人妻店で働く30代風俗嬢はフリー客に甘えられない!接客テク

今回のテーマはフリー客に甘えられない30代風俗嬢についてです。
30代と言うキーワード、そして人妻店と言うキーワード、そして甘えられないという3つをメインにこれから色々と書いて行きたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

フリー客

風俗をする上で、稼ぐ為には指名を貰わなければ行けないと言うお話は以前にもしてきました。
指名を貰う、そして指名数を増やす、その指名を本指名にして行く、と言う事が風俗嬢として稼いでいける近道なのです。
しかし指名を増やすと言っても中々大変な事です。

人妻店で働く30代風俗嬢はフリー客に甘えられない!接客テク一度来た客を接客しその客がもう一度あなたにしてほしいと思わせる、これは容姿もテクニックも、そして愛嬌や客への気遣いなどすべての要素が必要になってくることだと思います。
ゆえに指名を取ると言うのはとても難しいことなのです。
指名がとれない、または指名がこなければ、必然的にフリーの客を接客したり回されたりします。
当然お店によって状況は違いますし、フリーでも指名に繋がるチャンスは大いにあります。

風俗嬢である限り、どんなお客様に対しても全力で一人一人接客しなければいけないのですが、今回のテーマでは30代の風俗嬢はフリーの客に甘える事ができない、と言う事らしく、結論的にはそれではダメ、と言う事が自分でも分かると思います。

30代にしろ、20代にしろ、そもそも人に甘えるのが苦手な方やプライドが高い、甘え方がわからない、甘えたくても甘えられない、など甘えられない理由は色々あると思います。
しかし、厳しい言い方をするなら甘える事も仕事です。

あくまで仕事なのです、甘えると言うテクニックも立派な風俗嬢としての1つのテクニックです。
風俗嬢なら甘える事の1つもできないと稼げませんし客に気に入られません。
つまり甘えられない、ではなく甘えないといけないのです。
それができなければ一生甘えない客を貫くしかないでしょうね。

どんな風俗嬢にもキャラはあります。
すべての風俗嬢が甘えればいい、と言う訳でもないです。
甘えるなどテクニックの1つに過ぎません。
大事な事は中途半端な接客はせず、自分と言うキャラを一貫してつらぬく事ではないでしょうか。

キャラを貫く事によって客もその子に惚れ込み指名が付いてくると言うものです。
中途半端に甘えてみたり、違う性格に変えてみたりしていても、キャラが定まらず自分も大変ですし、客もどうしていいかわかりません。
風俗嬢をするなら自分はどういうキャラでいきたいのか、どういう方向で稼いでいくのか、と言う事をまずは事前に明確にしておいた方が、自身が道に迷わなくて済むと思います。
いずれにしても、客の気持ちを一番に考えてほしいとは思います。

自分に出来るキャラできないキャラと言うのはあります。
しかし、客観的に見て人妻の30代が甘えると言う行為は恐ろしく興奮するシチュエーションなのです。
男性のその気持ちを理解し、甘えれない方は余計な事は考えず自分の殻を破る、考えを破る必要があるのではないでしょうか。
恋愛そもそも男と言う物は、女性に甘えられるのが好きです。

もちろん客も女性に甘えたいです。
しかし、ふいに甘えて来られるとドキッとしますし、客の心を動かしそして掴む事が出来るのです。
それぐらいの威力が、甘えると言うテクニックにはあります。
甘えるに上手いも下手もありません、こうした方がいいなどと言う事も正直ありません、自分なりに少しづつ、そしてゆっくりでいいので甘えて行けばいいのです。

接客テク

風俗に置いて接客テクニックと言うのは沢山あると思います。
風俗の中での一般常識的なテクニックから自分で考え編み出したオリジナルのテクニックまでその幅はとても広いでしょう。
みな稼ぎにつなげる為に、そして客に良い気分になってもらう為に色々と試行錯誤しながら考えるのです。

今回のテーマである客に甘える、そして甘え方というのもテクニックの1つと言えるでしょう。
色々とテクニックと言うのはあると思いますし、テクニックは風俗で戦う上で確かに必要です。
しかし、今回は30代の風俗嬢と言う事でテクニックよりもっと大事な事を考えなければ行けない気もします。
それは何か?

恋愛その答えはズバリ、若い風俗嬢と張り合わない、と言う考え方だと思います。
30代と言えば、すべてにおいて20代より劣っていると見られても可笑しくない状況になります、あくまで風俗の世界では、です。
そして正直客はそんな事はあまり思っていないでしょう、しかし当の本人が一番気にしている事なんだと思います。
やはり若い子に負けたくない、同等に見られたい、張り合いたい、自分の方が稼げる、などと考えてしまう30代は多いと思います。

やる気になる事は良い事ですが、ライバル意識を自分で勝手に抱き若い子に負けないように自分磨きに励むと大体は失敗します。
結果的にただのイタい30代で終わってしまいます。
ならどうすればいいのか?
前述したように当然テクニックは30代でも必要だとは思います。

しかし大事な事は戦う場所なのです、わざわざ20代と同じ戦場で戦う必要など全くないのです。
そもそも勝ち目など確率や効率を考えても結果は低いと思います。
それより頭を使って、そして30代、自分の得意な分野を生かせる風俗ジャンルを選び働いた方がよっぽど賢い戦術です。
よって30代の風俗嬢、それも人妻ともなると最大の武器、あるいは魅力と言うのは大人の女、と言う部分を全面的に出す事、これが大事なのではないでしょうか。

テクニックにしろ身の振る舞い方、立ち姿、どれをとっても20代の若い子とは違う大人の女性の魅力を客に見せる事で、客の心を掴み引き寄せられる何かが生まれてくると思います。
つまり、若い子や、ライバル、そしてテクニックなどに惑わされず、まずは自分と言う一人の女性に対して自信を持つ事です。
自信を持って内側から魅力を出して行かなければ結局はテクニックに勝るものを得る事ができるのです。
内側から溢れてくるものが、長い絆を客と風俗嬢の間に生むのです。

風俗業界には沢山のテクニックがあるかとは思います、そして考え方もまた沢山あると思います。
しかし、30代、そして人妻と言う事を考えるなら、まずは接客テクや若い子に対抗意識を燃やして自分に金をかけるのではなく、30代で人妻と言う今の立場を最大限行かせる風俗ジャンルを見つけて働く事が先決ではないかと考えます。
そして風俗嬢をするからには何歳になっても自分に自信を持って内側から輝いて男性たちを魅了できる女性になってほしいと思います。
いくら外身にお金をかけた所で、結局は中身なのです。

それが商売であり人付き合いです。

まとめ

人妻店で働く30代風俗嬢はフリー客に甘えられない!接客テクはと言う事について色々と書いてきました。
30代ともなると客に甘える事ができない女性もいると思います。

そうでなくても、男性に甘えるのが苦手、甘え方が分からない、と言うような女性は世の中に沢山います。
そして風俗業界でのフリー客ともなると、甘えられない、と言う考え方を持つ風俗嬢もいるでしょう。
恋愛しかし、いぜれにしても仕事で風俗嬢をしているかぎりそのような事はあってはいけません。
甘えられない、ではなく客が求めるなら時には甘えないといけないのです、それは客商売です。

そして接客テクについても個人で色々な考え方があります、または店側の講習でもテクニックなどは教えてもらえると思います。
風俗未経験の子やキャリアが浅い風俗嬢はしっかりとテクニックを積んで経験する必要があるように思います。
しかし、30代で、人妻、と言う事なら接客テクがどうこうと言うよりは、まずは自分の戦える風俗ジャンルを的確に絞るところから始めるべきです。
そしてそこで大人の魅力を開放してあげる、そうすれば若いライバルたちと戦ったり張り合わずとも、自分をイカして仕事をする事ができるのです。

今の自分に自信を持って内側からあなたの秘めている輝きと魅力を解放してあげて下さい。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする