手コキ風俗でやたらと罰金を取るお店は辞めた方がいい理由

何かと話題になる「風俗には罰金制度があるのか」と言う疑問。
せっかく高収入が得られる風俗の仕事を選んでも、何かのミスで罰金を請求されてしまったらたまりません。
ここでは、何かにつけて罰金を取ろうとしてくる手コキ風俗店などを例に、罰金を科すお店を辞めるべき理由を紹介します。

風俗業界における罰金

お金求人を見ると「ノルマ・罰金一切なし」等の文言を良く見かけます。
何かミスをして罰金を支払わなければならなくなったらどうしよう、と考えている風俗嬢は多いでしょう。
罰金と聞いただけで身震いするのも、風俗業界に身を置くなら誰しも経験する事と言えます。

結論から言うと、罰金制度は基本的にありません。
月に何本以上の指名を取れなかったからいくらの罰金だ!と言われるような事は、まず有りません。
昔ならいざ知らず、現在においてはほとんどのお店が罰金制度を設けていないのです。
悪質店ならば話は別ですが、一般的なお店なら罰金を請求してくる事はないのが実際です。

大手や老舗はもちろん、個人経営の様な極めて小さいお店であっても罰金を取りたてる事は有りません。
しかし、「基本的に」と言った以上、罰金を支払ことになりかねないケースもあります。
罰金が請求される行為は、以下の通り。
●遅刻・当欠・無欠
●店外デート
●裏引き
●本番バレ
まず遅刻など。

これは風俗業で無くても、社会常識に照らして好ましい行為ではありません。
ですが、これらの行為を犯したからと言って、必ずしも罰金が確定と言う訳でもなく、あくまでもお店次第です。
寝坊したため出勤時間を過ぎて出てきた、何の連絡も無しにドタキャンしたなどの問題行為が続くと、お店はもちろんお客さんにも迷惑がかかります。
お店の信用にもかかわるとても重大な事柄なので、これらは絶対にNGです。

1回目は見逃してもらえても、2回、3回と続けば「やむを得ず」罰金を請求される可能性もあります。
あまりにひどければ、最終的には解雇されるでしょう。
次に店外デート。
読んで字のごとく、お店の外でお客さんと嬢がデートする事です。

多くのお店では、お客さんと店外で接触してはならないと言うルールが存在します。
仮に発覚すれば罰金、と言う流れ。
お店の中だからこそトラブルが無かったものの、外の事になると嬢に何があるか分かりません。
とてもリスキーな事ゆえに、お店は厳しく店外で会う事を禁じています。

続く裏引き。
これは嬢がお店の外でお客さんからお金を受け取る行為です。
こちらも店外デート同様に厳しい処分が科せられ、最悪の場合、解雇です。
お店を通さずお金を受け取ると言う事は、受け取った金額がまるまる嬢の懐に飛び込んできます。

男性 スーツむしろお店で会うと無駄なお金をお店に取られる事になるからと、嬢の方からお客さんに裏引きを持ちかけてくる事もあるそう。
店外デートと同じく、店の外の事なのでお店は対応できませんし、そもそも規則を破っているので助けてくれないかもしれません。
お客さんに乱暴されたりしたら、助けを呼ぶ術もないので非常に危険です。
上手い話にまんまと乗ってしまい、逆に嬢がお客さんからお金を騙し取られる事もあり得ます。

お金欲しさに安易に裏引きしてしまうと、最悪の場合、解雇されてしまいます。
本番バレは、本来なら禁止されているはずの本番行為が発覚してしまう事です。
ソープを除く風俗業で本番をしてしまうと、お店は摘発されてしまいます。
そうなると働けなくなるなど困る事は色々あるので、本来なら絶対にやってはいけない行為なのです。

けれど、やはりお金欲しさに負けてしまい、お客さんが弾んでくれるお金を受け取って本番に及ぶ嬢は多数いるのが実情。
それを黙認しているお店もあるくらいですから、かなり悪質と言えます。

手コキ風俗店で罰金を支払うようしつこく言われたら

ごくごく普通のお店なら、先に挙げた理由以外で罰金の支払いを求めてくる事はまずないでしょう。

しかし、何かにつけて罰金を要求する店は残念ながらあるものです。
例えば、これと言った理由も聞かされずに勤務態度が悪いから減給かつ罰金、と言ったもの。
他にも、1日に何本以上の指名が取れなければ罰金、などの様に、とても納得のいくものではない理由で罰金を取ろうとしてきます。
あまりにしつこく言われたなら、即座にその店は辞めるべきです。

仮に金銭的損害が発生しているなら、弁護士などに相談して確実にお金を取り返した方が良いでしょう。
お金以外の面でもルーズであったり不正を隠したりするので、信用のおける相手ではありません。

辞めさせてくれない理由

罰金を取られ、かつ退職もさせて貰えないとなると、辞めようにも辞められません。

お店が風俗嬢を辞めさせない理由としては、
●辞められると売り上げが落ちる
●慢性的な人手不足で人材確保が難しい
などが挙げられます。
辞めようとすると、親にバラすなどと脅迫してくる事もあるので非常に恐ろしいです。

ここまで来ると、弁護士よりも警察に相談した方が速いでしょう。
そもそも風俗店は罰金を請求できない
お店のルールでは規則違反の者に対して罰金を請求したいところですが、法的にはそもそも罰金の支払い義務は風俗嬢は負いません。
ですから支払い請求は全て無効なのです。

これを知らない風俗嬢は多いかも知れません。
規則に記載されているし、誓約書にサインもした以上は支払う義務があると思ってしまってはいけません。
支払い義務もないどころか、誓約書ももちろん効力がありません。
嬢の無知を良い事に罰金を科しているお店があると言う意味では、どのお店もあまり褒められたものではないと言う事です。

罰金で請求される額

お金店外デート禁止の規則を破ったから罰金30万、とか、裏引きをしたから50万、とか、かなりの金額を要求してくる例が目立ちます。
これが例えば3万とか5万なら、そのままお店の要求に応じてしまう嬢も出てくるかも知れません。
逆に言えば、高額だからこそ表面化すると言えなくもありません。

ですが、何にしても、本来ならばお店に対して罰金を支払う必要はないのです。

罰金の被害はとても多い

すこしネットで検索するだけで、ヘルスやソープ、オナクラやエステなど至る所で罰金に関する相談や被害がヒットします。
不当に罰金を取っている業者が居る事の証です。

中には200万円もの大金を店に支払ってしまったと言うケースも。
悪質店はあの手この手で風俗嬢を追い込み、お金をむしり取ろうとしてきます。
嘘か誠か興信所を使って身辺調査をしたなどと脅しをかける例もあるくらいなので、まっとうに営業しているお店とは正に正反対です。
自衛策として面接で罰金制度がないかを確認するのも手ですが、その前にできるだけネットで情報を集める事も怠ってはいけないでしょう。
同様の被害に遭っている女性の口コミが見つかるかも知れません。

まとめ

何かと理由をつけて罰金を支払うよう迫ってくる悪質店は確かに存在します。

それでも、警察に言うと逆に言ってやると諦めるケースも多いそう。
とは言え、まずは不当に罰金を取られそうになったら、まずは辞めると伝えてみましょう。
それで話がややこしくなるなら、弁護士か警察に相談する事をお勧めします。
やたらと罰金を取ろうとしてくるお店は、それこそ取れる所は全てとってやろうと言う魂胆です。

なので少しでも不審や危険を覚えたら、早急に対処するべきです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする