メンズエステの面接時に持っていくものは身分証のみで十分?

メンズエステの面接を受ける場合、どのような物を持っていく必要があるのでしょうか?
まず、普通の仕事ならば履歴書の提出が求められることが多いですが、メンズエステでも必要でしょうか?
また、身分証明書については必ず提出を求められます。

その場合の身分証明書とはどのような物が適切でしょうか?
せっかく勇気を出して面接に赴いたのに、書類不備でまた来てくださいなどと言われないようにししっかりと準備をしておくようにしましょう。

履歴書は基本的に不要

書類普通の仕事の面接ならば履歴書の提出は必須ですが、メンズエステをはじめとする風俗業界では履歴書の提出は求められません。

とはいえ、提出してはいけないというわけではないので、風俗店やマッサージやエステの経験があったり、アロマなどの資格を有していたりする場合は履歴書にまとめて提出することで自分のキャリアをスムーズにアピールすることができます。
キャリアはあるけれど、面接当日に緊張してしまいうまくアピールできなさそうだという人はあらかじめ履歴書を作っておくのがおすすめです。
お店側も真面目でやる気がありそうな人だと評価をしてくれるでしょう。

身分証は必須

メンズエステなどの風俗店の面接で必須なのが身分証です。
どのようなものが身分証として認められやすいか、取得しやすいかについて説明をします。
身分証として確実なものが1つあれば十分です。
顔写真、住所、生年月日、名前が全て確認できる必要があります。

パスポート

期限の切れていないパスポートはとても有効です。
写真付きで日本人であることと年齢、本籍記載まで確認をすることができます。
パスポートの取得はやや時間がかかります。

申請してから最短で一週間程度かかりますし、手数料も1万円以上かかります。
メンズエステの面接のためだけにパスポートを取得するのはおすすめできません。

運転免許証

運転免許証は身分証明書としてとても便利です。

写真付きで且つ、名前や年齢、住所も確認することができます。
普通自動車の免許証の場合は取得に最短で20日かかりますし、費用も20万円程度かかってしまいますが、原付の免許証の場合は即日発行で8000円です。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは最近主流になりつつある身分証です。

市役所に申請をすれば初回は無料で作成することができます。
写真付きで本籍地記載なうえ、国が保証している身分証明書などでどこでも通用します。
免許証やパスポートを持っていない人には1番おすすめです。
即日、郵送でも数日で手にすることができます。

逆に言えば、マイナンバーカードを用意できない理由がないので、求められたのならば提出できないと訳アリだとみられ、採用は見送られるかもしれません。

こんなものは身分証として認められにくい

注意 マーク以下のようなものは身分証明書として認められにくいので持っていっても無駄になってしまうかもしれません。
単品では信用度が低くても複数を用意することで身分を証明してくれる価値がでてくることもありますが、あまりおすすめできません。

メンズエステ側からも敬遠されるでしょう。

学生証や社員証、名刺

学生証や社員証はあまり正式な身分証明書として認められていないことが多いです。
写真付きであるならば名前の確認をすることができますが、年齢や住所までは確認できないことがほとんどです。

名刺は偽造が比較的簡単に出来てしまいます。

保険証

保険証は国が発行しているものではありますが、写真付きではないですし、本籍地も記載されていないので身分証明書としては認められません。

タスポ

タスポは20歳以上であることと名前しか証明されないので、身分証明書としては認められません。

公共料金の支払明細書

保険証や学生証、社員証などと組み合わせることによって、名前や住所などを証明することはできますが、単品ではもちろん、組み合わせとして使っても、正式な身分証としてはほとんど価値がありません。

住民基本台帳カード

マイナンバーカードの発行により、従来の住民基本台帳カードの発行は終了しました。
しかし、発行から10年は効力のある身分証です。
しかし、顔写真が添付されていないので、これだけでは信頼性が薄いです。

その他

クレジットカードやレンタルショップの会員証、卒業アルバム、期限の切れた住民票なども効力は全くありません。

あらかじめメンズエステに確認を

身分証としてどんなものを用意したらいいのか分からなかったり、迷ったりしたらあらかじめ面接を受ける予定のメンズエステに確認をしましょう。
そうすれば無駄足を踏まずに済みます。

身分証のチェックが甘いお店は要注意

No, 拒否身分証のチェックが甘いメンズエステや風俗店では絶対に働いてはいけません。
順法意識がかなり低い可能性が高いです。
なんらかの違反をしていて、警察の摘発に巻き込まれる危険性や辞めるにやめられない状況に陥ってしまうようなことがあります。

身分証のチェックが甘いお店には訳アリの風俗嬢ばかりが集まってくるので、トラブルにも巻き込まれやすいでしょう。

話を聞くだけならば身分証は無くても良い

メンズエステへの面接といっても話を聞いたり、見学だけをしたかったりするだけなのならば身分証は必要ありません。
とはいえ、メンズエステ側としては身分証明書も持たずに話だけを聞きに来たという女性にはあまり本気で勤める気はないのではないかと思ってしまいがちです。

丁寧で親身な対応をメンズエステ側に求めているのならば身分証明書を持っていくようにしましょう。

マイナンバーカードは大丈夫?

メンズエステや他の風俗店で勤める上でマイナンバーカードは身分証としてとても有効ですが、マイナンバーがお店側にばれてしまうと言うことに危惧をする人もいるかもしれません。
そんなときはお店側に「マイナンバー対策はどうなっていますか?」
と聞いたり、あらかじめ「マイナンバー対策済み」をアピールしている求人に応募したりしましょう。
無店舗型のメンズエステの場合は特にマイナンバー対策については万全であることが多いです。
マイナンバーカードを提出してもあくまで本人確認のためにしか使いません。
とはいえ、あくまでそれは現行での場合で、今後は変わっていくかもしれません。

メンズエステの面接には身分証が必須

メンズエステの面接に行くのならば身分証を持っていくようにしましょう。
身分証は顔写真付きで名前、住所、生年月日が確実に分かるものでなくてはいけません。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどが特におすすめです。
逆に、保険証、学生証、公共料金の支払い証、クレジットカード、タスポなどは身分証として認められません。
もしも、それらの書類のみで働けてしまうようなメンズエステがあっても決して働いてはいけません。
トラブルに巻き込まれるリスクがとても高いです。

身分証として一番簡単に取得できて効力が高いのがマイナンバーカードです。
今はまだ必須ではありませんが、これからの時代、風俗店で働く場合に必須になってくるかもしれません。
普通の仕事には面接の際につきものの履歴書ですが、こちらは風俗業界では必須ではありません。
しかし、面接のときに緊張してしまいそうだったり、ある程度キャリアがあったりするのならば履歴書を作成しておくことで、スムーズに自分をアピールすることができるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする