やたらと罰金が多いピンサロで働くのはオススメしません

ピンサロの罰金事情

最近では珍しくなりましたが、ピンサロには罰金のあるお店とないお店があります。
もちろんピンサロ以外にも未だに罰金あるお店は存在します。

罰金がある傾向の高いお店の業種は、店舗型のお店です。
店舗型のお店のように店内で接客をするスペースがある業種(ソープやファッションヘルス、ツーショットキャバクラやピンサロ)などのお店では、1日に出勤できる人数が決まっている為女性の出勤をシフトで管理する場合が多く、欠勤や遅刻をすればお店の営業に穴をあけることなり、売り上げにも大きく影響します。
また売り上げの問題以外にも、女性の欠勤が頻繁にあるとお客様からの信頼にも影響が出ますので、女性の欠勤や遅刻などに対して罰金を取るお店もあるのです。
しかし、お店の目的は女の子から罰金のお金を取ることではなく「女性にきちんと出勤してほしい」からこそ罰金制度があるお店もありますので、「罰金=悪」というわではありません。

しかし、中には理不尽な罰金があるピンサロもありますので、女性は面接時にお店の罰金いつてもよく確認してから入店へ話を進める事をお勧めします。
もし、あまりに理不尽な罰金があると感じたら入店はお断りしましょう。
ここからは、ピンサロと罰金事情についてご紹介したいと思います。

ピンサロだけじゃない!?罰金のあるお店

罰金風俗の求人情報を見ていると「罰金ナシ」と書かれているお店を見かけることがあります。
最近では、あまり勤務条件を厳しくすると女性の応募が見込めない為、罰金制度の無い風俗店が増えました。
罰金が無いお店が増えた現在も罰金制度を設けているお店はあります。

では、現在も罰金があるお店とはどのようなお店なのでしょうか?
まず、罰金のある代表的なお店は「店舗型」のお店です。
特に、ソープやファッションヘルス、ツーショットキャバクラやピンサロなどは今でも罰金が存在するお店があります。
一体どのような事をすれば罰金を取られるのかというと、「遅刻」「無断欠勤」などに対して罰金が適用されることが多い様です。

これは何故かというと、店内で接客をする店舗型のお店では1日の出勤人数が無制限ではありません。
ソープやファッションヘルスではプレイルームの数が決まっていますし、ツーショットキャバクラやピンサロもお店の席数などのキャパに合わせて1日の出勤人数が決められています。
その為、これらの業種では「自由出勤」よりも「シフト出勤」のお店が多く、シフトを合わせて1日の出勤人数を調整しているのです。
店舗型のお店では女性の出勤率によりお店の売り上げが大きく変わります。

シフト出勤で出勤人数を調整していると、女性が急に休むと代わりの出勤を用意することは困難です。
女性の出勤人数が減ると、お店の営業に穴をあける事になります。
つまり、女性が出勤していれば受けれるはずだったお客様を受け入れることが出来なくなるのです。
事前に予約を受けていたお客様がいればお客様にも迷惑がかかりますし、欠勤や遅刻が続くと女性自身も信頼を失いかねます。

お店側の目的は女の子から罰金を取ることではなく、「ちゃんと出勤してもらうこと」なのです。
風俗のお仕事は、業種柄お仕事のルールが緩い傾向にあります。
業界全体的にも出勤を守れない女性が多いので、女性に出勤を守ってもらうためにも罰金制度を設けているお店は今も存在するのです。

罰金の理由が理不尽なお店は避けましょう

No, 拒否ここまでは理由のある罰金についてのお話でしたが、ここからは良く分からない罰金があるピンサロについてご紹介します。
入店を避けた方が良いピンサロについてですが、例えば1週間のうちに数日は出勤しなければならないと決まっているような出勤ノルマがある場合や、お客様の指名が取れないと罰金があるようなお店では入店を避けた方が良いかも知れません。
そもそも女性には体の突然の体のトラブルなども起こり得るため、風俗店における出勤のノルマは過酷です。
自分の体以外にも、小さなお子さんがいるママは、急なお子さんの病気でお休みが必要になる時もありますよね。

出勤日数が足りなくなると罰金を引かれるようなお店は避けた方が無難です。
また、指名が取れなければ罰金と言うお店も過酷だと思います。
風俗では「指名本数未達の場合お給料からマイナス」という減点方式のお店は少なく、「指名で時給アップ」というような加点方式のお店が多いので、あえて減点方式のお店を選ぶことはないと思います。
風俗嬢の中には、指名を取ることに焦ってしまうあまりに「本番行為」に走る女性も少なくありません。

もちろん、本番をする女性の中には別途お客様からお金をもらって本番行為を行う女性もおられますが、風俗店における本番行為は違法ですし、お店に本番バレしたときにはお店から解雇される場合もあります。
また、お客様はお店から違反行為代としてお金を請求される場合もあるのです。
世の中に罰金制度自体がないお店も多いので、あまりに罰金などの引き物が多いお店なら、そのまま働くよりも自分のペースに合ったお店で働く方が女性にとっては良いのではないでしょうか?

トラブルの元!店外デートは要注意

恋愛急な支払いがある時や、どうしてもお店で働く以上にお金が必要な時によくありがちなのが「店外デートのお誘い」です。
風俗嬢の中には、店内で知り合った男性客に裏引きの目的で自ら店外デートを持ちかける女性もおられます。
「裏引きすればお金が直接受け取れる!」と考える方も多いようですが、店外デートは風俗嬢にとってトラブルの原因なのです。
店内のお仕事は何かあった時にはお店の人が守ってくれますが、店外デートでは万一何かが起こっても誰も助けてはくれません。

店外デートは完全に自己責任となります。
お店に店外デートがバレた時には罰金や解雇となるケースもありますので、容易に店外デートを行わないようにしましょう。
無茶苦茶な理由で罰金を引くお店は入店をおススメしませんが、ある程度常識的な範囲で罰金を設けているお店は運営もしっかりしている可能性がありますので、応募を検討してみても良いのではないでしょうか?
ルールが厳しいお店は、営業に対する意識が高いお店でもありますので、ルールを厳しく維持出来るだけの集客力がある可能性があるからです。

ただし求人情報だけではどんなお店か確かめようがありませんので、結局は実際に足を運びお店の実態を知る事が1番だと思います。
もし、あなたがどうしても罰金がまったくないお店で働きたいのなら「デリヘル」や「ホテヘル」辺りの勤務条件が緩いお店から応募をチャレンジしてみると良いかも知れません。
デリヘルやホテヘルでは、ピンサロと違って接客スペースを持たないお店ですので、1日の出勤人数に対して制限が無いため完全自由出勤のお店が多く、罰金のないお店も多くあります。
また、これらの業種にも体験入店制度がありますので、罰金の有無だけでなく1日にどれぐらい稼げるのかを働いてみて確認することも大事です。

せっかくお仕事をするのならやたら罰金の多い悪質なピンサロ店には避け、集客力に自信のある優良なピンサロへ応募するようにしてくださいね!

面接時にお店のルールをきちんと確認しよう!

チェック マークお金事情が厳しい風俗嬢や、指名が欲しい風俗嬢の中には本番行為や店外デートをお客様に持ち掛ける方がおられます。
店外デートとはお店を通さずにお客様と会うことです。

裏引きというのは、男性客に対して本番行為やプレイ料金を直接交渉し、お店を通さずにお金を受け取ることです。
お店を通すと、男性の利用料金の何パーセントからはお店に流れるので、店外デートで裏引きをすれば手取りが増えると喜ぶ方も多いともおられますが、男性と直接会いお金をもらってサービスをすること自体はトラブルの元です。
これは何故かというと、風営法に違反しているからです。
また「お店」という抑止力がなくなってしまう危険性もあります。

例えば、店外デート中に女性の身に何かが起こってもお店は女性を助ける事も出来ません。
自分で自分の身を守る方法しかないのです。
お店でよく会う男性も、一歩外へ出れば同じかどうかは分かりません。
理不尽な罰金制度のあるピンサロでのお仕事はお勧めしませんが、常識の範囲内でお仕事のルールに対して罰金があるお店は集客力に自信がある可能性があるので、面接を検討してみても良いのではないでしょうか?

面接時には必ず罰金の有無について確認するようにしましょう!

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする