リスカ跡があってもホテヘルのバイトは出来ますか?

精神的に追い込まれリストカットとしてしまってリスカ跡が残ってしまっている。
こういった場合、ホテヘルなどの風俗店では面接の時に不採用にされてしまうのでは?
と心配になることでしょう。
ここではリスカ跡があってもホテヘル嬢として働いていけるかについて紹介します。

リスカ跡がある女性は何気に多い

手首ホテヘルなどの風俗店で働こうとしている女性の質問の中でも多いのが、タトゥーをしていても働けますか?
といったものの次にリスカ跡があるけれど大丈夫か?
というものです。

リスカ跡を筆頭にして手術の跡だったり傷やシミといったものは何十年という時間経過があっても消えることはありません。
特にリスカの跡は服を脱がなくても自然に見える場所であるため目立ってしまうという特徴があります。
ただ、風俗嬢の中ではリスカ経験のある女性が意外と多く働いています。
心を病んだ結果、一般職では働くことが難しくなり風俗嬢になったという方もいれば、風俗嬢になったことで精神的に病んでしまいリスカをしてしまったというケースもあります。

こういった状況ですから、リスカ跡をそこまで気にする必要はないといえます。
風俗業界ではある意味で普通にあることとして捉えられているため、リスカ跡があるからといって門前払いされるなんてケースはほとんどありません。

リスカ跡があっても働くことができるのか?

結論からいえばリスカ跡があったとしてもホテヘルで働くことは可能です。

ただし最高ランクのデリヘルやソープなどではタトゥーやリスカ跡、手術跡など肌に目立つ傷などがある場合には不採用にされるケースがあります。
他にも出稼ぎ風俗などの場合には、保証金が減らされてしまうケースもありますから、そういったことが気になるという方であれば、できればお客さんはもちろんお店にもバレないようにリスカ跡を隠すようにするべきでしょう。
リスカ跡があってもホテヘルで働くことは可能ですが、お店などによってはそれが不利に働いてしまうことも覚えておきましょう。
場合によってはパネル写真などには修正を加えるようにすべきですね。

リスカ跡があっても女の子が採用されるのは、風俗店の多くがリスカ跡などの肌の見た目を重要視して採用基準を設定しているわけではないからです。
リスカ跡があってもルックスレベルが高いだとか、お店のコンセプトにマッチしているルックスや雰囲気の持ち主であれば、リスカ跡がなくてもミスマッチしていると思われる女性よりも採用してもらえます。
在籍している女性や面接に来る他の女性と比較して、カワイイだとかプロポーションが良いといったアドバンテージを持っていれば、リスカ跡などがあったとしても売れるとホテヘル店は判断してくれるものです。

リスカ跡が理由で不採用になってしまうケース

No, 拒否採用してもらえる可能性は限りなく高いですが、それでもリスカ跡が原因で不採用になってしまうケースも存在します。
それは前述でも触れましたが全てにおいて高いレベルを求められる高級店に在籍したい場合。
高級店ではルックス、プロポーションの他にも肌の状態や接客レベル、言葉遣いや立ち振舞いの良さなどあらゆるものを求められます。
リスカ跡は不採用にされる要因になってしまうケースが多いです。

また高級店でないケースでも不採用にされるパターンもあります。
それはリスカ跡は新しいこと。
明らかに面接日間近にリストカットをしているなというような生々しいリスカ跡の場合には、精神的に不安定な状態だと判断されます。
こういった女性を接客させた場合、お客さんに迷惑を掛ける可能性も高いですし、何かしらのトラブルやクレームに繋がる可能性が高いと判断されてしまいます。

結果としてお店の評判が落ちてしまうことになりますから、何かしらのトラブルを起こしてしまいそうな現在進行系で精神が不安定な女性は採用される可能性は少ないといえるでしょう。

風俗嬢が行っているリスカ跡対策

リスカ跡があったとしてもホテヘルで活躍することは可能ですが、できればないに越したことはないというのも事実でしょう。
実際にホテヘル嬢などはどのような方法でリスカ跡の対策を行っているのでしょうか。

レーザー治療や手術

一つの方法としては、美容整形外科や皮膚科などで行ってくれるレーザー治療や手術です。
しかしながらレーザー治療を行ったとしても、完全に消し切ることは難しいとされています。
傷跡が多少薄くなる程度しかレーザー治療では改善することが出来ません。

整形手術を行えばキレイな状態にまで持っていくことができますが、高額な費用が掛かってしまうことがネックです。
また成功率は100パーセントではなく失敗してしまうケースもありますから、そういったリスクを考えると完全に消すという考えよりも隠すという風に考えるのがベストと言えるでしょう。

ケロコートを使う

多くの風俗嬢がリスカ跡隠しのために使っているアイテムがケロコート。

リストカットなどによってケロイド状になってしまった皮膚をシリコンでカバーをして平な状態を作り上げてくれます。
アメリカで開発され年間で30万個も販売されている人気商品がケロコート。
レーザー治療や美容整形手術などにコストを掛けるのはちょっとという方に多く利用されている商品です。
ただしまだ新しい赤味があるようなリスカ跡には有効ですが、経過時間が長く白く変色してしまっているリスカ跡にはあまり効果が見られません。

スカージェルを使う

古いリスカ跡は隠すことはできないのかといえば、そんなことはありません。
スカージェルという商品がありそれを使えば白くなってしまった古いリスカ跡でも上手に隠すことが出来ます。
実はまだ赤味のあるリスカ跡なら隠すのはそこまで難しくはありません。

時間が経過し白くなってしまったものを隠す方が難しいのです。
スカージェルは大手薬品メーカーが開発した商品で、手術などで負ってしまった傷跡をわかりづらくするようなQOLを考慮して作られたものですから効果の高さは期待できます。

ファンデーションで隠す

化粧次にファンデーションを使うという方法です。

この方法を採用しているホテヘル嬢は非常に多いのではないでしょうか。
赤味があるリスカ跡はもちろん古い白いリスカ跡も関係なくカバーすることができます。
ホテヘルの場合にはプレイ前やプレイ後のシャワータイムがあるため、できればウォータープルーフのファンデーションを使うと落ちづらくておすすめです。
また、かなり深くリストカットをしてしまい傷跡の凹凸が非常に目立つという場合には、ファンデーションテープを使うことをおすすめします。

こちらもさまざまな商品が出てしまうし、ウォータープルーフ仕様のものもありますからおすすめですね。
テープ跡を目立たせないためにファンデーションを重ね塗りすれば、リスカ跡も驚くほどに目立たなくなりますよ。

リスカ跡は上手に隠して働こう

リスカ跡がある女性でも高級店や間近でリストカットをしていることが分かるような傷跡でもない限り、ホテヘルで働くことは可能です。

ただし気にされるお客さんやコンセプト的に無理だと判断するお店や気にされるお客さんも多いですから、できれば隠すように出来る限りの努力をすべきでしょう。
ケロコートやスカージェル、ファンデーションテープなど安価に手に入れられるアイテムが沢山販売されていますから、利用するのがおすすめです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする