メンズエステで人気嬢になる子は過剰サービスしてるの?

メンズエステでは基本的にお客さんから風俗嬢へのおさわりが禁止されていますし、手コキやフェラなど射精をするためのプレイをする必要もありません。
しかしメンズエステで働いていると、お客さんから胸やお尻を触られることは日常茶飯時ですし、手コキやフェラを求められたり時には本番をもとめられたりすることもあります。
そのようなお客さんの欲求を満たすことによって人気をしているメンズエステ嬢も確かに存在します。
ただし、そのような過剰サービスには様々なリスクがありますし、過剰サービスをしなくても人気嬢になっている女の子もたくさんいます。

この記事では、人気嬢になるために一部のメンズエステ嬢が行っている過剰サービスの内容や、過剰サービスをしなくても人気嬢になるための方法をご紹介します。

メンズエステで人気になるためには過剰サービスは必要?

質問メンズエステはヌキがなく、お客さんから風俗嬢へのおさわりが禁止されています。
しかしメンズエステ嬢として働いていると、お客さんからこれらのサービスを求められるのは日常茶飯時です。

お客さんの中には、おさわりが禁止されているメンズエステでいかに風俗嬢にエッチなサービスをしてもらうか、ということを目的に来店する人もたくさんいます。
お客さんから過剰サービスを求められた時に「次指名するからお願い」などと言われたことがある方も多いでしょう。
確かにメンズエステではエッチなサービスに対応するほど、お客さんからの指名が取りやすくなることは間違いありません。
ある意味ではお店で定められたルールを破って、グレーゾーンのサービスをすることこそお客さんの期待感を煽り次の指名につなげるためのテクニックとも言えるのです。

しかし過剰サービスはリスクが非常に高い行為だと理解しておきましょう。
まずお店から禁止されている本番などをしてしまうと、お店にバレた場合ほぼ間違いなくクビになると覚悟しておきましょう。
さらに本来メンズエステは口や性器の接触がないので性病に感染するリスクが非常に低い職業なのですが、フェラや本番をしてしまうと性病に感染してしまうことがあります。
お客さんに過剰サービスをすると要求が徐々にエスカレートしてしまうこともあります。

例えば胸を触りたいと要求してきたお客さんに、少しだけならと応じてしまうと、次は「お尻を触らせてくれ」、「ちょっとだけペニスを触って欲しい」、「ペロっとでいいから舐めて欲しい」という感じで徐々に過剰なサービスを求めてくるようになるのです。
そのようなサービスをしていくうちに男性の性欲も徐々に高まってしまい、時には本番強要されてしまう危険性もあると理解しておきましょう。
このように過剰サービスを行うことは風俗嬢にとってリスクが非常に大きいので、あまりお勧めできることではありません。
さらに、本番をしてしまうとむしろ指名が取れなくなる可能性もあります。

本番強要を求めてくる時に「やらせてくれたら次回指名してあげるよ」と誘ってくる男性は非常に多いのですが、本番をしてしまった場合、次の来店時に指名してもらえる可能性は実はとても低くなるのです。
なぜならメンズエステに来るお客さんで過剰サービスを求めてくる人は、「本来禁止されているはずのプレイをやってしまう」という事に興奮をしています。
そういう人にとっては、本番ができてしまえば目的は達成できたということになってしまうのです。

もう本番できるということがわかっている女の子に対する興味はあっと言う間に消え失せます。
だから実際に本番をさせてしまうと指名につながる可能性は非常に低いのです。
そもそも過剰サービスをすること自体あまりお勧めできませんが、特に本番をしてしまうと指名にも繋がらず様々なリスクがあるだけで、メンズエステ嬢にとって全く良いことがないということは心に刻み込んでおいて下さい。
だから簡単に本番をさせてしまう様なメンズエステ嬢は、むしろ人気になることは非常に少ないのです。

過剰サービスを利用して人気になっているメンズエステ嬢は、お客さんの要求に全て応えることはなく期待感だけを煽る様にしています。

人気嬢たちの過剰サービステクニック

チェックリストここでは実際に過剰サービスを使って認知症になっている人たちの口コミを集めてみました。
——————————
・お客さんからの指名取りたいんだったら本番は絶対にしちゃだめだよ。
本番したらもうお客さんは目的達成なんだから次に指名してくれるわけないじゃん。
そういう人はまた別の女の子を口説いて本番するゲームをしたいから違う子を指名するだけだよ。
・指名取りたいんだったら最初に来店した時は何もしないで「もっと仲良くなったら」とか言って期待させるのが一番だよ。

私は結構スタイルがよくて胸が大きいからお客さんから胸をジロジロ見られることが多いんだけど、自分から「Fカップあるんです」とか言ってエロい気分にさせてる。
そしたらお客さんは触ろうとしてくるんだけどその日は触らせない。
で、次に指名してくれた時はちょっとだけ胸を押し付ける。
そしたらお客さんはまた胸を触りたくなってくるから「まだだめ」とか言って次に引っ張る。

こういう風に少しずつ出来るプレイを増やしてあげたら、一人のお客さんから何回も指名してもらえる可能性高くなると思うよ。
——————————
このように過剰なサービスを行って人気嬢になっている方は、最初から全てお客さんの要求に答えるわけではなく、少しずつ要求に応えることになってお客さんの期待感を煽る方法で指名につなげているのです。

過剰サービスをしなくても人気嬢になる方法

過剰なサービスによって指名を獲得している人気嬢もいますが、サービスやプレイを頑張ることによって人気嬢になっている女の子もたくさんいます。
メンズエステに来るお客さんも全員が過剰なサービスを求めているわけではなく、マナーを守って楽しんでくれる方もたくさんいるので、サービスを頑張っていれば自然と指名は増えていきます。
メンズエステ嬢で人気になるためには以下の様なテクニックが重要なのです。

マッサージがうまくなる

意外と軽視されがちですが、メンズエステ嬢の仕事はマッサージをすることなので、マッサージが上手になると自然と指名が増えます。
マッサージはお仕事を続けていくほど上手になっていくものなので、過剰なサービスをしたくない女の子は何よりもマッサージの腕前を磨くことに力を入れましょう。

楽しい会話をする

メンズエステに来るお客さんはエッチなことだけを求めているわけではなく、女の子と楽しくコミュニケーションをとることも求めています。

だから笑顔でお客さんの話をしっかりと聞き、適切に相槌を打って楽しい会話になるように頑張ることも重要です。
たとえエッチな事をしなくても一緒にいて楽しいと思ってもらえれば指名につながる可能性が非常に高いのです。

写メ日記を定期的に更新する

ブログ風俗嬢になるとお店のホームページでの写メ日記更新をお店から求められることがあります。

なんとなく面倒くさいし、どういうことを書けばいいか分からないからと全く更新をしない女の子もいますが、真面目なサービスで人気嬢になっている方はほぼ全員写メ日記をしっかりと更新しています。
お客さんは写メ日記を見ることによってその女の子がどういう人か想像することが出来ますし、プロフィール写真だけの女の子よりもはるかに親近感が増します。
そして実際にお店に来る時には、顔写真しかわからない女の子よりも、写メ日記を見て普段の生活がわかっている女の子の方を指名する可能性が高いのです。
さらに写メ日記を更新する時に自分が次回出勤する日を記入しておけば、指名する女の子を探しているお客さんへのアピールメッセージにもなります。

まとめ

人気嬢になるために一部のメンズエステ嬢が行っている過剰サービスの内容と、過剰サービスをしなくても人気嬢になるための方法をご紹介しました。
メンズエステで過剰なサービスを行うことによって指名を獲得している女の子も存在しますが、ただエロいことをすれば良いわけではなく、徐々にお客さんの期待感を煽るテクニックが求められます。
また、過剰なサービスをしなくても、この記事でご紹介したような良いサービスをすることができれば人気嬢になることができるので、過剰なサービスをしたくない女の子はぜひ参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする