ホテヘルの日給と日給保証の金額を解説

ホテヘルは移動時間が短く、効率よく稼げる風俗店です。
他の風俗店同様に日給保証がありますが、無条件でもらえるのではなく、接客がよく出勤日や指名数が多い場合に限られます。
このような日給や保証の条件は、面接の際に確認すべきでしょう。

ホテヘルって稼げるの?

ホテヘルとデリヘルは言葉も仕事内容も似ているため違いが判らない人も多いようです。
デリヘルはお客さんの言われた場所に出張して接客しますが、ホテヘルはお店が指定したホテルで接客をします。
ホテヘルはデリヘルのような長い移動時間がないので、効率よく稼ぐことができるメリットがあります。
両者ともにサービス内容は同じですから、1人のお客さんごとにもらえる給料はほぼ同じです。

それならばデリヘルよりホテヘルの方が有利に稼げるのは当然でしょう。
ただ、ホテヘルは12時までしか働けない点と、店舗数が少ない点がデメリットです。

デリヘルより効率的

お金このようにメリットもデメリットもあるホテヘルですが、移動時間がないというメリットは大きいです。
比較的ホテヘルの数が多い池袋の場合、お客さんの数も多いので12時までという限られた時間内で大きく稼ぐことができます。

デリヘルの場合、交通渋滞などで移動時間が長くなり、接客できるお客さんが減ってしまうデメリットは無視できません。
また、お客さんは必ず事前に店舗に来ますから、実際に接客する前にお客さんの顔をコッソリ確認することができます。
デリヘルに比べて、確実に知人バレなどを防ぐこともできる点は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

日給は貴女次第

さて、気になる日給ですが、ホテヘルでお客さんが支払う金額は2万円程度です。

そのため一人のお客さんでもらえる給料は1万円程度と考えていいでしょう。
お客さんは夜の時間帯が多いため、午後8時から12時までフルに稼いで4万円でしょうが、実際には3万円程度と考えたほうがいいです。
もちろんもっと長く出勤できれば日給は上がります。
ただ、実際に稼ぐためにはお客さんが「選んで」くれる必要があります。

アルバムの写真を良くしたり、接客をよくして指名客を増やしたりする努力が大切です。
結局、日給は貴女次第ということになります。

接客に気を配ろう

接客とはいえ、基本的なところはお店の研修があります。
その通りやっていれば間違いありません。

ただ、お客さんを大切にして自分の恋人だと思ってあげることで、お客さんの満足度は上がります。
お客さんの満足度が上がれば、次回指名してくれる可能性は上がります。
指名が増えればバック率が上がることがほとんどなので、給料が増えるでしょう。
笑顔で応対したり、お礼の写メ日記欠かさなかったりするだけでも、ずいぶんと違いがあります。

こうすることで自分の日給を上げていくことができるのです。

日給保証は本当か?

では、風俗求人情報の日給保証というものは本当にあるのでしょうか。
嘘求人が少なくないとも言われる風俗求人なので、実際はもらえないかもしれないと疑心暗鬼の女性も多いかもしれません。
しかし、ホテヘルの日給保証は本当にあります、ただ、無条件ではありません。

日給保証は稼いでくれる女性に最低の給料を保証することが目的です。
また、新人風俗嬢が独り立ちして稼いでくれるまでのサポートという理由もあります。
いずれにせよ、無条件に日給保証が適用されるわけではないのです。

条件があります

チェックリストこのような条件があるのは「タダ取り」されることを防ぐためです。

お店の本音としては日給保証を出したくありません。
売上がないのに給料を支払ったら経営が成り立たないからです。
しかし、理由があるから出しているのです。
その理由が先ほど述べた、稼いでくれる女性への最低給料の保証であったり、新人風俗嬢のサポートだったりするのです。

指名の数が少なかったり、出勤時間や出勤日が少なかったりする女性に日給保証をしていたらお店の経営は本当に成り立たなくなります。

新人は保証してもらえる

新人風俗嬢は風俗の仕事を知らないので、最初はお客さんに満足してもらえる接客ができません。
お客さんのペニスに歯を当ててしまって痛がられることも少なくないでしょう。
ただ、次第に慣れていきますから大丈夫です。

とはいえ、慣れないうちはお客さんからの指名も少なくフリー客を回してもらえたとしても給料が少ないことが多いです。
これが理由でお店をやめてしまう事も少なくありませんが、せっかく研修をしてこれからという時期に辞められるとお店としても大損害でしょう。
新人の対象防止策も日給保証を出す理由です。

該当する風俗嬢は保証不要のことが多い

新人でなければ日給保証の対象者は多くありません。

自由出勤という言葉通り、出勤日数などは自分で決められますから出勤日数が少ない女性が多いのです。
また、出勤日数が多くても、接客が下手だったり、努力をしなかったりする女性は存在します。
そのような女性は日給保証の対象外ですから、実際に日給保証の対象になる風俗嬢の多くは、日給保証が必要ないことが多いです。
日給保証は一種の保険のようなものだと考えていいのではないでしょうか。

日給保証から巣立つ日

新人のうちは日給保証をもらえても、新人期間が永遠に続くわけではありません。
自分より後で入店した新人が増える頃には自分の新人期間も終わりが近づいているでしょう。
その時までに自分の接客技術を上げて、お客さんに満足してもらえるようにする必要があります。
お客さんからの評判が高いと、指名が増えるだけではなくフリー客を優先的に回してもらえるでしょう。

迷っているお客さんに男性従業員が自分を推してもらえることも多くなるはずです。
こうなれば日給保証をもらう機会は減るでしょう。

新人の間は仕方ない

新人期間の日給保証はお店側もやむなしと考えています。
これはホテヘルも同じです。

ただ、新人期間をどの程度に設定するかはお店によって判断が分かれます。
慣れないうちは同じ時間で応対できる男性客の数も少なめになりますが、お客さんの数が多ければ慣れるまでに時間はかかりません。
他の新人風俗嬢がどの程度の期間で一人前になったかによってお店も新人期間を決めているようです。

もらえる間に技術を磨こう

とはいえ、新人のうちは優先してフリー客を回してもらえるため、日給保証の対象になることも少ないかもしれません。

新人保証をもらえる期間は長くないので、その間に自分の接客技術を向上させることが必要です。
ただ、1人でも多くのお客さんを接客することで、自然となれるため心配はいらないでしょう。
もっとも、接客には人柄が出ます。
いい加減な態度で接客をしていると、男性客はすぐに反応するものです。

当然いい気持ちで帰らず指名客にはなりません。

うまく巣立てばランカー嬢

ランキングこれに対し、お店の指示通り接客し、笑顔で応対したり、お礼の写メ日記をマメに書いていたりすれば自然と人気は上がります。
日頃の心がけ次第で男性客が受ける印象は大きく違うでしょう。
60分のサービス時間が終わった後で、「また来たい」とか「もう終わっちゃったの」と思わせることが次回の指名獲得への秘訣です。

ホテヘルで月給50万とか100万とか稼いでいるランカー嬢は実際にいるのです。

まとめ

ホテヘルの日給保証は2万円とか5万円とか魅力的な数字が並んでいます。
お客さんがいなくてもその給料はもらえるのですから、確かに魅力的でしょう。

ただ、日給保証を出すホテヘルには理由があります。
お店の来店客が少ないと、しっかり働いてくれる女性も稼ぐことができません。
そんな際の「お詫び」としての意味合いがあります。
「優良」風俗嬢を失望させたくないからです。

しかし、やる気のない娘に保証を出す理由もありません。
このことは知っておくべきでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする