ピンサロにはメンヘラが多い?そんなに病みやすい業種なの?

メンヘラという言葉は、今や半分インターネットに浸透している言葉です。
某大型掲示板発症の言葉で、「精神的に何らかの問題がある人」という意味があります。
元々は「メンタルヘルス板にいそうな人」を示す「メンヘラー」という言葉がSNSを通じて多くの人に伝染し、今やネットでは一般的に用いられる単語になったようですね。
具体的には、「自分を認めて欲しい」という承認欲求が肥大化しすぎた人、「ネガティブになりがちな人」などが挙げられます。

言い方を変えると、「度を越えた構ってちゃん」が典型的なメンヘラ女性の例です。
使い方はというと、人を指して「あいつメンヘラだ」「メンヘラみたい」と使います。
基本的にはそれほどよい意味ではなく、侮蔑的、あるいは畏怖的な意味合いがあるようです。
さて、このメンヘラと呼ばれる女性たち、実はピンサロにかなり多いといわれています。

言われているというよりも、これは確かな事実のようで、ピンサロに限らず、風俗嬢にはかなりの割合で「メンヘラ気質」の女性が働いているようです。
では、どうしてメンヘラの女性たちがピンサロに集まるのか、あるいはメンヘラになってしまうのでしょうか。
ここではその理由についてまとめていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロでメンヘラになってしまう女性が多いのはなぜ?

ピンクピンサロに限らず、風俗はかなりメンヘラか、メンヘラ気質の人が多いといわれています。
その理由は、やはり風俗が精神的に非常にきつい職業であることが挙げられるでしょう。
男性には「自分の子どもを残そう」という本能があるので、ある種どんな女性相手でも抱けてしまうのですが、女性側はそううまくいきません。
というのも、女性には「優秀な子孫を残す」という本能が備わっているため、色々な男性とキスを含む性行為を共にすることはある種本能にそむいた行為といえるのです。

そのため、かなり精神的な負荷がかかります。
結果、メンヘラになってしまうことがあるのでしょう。
もう1つ、精神的につらい要因として挙げられるのが、風俗業界、ピンサロ業界がある種の競争社会であることが挙げられます。
しかも、比較されるのは容姿や年齢、体型といった、ものばかりです。

お店の客質によってはともすれば批判されたりすることもあるでしょう。
面と向かって「不細工」といわれた日には、どれだけポジティブな女性でも傷つくと思います。
そんなことが日夜続いているのですから、精神的に疲弊するのは理解できるはずです。
もちろん、批判・否定をするのがお客さんやスタッフだけとは限りません。

風俗業界にはお客さんの取り合いという側面もあるので、同僚の女性に面と向かって悪意をぶつけられることさえあります。
このように、ピンサロの女性たちは日夜競争し、比較されながら精神を磨耗しているのです。
むしろ、多少のメンヘラ気質を負わないほうが珍しくないかもしれません。

ピンサロにメンヘラが集まる理由は?

質問上述したように、たとえ健常な女性であっても、ピンサロで働き続けているとストレスのあまりメンヘラと化してしまうことがあります。
しかしながら、ピンサロにメンヘラが多い理由はそれだけに留まりません。
というのも、風俗業界には元々メンヘラ気質を負った女性が集まって来やすいのです。
なぜかといえば、風俗業界は唯一合法的に身体を使って稼ぐことができる職種だからでしょう。

メンヘラ気質の女性は自己評価が低いので、お金を稼ごうと思うと自分の身体を使うことをまず第一に考えがちなのです。
もしくは、メンヘラな女性は自分の価値を見出せるのが「どれだけお金を稼いだか」ということに絞られがちで、そのためにたくさんお金を稼げる業種に手を出します。
そして、日本で一番お金を稼げるものといえばやはり風俗でしょう。
手取りの金額でいえば、風俗業界に勝るものはありません。

そうして、最初はバイト感覚で勤めるうちにメンヘラ的症状が悪化してしまう例もよく見受けられます。
上述したように、風俗嬢はかなり精神を磨耗しやすい職業であるため、最初は兆候程度だったメンヘラが加速してしまうこともよくあることなのです。
特にピンサロはバイト感覚の女性がやってきやすく、結果として多くのメンヘラ風俗嬢が所属しています。
そのままずるずると風俗を続けていくうちに、いつのまにかソープ嬢として過ごしていたという話もあるようです。

もう1つの理由として挙げられるのは、メンヘラの女性が大変騙されやすいということです。
騙されやすいという言葉には語弊があります。
メンヘラ女性は、誰かに認めてもらいたいという欲求が高すぎるがゆえに、人の言葉に乗ってしまいやすいのです。
そして、風俗業界は健全化に勤めているとはいえまだまだ甘言で女の子を誘い出す業者が多い業界でもあります。

「ちょっとだけ」 「たくさん稼げる」 といった言葉に乗せられて働いてしまうメンヘラ女性も多いようです。
そうでなくとも、悪い男性に引っかかってしまい、男性に認められたい一心で風俗をする女性もいるとか。
いわゆる「ヒモ」をやしなってしまう女性たちのことです。
男性に認められるためにはお金を与えるしかないと思い込んでしまっている結果、そうした女性もまた風俗業界に集まる傾向にあります。

このように、風俗業界は手取りが高く、高級店から格安店まで受け入れ口が大きいがゆえに、精神的になんらかの問題を抱えたメンヘラ女性が集まるのです。

病んできたらどうすればいいの?メンヘラにならないためには?

チェックリスト自分が「病んできた」という感触は誰よりもわかると思います。

もし「病んできた」と感じたのなら、無理せず休職しましょう。
そのまま続けてもいいことはありませんし、それどころか評判が悪くなって稼ぎが減ってしまうからです。
なぜなら、お客さんは癒されに来ているわけですから、わざわざメンヘラ気質の風俗嬢を指名する理由はありません。
もし指名する人がいるとしたら、それはほとんどの場合で本番か、愛人目的でしょう。

もちろん知らずに指名する人はいるかもしれませんが、それでもいずれボロが出てしまいます。
仮にメンヘラ発覚が原因で指名を止められてしまったり、お茶が続いてしまったりしたら、それこそ更にメンヘラが加速してしまうでしょう。
なので、仕事がはじまって「病んできたな」と感じたら、まずは誰かに相談しましょう。
風俗嬢がメンヘラになってしまう要因のひとつには、誰にも打ち明けられないというものがあるのです。

そのため、いざというときは打ち明けられる人がいるということは、とても大切なことなのです。
もちろん、風俗で働いているということを打ち明けられる人はそうそういないかと思いますが、それでも誰か相談相手は作っておくといいでしょう。
親しい間柄の人でなくとも構いません。
スタッフや同僚など、いざというときにうちあけられる人がいるだけでも心は全然違ってくるはずです。

ピンサロは病みやすい業種! メンヘラになってしまう前に相談を!

まとめると、ピンサロはかなり病みやすい業種です。
もちろん、ピンサロだけではなく風俗全体がそうなのですが、ピンサロは特にバイト感覚ではじめられてしまうため、特にその傾向が強いのだとか。
もし、周囲にメンヘラの疑いがあるのなら、まずは相談にのってあげましょう。

逆に自分が病んできたのなら、相談に乗る相手を探しましょう。
風俗業界は表立った業界であるとはいえませんが、そんな場所だからこそ助け合いというのはとても大切なのです。
その精神を忘れず、風俗業界といえども助け合いながら仕事をしたいところですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする