやすいのはストレスです。
ストレスがたまると、女性はホルモンバランスが崩れてしまうので、不正出血が引き起こされます。
イメクラは普通のお仕事よりも精神的にキツイ仕事なので、これが原因で不正出血をしてしまうイメクラ嬢もたくさんいます。

予防法としては出来るだけストレスを溜め込まないようにすることなので、仕事以外の時間で自分の趣味を楽しむようにしましょう。
お店と相性が悪くてストレスになってしまうこともあるので、ツラければ違うお店に移籍するのも選択肢として考えておきましょう。
また、ダイエットによって身体の栄養バランスが崩れて不正出血をしてしまう女性もたくさんいます。
とくに極端なダイエットをすると不正出血を引き起こしやすいと言われています。

イメクラ嬢として働いていると生活リズムが乱れて、どうしても夜食をとってしまい体型が気になるという方もたくさんいます。
だからといって極端なダイエットをして体調を崩してしまい、お仕事を続けられなくなってしまわないように気をつけましょう。

更年期障害

女性は更年期になるとホルモンバランスが崩れます。
これも不正出血の原因になるので、特に40代以上の女性が不正出血をした場合は、更年期障害かもしれないと考えましょう。

なお、若くても更年期障害になる場合はあるので、常にイライラしてしまうなどの症状があらわれたら病院に行って診察してもらいましょう。

不正出血の対処法

出血女性は、さまざまな理由で不正出血をするので、一度は不正出血をしたことがある方も多いでしょう。
だから不正出血をしてもしばらく様子を見て、おさまったら病院に行かない方もたくさんいます。
たしかに多くの不正出血は一時的なものですが、出来る限り病院に行って診察を受けましょう。

病院に行くと、まずは問診で不正出血の量や頻度を質問されます。
そして、超音波器具で子宮を観察する超音波検査か、膣の中に器具を入れて細胞を検査します。
深刻な病気ではなければ、止血剤などを処方してもらって経過を見ることになります。
重い病気だとわかった場合は、お医者さんと相談をして入院や手術のスケジュールを決めることになります。

どうしても仕事をしないといけないなどの事情があれば、余程深刻な状態ではない限り手術のスケジュールは調整してもらえるので、正直に自分の状況を伝えてお医者さんと相談しましょう。

まとめ

イメクラ嬢が不正出血したときの原因と、治療や予防法をご紹介しました。
もし不正出血があった場合は、この記事で紹介したどの原因にあてはまるのかを調べてみましょう。
あまり深刻ではない場合には、海綿を入れて働き続けることもできます。

とはいえ自分の判断で100%不正出血の原因を究明することはできないので、可能な限り病院に診察を受けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする