オナクラ給料から引かれる雑費について詳しく教えてください

意外と知らない人の多い風俗での雑費、当然オナクラでも雑費が給料から引かれています。
雑費として引かれる金額は業種やお店によって異なり、場合によってはかなりの雑費を引かれることがあり、給料明細を見て「えっ!?」と驚くことも。
雑費について知らないと損をすることもあるので、この機会に雑費について覚えておきましょう。
今回はオナクラでの雑費について紹介してきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

知らないと損をしている雑費について

Coinオナクラで働く女の子は、給料から一定の金額を「雑費」という名目で引かれています。
働いたお金が全て自分の物にならないので不満に感じるかもしれませんが、風俗店にとって雑費というのはとても重要で、経営する中で必要な経費や支出を女の子の雑費から賄っています。
雑費の内約には、お店でのプレイで使うタオル代、ローション、イソジン、マウスウォッシュ、衣装代、クリーニング代などが含まれています。
こうした仕事で必要な物は全て風俗嬢の給料から支払われていることになります。

なんだかケチ臭いように思えますが、オナクラのような店舗型の風俗では経営を維持するだけでも毎月かなりの出費があります。
家賃、光熱費、宣伝費用、女の子への給料など想像できないような金額が必要です。
お店によって引かれる雑費はきちんと決められているので、面接時や現在の給料明細を確認しておきましょう。
頭の中での給料計算と、実際に支払われる金額の差額はほとんどが雑費なので覚えておきましょう。

オナクラの雑費について

オナクラは他の風俗と違い、お客さんの自慰行為を見つめるのが仕事です。
そのため雑費として必要な物も他に比べると少ないです。
オナクラで必要な経費は以下のようになります。

店舗型
・タオル
・ティッシュ
・イソジン/マウスウォッシュ
・レンタル衣装
・クリーニング代
・待機所代
・お茶代
・個室使用料
・シャワー代
・送迎代
無店舗型
・イソジン/マウスウォッシュ
・レンタル衣装
・クリーニング代
・待機所代
・お茶代
・個室使用料
・シャワー代
・送迎代

全てではないですが、オナクラではこれらの使用料として雑費が引かれます。

コースの少ないオナクラでは引かれる雑費も少ない?

質問 お金以前まではオナクラのコースは「見るだけコース」という、女の子は何もしないでお客さんの自慰行為を見つめるだけという楽な仕事でしたが、近年ではオナクラも進化していき、見るだけコース以外にも、手コキコース、ヘルスコースといった、より風俗的なサービスが増えてきました。
それに伴い雑費として必要な金額も多くなったので、以前に比べると雑費代が若干増えたように思えます。

オナクラで実際に引かれる雑費はバック金額(手取り)から毎回5%程度が引かれることが多いです。
その他には、1回の接客で一律500円〜1,000円と金額が固定されている場合もあります。

雑費代が高いお店の方が待遇が良い?

オナクラでの雑費代はお店によって異なり、安いところや高いところがあります。

雑費代が安いからという理由で働くお店を決めると、お店での待遇が悪かったりする場合もあるので注意です。
逆に雑費代が高いからといって特別な待遇がある訳でもないので、雑費代だけで働くお店を決めるのはよくありません。
その他の面で納得した上で決めるのがいいでしょう。

雑費ナシと謳っているが実は別の名目で徴収されている

オナクラの求人を見てみると、「雑費ナシ」と記載されているお店があります。
実は最近では雑費が一切必要ないお店が増えており、雑費代が引かれることに不満を感じている女性にアピールしています。
しかし、実際には雑費以外の名目で給料の一部が引かれることがほとんどなので稼いだ金額全てが自分の物になることはありません。
雑費がいらないところでは、厚生費や在籍料と名目で一定の金額が引かれています。

それ以外にも「ボーナス」というのがあり、これは自分がもらえるボーナスではありません。
店舗型のオナクラでは、色々な雑務をこなしてくれる従業員がいます。
その従業員への報酬として、女の子の給料の一部が割り当てられています。
雑費がいらないといっても、その他の名目でこれだけのものが引かれることになるので覚えておきましょう。

雑費のいらないお店ではバック率が低いことがある

雑費やその他の名目として一切のお金がかからないお店があります。
その変わり、バック率が通常よりも低く設定されていることがほとんどなので、実質雑費がバック金額に含まれているのと変わりありません。
一見雑費ナシはお得な感じに見えますが、実際には雑費として必要な経費が組み込まれているのでまったくお得ではありません。

逆に雑費代がない分、その他の待遇面が悪いこともあるので考えものです。
特にオナクラは利用料金がその他の風俗に比べ低く設定されているので、必然と手取り金額も少ないです。
ただでさえ低い手取りが雑費がいらない変わりにバック率が低いと割に合いません。
オナクラの仕事は風俗業の中でもダントツで楽な内容ですが、雑費について注意しておかないと損をすることもあるので注意しておきましょう。

一番良いのは雑費代が一律で固定されているお店や、バック金額から5%程度引かれるところが無難なようです。
滅多にありませんが、雑費代がバック金額の10%と高めに設定されている場合があります。
その場合には、色々な待遇が良かったりするので興味がある場合には問い合わせてみるのもいいかもしれません。

お店の雑費代を入れて給料を計算しよう

電卓雑費代はお店によって異なるので、これからオナクラで働く際には複数のお店の雑費代を計算して手取り金額が多いところを見比べるとお得です。
たとえば雑費代が1回の接客で1,000円固定なところと、バック金額の5%のお店を比べるとします。
1回のプレイ料金が60分10,000円でバック率が50%だとすると、前者のお店での手取りは、5,000円-1,000円=4,000円が手取り金額。
後者のお店だと、5,000円-500円(5%)=4,500円となります。

お店によって雑費代やバック率も違うので、どうせ働くのであれば少しでも手取りの多いお店で働きたいです。
雑費代を含めた給料計算をすると、ある程度の収入を予想できるのでこれからオナクラで働く時に参考にしてください。
また、雑費代やバック率が低くても繁盛している人気店だと1日の客数を多くこなせるのでその点で考えてもいいかもしれません。

体験入店してみよう

オナクラでは、体験入店として一定の期間働くことができます。
期間内にここで本入店するか判断する期間なので、とりあえず体入してみてお店の条件を調べるのも一つの方法です。
また、体入中は優先的にフリー客を回してくれるので新人でも稼ぎやすいというメリットもあります。

まとめ

オナクラも他の風俗同様に雑費代として女の子の手取りから一定の額が引かれています。
お店によって雑費代は異なるので、雑費代を入れた給料計算をするのがおすすめです。
自分の収入に直結する大事なことなので、バック率や雑費代については働く前にきちんと理解しておきましょう。
何も考えないでいると、給料をもらった時に計算と違う!給料が少ない!といったことになるので自分の働くお店の雑費代は覚えておいたほうがいいです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする