ピンサロで売れるには容姿よりテクニックが必要なケースが多い

ピンサロは他の風俗ジャンルとは違い、プレイ時間が極端に短いという特徴があります。
このためルックスやプロポーションなど容姿レベルが高い女の子じゃないと人気がでないと思われがち。
しかしながら、実際に働いた経験がある女性キャストなどからは、見た目よりもテクニックが重視されるジャンルという声が多いのです。
ここではピンサロで売れるためのコツについて紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

歩合制の風俗とピンサロの違い

天秤ソープランドや現在主流のデリヘルなどの風俗ジャンルは、お客さん一人を相手にすることに対して報酬が発生する歩合制を採用しています。
報酬はお店と女の子の間で「バック率」という割合を予め設定していて、支払ってもらった利用料金をバック率に合わせて双方で分けるというシステムになります。
一方でピンサロは一般的なアルバイトやキャバクラなどのナイトワークと同様に「時給制」を採用しているお店が多いという違いがあります。

つまり一般的な風俗嬢とピンサロ嬢とでは「売れる」条件というものが違ってくると考えるべきでしょう。

黙っていても時給は出るが…

ピンサロは時給制を採用しているお店が多いのは前述にある通りです。
つまりピンサロの場合、言い方は悪いですがお店にさえ出勤していれば時給が発生するわけですから給料は貰えます。

しかしながら、こういったシステムであれば出来る限りお客さんの相手をせずに楽をして稼ぎたいと考えるずる賢い女の子ばかりになってしまい、ピンサロの評判が落ちてしまうことになりかねません。
そこで多くのピンサロ点では時給にプラスして接客バックや指名バックというインセンティブを支給するような給料システムを採用している状況です。
どういうことなのかというと時給は時給で支払われるものの、接客をしたり指名を貰うことができれば、一人あたり1000円から4000円前後のボーナスが支給されるというシステムです。
このため頑張れば頑張るほどに報酬が稼げることになり、女性キャストのやる気を保っている状況といえます。

売れるピンサロ嬢になれば、ハード系サービスの風俗ジャンル以上の報酬も見込めるわけですから、是非目指していきましょう。

容姿も大事だけれど雰囲気でなんとかなる

ピンサロという風俗は、他の風俗ジャンルと比較してプレイ時間が非常に短いという特徴があります。
他風俗では対面して挨拶をし、シャワーをしてプレイといった流れであり、ある程度に相手をチェックしたり会話をしたりといったコミュニケーションを取る時間があります。

このため容姿レベルが高い女の子が受け入れられる傾向が高く、擬似恋愛をしているようにイチャイチャとしている時間を楽しみたいという男性が利用する傾向が高いです。
一方でピンサロやオナクラなどのソフト系とカテゴライズされている風俗ジャンルの場合、擬似恋愛というよりも単純に性的な刺激が求められ、射精をいかに効率良く行ってくれるかを重要視される傾向があります。
またピンサロのサービスを提供する店舗内というのは、薄暗い照明などでガンガンと大音量のBGMなどが流れており、「クラブ」のような環境にあります。
アルコールを摂取して訪れるお客さんも多いため、容姿そのもののレベルが高くなかったとしても、「持っている雰囲気」がカワイイだとか美人といったようなものなら、十分に通用する環境と言って良いのです。

このためピンサロやM性感などのヌキ重視の風俗ジャンルでは、容姿レベルの高さなどはそこまで高いものを求められない傾向があります。

いかに短時間で射精まで導けるのか

砂時計前述にあるようにもともとの容姿レベルが高くカワイイと評価されるような女の子は確かに時給面などを高く設定されますし、一部の男性客から支持される可能性は高いです。
しかしそれよりも大事なのは、テクニックです。

マンツーマンの接客だったとしても20分から40分前後。
花びら回転のお店であれば、10分から15分前後しか自分の担当時間がありません。
例えば30分のプレイ時間で花びら回転がスタンダードなピンサロだとしましょう。
2回転だとすれば、一人15分の担当時間。
3回転の場合だと持ち時間は10分のみになってしまいます。
しかも最初に相手をする場合では、お客さんも溜まった状態であるため、比較的楽に射精まで持っていくことは可能ですが、後の順番になってしまった場合には、先に相手をした女性キャストに抜かれてしまっている場合も多くあります。
ご存知の方もいますが、男性の場合女性とは違って一度射精をしてしまうと、次に射精をするまでは一度目と比べると長い時間を有しますし、イキにくい状態になるのが一般的です。
ただでさえアルコールなどが入っており、アソコの感覚が鈍感になっている状態で来店することが予想されます。

一人目の女の子にはイカせてもらっているから当然満足します。
しかし二人目や三人目に順番を回され、しかもお客さんを抜くことが出来なければ、お客さんからはせっかくすっきりしたのに中途半端にムラムラさせられただけで不満が残るという評価を受けることになりかねません。
順番の妙はあったとしても、二人目であろうと三人目に回されようと、既に射精をしていようがいまいが、自分が任された時間内にお客さんを射精に導き満足させられなければ、次に指名をしても相手をして欲しいとは思ってもらえません。
ですから売れるピンサロ嬢になるためには、テクニックを磨くことは何よりも大事なことなのです。

顔は忘れるけれど刺激は忘れない

女性 手ピンサロの店内はクラブのように薄暗い照明下であり、訪れるお客さんの多くはアルコールを摂取しているケースが多いもの。
顔がいくらカワイイからといっても、こんな状況下ではきっちり覚えているケースは少ないと言わざるを得ません。
視覚的な情報はアルコールなどによって忘れてしまったとしても、身体が受けた「快感」という刺激はなかなか忘れることができず、覚えているものなのです。

風俗嬢として売れるためには、まずは自分のことを覚えてもらい、気になる存在になること。
好感などを抱かせることができ、スペシャルな存在になることができれば、リピーターとしてあなたの下を訪れることになるわけです。
自分を覚えてもらったり、オンリーワンになる要素としては、顔がカワイイだとか好みといったものや、理想的なスタイルの持ち主などのヴィジュアル面。
他にも他の女性キャストとは違ったサービスを提供してくれたり、テクニックのレベルが高いといったことが重要です。

プレイ時間の長いソープやヘルスなどでは会話などのコミュニケーション力も重要になりますが、ピンサロは十分な時間が確保できない状況。
残された手段は身体が忘れられないような高い刺激を限られた時間で提供する他ないとは言えないでしょうか。
ですから、普段から手コキやフェラチオのテクニックを研究したり、男性が興奮するようなフェラ顔や隠語などを覚えることが売れるピンサロ嬢になるためには必要です。

ピンサロの特徴を掴み売れる嬢になろう

売れるピンサロ嬢になって他の女性キャストでは稼げない高額な報酬が欲しいと思っているなら、ピンサロという独特な風俗ジャンルの特徴をしっかりと抑えること。
その上でピンサロを利用する男性客がどんな目的で数多くある風俗ジャンルからピンサロを選んで利用しているのかを理解し、その欲求を満たしてあげるかが重要なのです。
容姿を磨くことはもちろん、それ以上にテクニックを磨かないと売れるピンサロ嬢になることは難しいと言えるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする