セクキャバと偽って風俗店で働かせる嘘求人事情

セクキャバのお仕事は、風俗業界の中でも「キス」「胸触り」程度の非常にソフトなサービスを提供するだけで、一般的なアルバイトよりも非常に高い時給が得られることで、今多くの女性から大変人気を集めています。
本業があるOLや学生がこぞってセクキャバの求人を検索して応募しており、セクキャバにはそうした若いセクキャバ嬢が増えたため、若い女性とイチャイチャしたいためにセクキャバに通うお客様も増え、業界としても以前に比べて盛り上がってきました。
ただ、そんなセクキャバのアルバイトに応募することで、全く別のソープランドやデリヘルなどの風俗店を紹介され、断れずに働かされるという被害も目立つようになってきました。

それも、初めてセクキャバで働いてみようかなぁと軽く考えている、セクキャバ初心者の女性が被害に遭うケースが非常に多くなっているとのことです。
しかしそうはいっても、実際にセクキャバで嘘求人なんて存在するのでしょうか。
また、嘘求人が存在するとして、それを見分ける方法はあるのでしょうか。
今回の記事では、今からセクキャバで働いてみようかなぁと思っている風俗業界初心者の女性に対し、セクキャバ嘘求人に引っかからないための知見をお伝えします。

嘘求人って、本当にあるの?なんで嘘求人を出すの?

質問確かに夜の世界に関わる風俗業界には、少し怪しい業界だと捉えられがちですし、「暴力団と繋がっているのではないか」「実は闇の深い業界なのではないか」などのイメージがつきものです。
ただ、それはあくまでイメージだけの話で、嘘求人なんて存在するのかと疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、実際に嘘求人を出し、セクキャバ勤務を希望する女性を集め、全く別の風俗店に紹介するような悪質なお店は実在するのです。
悪質なお店は、高いお給料や高バック率などが記載された魅力的な条件の風俗求人を出し、素人の女性からの応募を集めます。
そして実際に、面接に来た時点で「セクキャバではなくて、グループのソープランドで働いてみませんか?」

「もっと稼ぐことができる、デリヘルの方でお仕事をしてみませんか?」

などと問いかけ、セクキャバのお仕事とは全く違う風俗店のお仕事を案内するのです。
実際に応募した求人に記載されているセクキャバ店はダミーや振替店であることが多く、そうした案内を断れないまま、風俗嬢になってしまう女性は少なくありません。

なぜこうしたダミーの嘘求人を出しているのかというと、まともな条件を打ち出していては、多くの女性から応募を集めることができなかったり、通常の条件であればなかなか応募を集められないような程条件のお店だからという理由がほとんどです。
そもそもそうした嘘求人に記載されているセクキャバは存在せず、好条件が記載されていたとしても、それはソープランドやデリヘルで働いた時の条件である可能性が非常に高くあります。
ソープランドやデリヘルは、セクキャバよりもお給料は非常に高くなりますので、その金額を求人に記載すると、セクキャバの中ではかなり高いお給料が記載されることになります。
セクキャバの相場の時給などを知らないような素人の女性であれば、単純に高いお給料が提示されている求人に応募する傾向があるので、素人の女性が被害に遭うケースが多くなるのです。

セクキャバでの嘘求人の見分け方って?引っかからないためのポイントは?

虫眼鏡セクキャバは、そのソフトサービスさ故に応募する女性が非常に多いので、こうした嘘求人がかなり多くなる傾向があります。
それでは、嘘求人を見抜き、応募を避けるための方法は、どういったものがあるのでしょうか。

まず、第1に言えるのは、セクキャバのお給料の相場を知り、それに比べてあまりにも高すぎるような条件のセクキャバ求人には、応募をしないようにするということです。
風俗業界とは、基本的にお客様を相手にした分だけ収入に直結する完全歩合制がほとんどではありますが、セクキャバは時給制であることがほとんどで、それにプラスでインセンティブが支給されるようなシステムになっています。
その平均時給というのは、おおよそ3,000円〜5,000円程度になっており、長く働いて指名を多く集めることができるようになれば、時給7,000円や8,000円ほどになるのです。
そうでもないのにも関わらず、入店した時点で時給10,000円越えなどをアピールしているようなセクキャバ店であれば、嘘求人である可能性が非常に高いと言えます。

初心者のセクキャバ嬢に対し、そこまで多くのお給料を支払うセクキャバ店は存在しません。
また、平均の時給の範疇での高時給であっても、個人店の募集の場合は、少し疑いを向けていた方が無難でしょう。
1店舗しかないような個人店で、そこまで高時給を支給できるほど繁盛しているセクキャバというのは、基本的にそこまで多くはありません。
たいていの高時給セクキャバの場合は、ある程度規模の大きな風俗グループ店で、経営も安定していて知名度もあるようなところである場合がほとんどです。

個人店でかなり高待遇の求人を見つけた場合は、評判などをしっかり調べることが大切です。
もし、セクキャバで働くことが初めてという素人の女性の場合は、ある程度大きなグループ会社が運営しているセクキャバ店で働くことをおすすめします。
業界でも知名度のあるような風俗店であれば、待遇も良くて、働く環境も整っており、安全にセクキャバで働くことが可能になっています。
また、もし可能であれば、面接に行く前に実際にお店の所在地に足を運んでみるなどをして、しっかり自分の目で確かめてみるほうがいいでしょう。

嘘求人に書かれている住所には実際にセクキャバ店はなく、電話で応募すると住所と違う場所に来て欲しいと言われるケースもありますので、所在地をあらかじめ確認しておくことで、本当に正当に運営されているのかを把握することができます。

面接に行ったセクキャバが嘘求人だった!どうすればいい?

面接実際にしっかり気をつけていたとしても、うまく嘘求人を掲載している悪質な業者に引っかかってしまった、ということも、もしかするとあるかもしれません。
そうした時は、どういった対応を取ればいいでしょうか。

その時の対応としては1つしかありませんが、とにかく押しに負けずに、しっかりと相手の話を断る勇気を持つ、というものです。
こうした悪質な嘘求人に引っかかってしまうような素人の女性のほとんどは、非常に流されやすかったり、強い押しに弱いような女性ばかりです。
そうした女性に対して、悪質な業者は少し強気で押しさえすれば、ソープランドやデリヘルで働いてくれるだろうと読んでいます。
女性からイエスの返事を引き出すために、甘い条件を提示したり、少し怒ったかのような口調で威圧感を出して押すことで、女性は変に納得をしてしまったり、恐怖で自分から別のハード系の風俗店で働くことを承認してしまうケースは、非常に多くあるのです。

もし、面接の場でソープランドやデリヘルで働かないかという勧誘をされた時点で、その風俗店は悪質だと考えてもいいでしょう。
そう判断した段階で、話が違うので帰宅する旨を伝えてください。
基本的にここで力ずくで引き止めてしまうと犯罪になってしまうので、ほとんどの業者は最終的に威圧感を出して引き止めますが、それに臆せず帰るという主張を突き通す勇気が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
セクキャバは今、気軽に働いてたくさん稼げるアルバイトとしての認知がかなり広がり、多くの女性が勤務を希望するほど人気のお仕事になりました。
ただ、そうした人気に目をつけて、悪質な企みをはたらく業者というのは、必ず存在します。
もしセクキャバ初心者から働くことを考えているのであれば、業界の中でも信頼がある大手グループなどをピックアップして、応募をしましょう。

そしてもし、実際に嘘求人に引っかかったとしても、それに臆せずに回避する勇気を持つことを、忘れてはいけません。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする