トラブルなくホテヘルを辞める口実

ホテヘルを辞めたいけれど、お店が辞めさせてくれない…。
辞めさせてくれないじゃなく罰金とか請求されたらどうしよう…などと不安に思う方の為に、トラブルなくホテヘルを辞める口実をまとめてみました。

「引き止め」は当たり前?

今は風俗業界も競争が激しく、特に売れっ子のお嬢さんに辞められると、風俗店の売り上げに直結します。
なので、普通程度に指名がある女の子が「お店を辞めたい」と言った時に「辞めないでよ~」と引き留められることは、全く普通の事です。
逆に言うと、よほどノルマの厳しいお店ではない限り、女の子が「辞めたい」と言った時に全く引き留めもしない様なスタッフやお店はどうなんだろう?という感じですね。

「えっ!辞めちゃうの、どうして?何かウチのお店に問題あった?」
とさえ言わない様なお店は辞めて正解です。

問題なのは、そんな「決まり文句」以上に強引な引き留めがトラブルになる事です。
次からは風俗店を退店する時に、皆さんが不安に思っている様なトラブルの事例をご紹介します。

トラブル事例

チェックリスト「移籍」「引き抜き」トラブル

風俗店(ホテヘル)側としては、お店の女の子が辞めるとなった時に「いろいろ理屈をつけているけれど、他のお店に引き抜かれてるんじゃない?」という事を一番真っ先に疑います。
特にホテヘルの場合は「お店」ではなく、ホテヘル嬢さん個人にお客さんがついているという背景もあり、もし自分のところのお店を辞めて、他のお店に移られたら、お客さんを

ごっそり持っていかれる事になりますからね。
(なので、我々男性側が「スカウト行為」をすると、ものすごいトラブル…になってしまうのですが)
貴女がもし、実際にスカウトされて他の条件のいいお店に移ろうとしても「ここのお店給料安いんで他のお店に移ります」なんてどストレートに言うのはトラブルのもとですから、辞める理由を考えましょう。
(理由ついてはまた別の章に)

「即退店」できない。

「即退店」したいくらいに辞めたいと思っていても、お店側がなかなか辞めさせてくれないというのもトラブルになってきます。
通常の会社なら、業務の引継ぎなどもあるでしょうから「即退社」できないのはわかるけど、ホテヘルの場合は違うでしょ?
こっちは明日にでも辞めたいのに…という気持ちになって、お店に伝えても、お店から「来週常連さんから指名入ってるんだよね…。それまでいてくれない?」
とか「月末の連休までいたら?
最後に一稼ぎしていきなよ」とかなんとか言われて引き止められて、辞められない…というのは、貴女の優しい性格もあるかもしれませんが、そうしてズルズルと辞められないのはよくありません。

「次の女の子が見つかるまでとは言わないけど来月位いてくれない?」
と言われて、「そんなところまではとてもムリですが、今月末までなら…」という風に交渉上手になる事も必要かもしれません。

罰金、給料減額、給料未払いトラブル

辞める時に、お給料に関するトラブルが起こる可能性もあります。
辞めるの?今までよくやってくれたね。これ、退店祝い金」などというものすごくいいお店もあれば、下記のようなお店もあったりもします。

「辞めるのはいいけど、キミが辞めたらこっちも代わり探さないといけなくなるから罰金払ってね」…という直接的な表現はさすがにないにしても…。
「新人期間中に優先的に指名回した分を辞める時に返してもらう事になっているから」
「辞めると決まってから1か月間のお給料は〇%引きで換算する事になっているから」

辞めるは辞めるでいいけど、キミあの日電話してから「無断欠勤」してたでしょ?それは罰金ね」…という「(へ)理屈」を付けて給料を減額してくることも。
また、未払い分のお給料があると…
「飛ぶんだから給料は払わないよ」なんて言うお店もあるのだとか。

こういうお金に関する問題は、自分一人で解決するなんて無理…だと思っても、仕事が仕事なだけに、友達や家族の誰にも相談できない…という事でお店に言われるがままに「罰金」や「給料減額」「給料未払い」を受け入れて泣き寝入り…なんてことも。
こういうお金に関することは、金額にもよりますが、最悪守秘義務のある弁護士さんに相談という事も選択肢の一つかと思います。

親兄弟、知人にバラすと脅される

今時いるのでしょうか…。

ブラックを飛び越えて脅迫罪確定です。

お店のHPから自分の宣材写真を削除してくれない。

パソコン「辞めるのは仕方ないけど、しばらく所属していることにしてよ。
お客さんが減るから」

と言われ、しぶしぶOKしたものの、なかなか自分の写真を削除してくれない…という場合もあります。
これも違法ですので、相談してみて下さい。
…と、こんな事を書いて、不安をあおってしまったかもしれませんね。
ただ、これらはめったにありません。

ごくごく稀なパターンです。
ただ、上に書いたことはいずれも実際にあった事例。
貴女がごくごく稀なパターンに出会わないとも限りません。
以下にトラブル回避方法について書いていきます。

うまい口実は?

風俗店を辞める為の口実をいくつかご紹介します。
時には「嘘も方便」となる事もあるので参考にして頂ければと思います。

性病を伝染されたみたいなんです…。

→そりゃ、出勤を認めるわけにはいきませんよね。
ただ、他のお嬢さんやお客さんにも影響が出ることですので「診断書を持ってきて」と言われて、余計面倒くさくなる事もありますかね。

結婚が決まったんで…。

→これを言って、ウチ「人妻ホテヘル」もあるんだけど、どう?

なんて返しをされたこともあるらしいですが、まぁ認められます。

親(友達、彼氏)にバレました…。

→風俗に限らずAV女優さんなど、女性が性に関するお仕事を卒業する上で、これを言われたら人道上認めざるを得ない理由です

貯金が目標額に達したんで辞めます

貯金→面接を受けた時に、これを伝えて、辞めるという流れが1番スムーズですね。
目標金額は、低めに設定しておくといいでしょう

昼職が見つかった

→「辞めた後どうするの?」
と心配してくれるような超いいお店のスタッフさんには、この口実が一番効果的です。
「夜シフトで働けるじゃん」というスタッフがいるブラックなお店にはいる必要はありません。

精神的にもう無理です

→「嘘も方便」が効果的になる場合もあれば、偽らざる本音を思い切っていう事がいい場合もあります。
「無理」は「無理」なんですから。
ただ「肉体的に無理」は「シフトを減らしたらイケる?」なんて切り返しをされたりもあるので「精神的」の方がよりいいです。

卒業が決まったんで実家に戻る事にしました

→学生さんが使える手ですね。
学校卒業と同時にホテヘルも卒業というのは、現役JD専門ホテヘル店においては「あるある」です。

逆にそこで変に引き止めると噂が回ってしまうのでお店側もすんなり認めてくれることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
一番いいのは面接時に、退店したい時はどういう手順をとればいいのか。
どれくらい前に言えばいいのか。
その時に罰金やお給料の減額などはあるか…。
などを確認しておくといいでしょう。
また、女の子が少ないお店は一人の女の子が抜けるとかなりの痛手になってきますので、面接時にお店にはどれくらい女の子がどれくらいいるのか、同じ時期に辞めた女の子がいるか…などを確認しておくといいでしょう。

また、辞めると決めたら「未払い分の給料はないか」という事は絶対に確認しておきましょう。
ホテヘル店を辞めたいのか、ホテヘルという仕事自体を辞めたいのかで、多少話は変わってくると思いますが、参考にして頂ければ幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする