メンズエステは自由出勤だから掛け持ちでも十分稼げる

多くのメンズエステ店は完全自由出勤になっています。
完全自由出勤と言うのは、女の子が自分が働きたい日にちを自由に選んでシフトを組むことができるシステムのことです。
普通のお仕事のように、必ず決められた日にち同じ時間で働かなくてはいけないわけではないので、自分の空き時間に合わせて自由にシフトを組むことができます。
また、メンズエステ店は営業時間が非常に長いので、昼間にアルバイトをして夜だけメンズエステ店で働くような掛け持ちも非常にしやすくなっています。

この記事では、メンズエステで掛け持ちでも稼ぎやすい理由と掛け持ちをするメリットについてご紹介します。

メンズエステは掛け持ちしやすい?

マッサージメンズエステは完全自由出勤で、自分の空き時間に合わせて自由にシフトを組むことができるので、掛け持ちで働いている女性がたくさんいます。
例えば、お昼は普通のアルバイトをして夜から深夜までメンズエステで働く女性や、フレックスタイム制の派遣の仕事をしているので仕事の後やお休みの日はメンズエステで働く女性などもいます。
完全自由出勤のメンズエステでは、採用された後に「必ず週に何日間働かなくてはいけない」とか「何曜日と何曜日は出勤しなくてはいけない」という決まりはありません。

出勤スケジュールは、全て自分の都合に合わせて決めることができるのです。
メンズエステ店に限らずほとんどの風俗店は完全自由出勤になっているので、掛け持ちで働くことはとても簡単なのですが、その中でもメンズエステは営業時間が非常に長いので掛け持ちで働きやすい業種と言えます。
例えばソープは基本的に24時までのお店が多いですし、デリヘルだと夜から深夜までしか営業してないお店もあります。
一方でメンズエステの場合、24時間営業しているお店も非常に多いので、どんなお仕事をしている女性にとっても時間の都合をつけやすいのです。

完全自由出勤のお店は風俗求人を見れば必ず「完全自由出勤」とアピールしています。
他のお仕事をしながら風俗でもっと稼ぎたい女性は、完全自由出勤と書いてあるお店を選ぶことをおすすめします。
メンズエステはデリヘルやソープなどよりも性的なサービスの度合いが少ないので、肉体的にも精神的にも負担が比較的少ない業種でもあります。
お仕事の掛け持ちは、それが風俗業界ではなかったとしても非常に大変なので、最初からいきなりデリヘルなどとの掛け持ちを始めてしまうと体を壊してしまうこともあります。

メンズエステであれば負担を少なめにしてお給料を稼ぐことができるのです。
しかもメンズエステの給料は、普通のお昼の仕事よりもはるかに高いので、一気に収入を増やすことも可能です。
つまりメンズエステは、完全自由出勤でしかもお店が営業している時間が長く、体への負担も少なめなので掛け持ちとしやすいと言うことです。
なお、掛け持ちする時に注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

まず、風俗業界以外の普通のお仕事とメンズエステの掛け持ちをすることは何も問題ありません。
多くのメンズエステ店も普通のお仕事との掛け持ちを認めていますが、風俗業界で二つのお店を掛け持ちすることは基本的にはご法度とされています。
それは、片方のお店でついてくれたお客さんを、もう一つのお店に連れて行かれてしまうとお店にとっては大損失だからです。
例外的に風俗業界での掛け持ちが認められるのは、お店を移籍しようと考えていて、新しいお店でちゃんと働けるのかどうかを確認する期間として一時的に掛け持ちするパターンです。

このような場合には、1ヶ月程度掛け持ちした後に、どちらかのお店に絞る前提で掛け持ちを認めてもらえることがあります。
また、体入保証や日給保証をもらうためには週4日以上くらいは出勤しなくてはいけないなどの厳しい条件が付くので、掛け持ちだとその条件を満たすことがほとんどできません。
だから掛け持ちで働く場合には、お店からの保証は基本的にもらえないものだと考えておきましょう

掛け持ちのメリット

掛け持ちで働くことは、女性にとって大きなメリットがあります。

普通のお仕事よりも稼げる

お金 電卓メンズエステは完全歩合制ではありますが、しっかりとお客さんにつくことができればお昼の仕事よりもはるかに稼ぐことができます。
だいたいメンズエステであれば1時間あたり6,000円以上稼げることが多いので、時給1,000円のアルバイト6時間分の給料を、1時間で稼ぐことも出来るのです。
風俗一本に絞って働くのは嫌だけれども、たくさん稼ぎたいという方にとって、短い時間で高いお給料を稼げる掛け持ちは非常に魅力的なのです。

気分転換になる

風俗業界は肉体的にも精神的にも普通のお仕事より辛い世界です。

さらに普通のお仕事と違って、仕事の愚痴や悩みなどを家族などに相談できないという問題もあります。
だから風俗一本だけで働いていると、ストレスがたまってしまい病んでしまう女の子もいます。
しかし掛け持ちであれば、風俗の世界だけで生きているわけではなく、普通のお昼のお仕事での人間関係もあるので気分転換ができて心を病んでしまう可能性が低くなります。

一つのお仕事に依存しなくていい

大きな企業の正社員などであれば、ある日突然仕事がなくなってしまうというような不安はありませんが、アルバイトや派遣をしている方の場合、もしかしたら契約が打ち切りになって仕事がなくなってしまうかもしれないという不安が常につきまといます。

しかし、メンズエステと掛け持ちをしていれば、もしどちらかの仕事がダメになったとしても、もう1個の仕事があるのですぐに生活に困ってしまう様な事はありません。
二つの仕事を掛け持ちしていれば、どちらかが駄目になっても大丈夫という安心感があるので、精神的にも安定して働くことができます。

どちらかを辞めることも出来る

ひとつのお仕事だけをしていると「この仕事を辞めたらお給料がなくなってしまう」という不安が常につきまといますが、掛け持ちしていればどちらかをやめてしまってもお給料がなくなってしまうことはありません。
だからもしどちらかのお仕事ですごく嫌なことがあって辞めたくなったのであれば、気楽にお仕事をやめることも出来るのです。

掛け持ちで働くときの注意点

掛け持ちで働く時には注意しなくてはいけないこともあります。

移動時間を気にする

車 日本意外と盲点になってしまうのが職場の移動時間と、移動をすることによる疲労です。
自宅とお昼の仕事の職場を往復するだけならば問題なくても、それに加えてメンズエステ店への移動があるので、その移動時間と移動による疲労についてもしっかり考えておかなくてはいけません。
あまりにも遠すぎると出勤するだけで疲れてしまいますし、さまざまな理由で遅刻してしまうこともあります。

移動時間が長すぎると遅刻をしてしまうリスクが高まりますし、何よりも自分が疲れてしまいます。
だから掛け持ち先としてメンズエステ店を選ぶときには、自分にとって無理がない距離のお店を選ぶようにしましょう。

勤務時間は余裕を持って決める

掛け持ちをしているときには前のお仕事が長引いてしまう可能性も頭に入れておきましょう。
絶対に残業などが発生しないお仕事であれば問題ありませんが、派遣で事務をやっている女性などの場合は勤務時間が長引いてしまうこともあります。

前の仕事が長引いてメンズエステ店に遅刻してしまったり、最悪当日欠勤になってしまうとお店からの信用を一気に失ってしまいます。
掛け持ちのシフトを組む時には、絶対に前の仕事の影響が出ることがない時間を見定めて、余裕を持たシフトを組むようにしましょう。
自分の都合に合わせてシフトを決められるのが完全自由出勤の魅力なのですから、無理して詰め込んで後からトラブルになってしまうことは避けなくてはいけません。

まとめ

メンズエステで掛け持ちでも稼ぎやすい理由と、掛け持ちをするメリットについてご紹介しました。

メンズエステは完全自由出勤でしかもお店が営業している時間が長いので、掛け持ちでも自分の都合に合わせたシフトをできるというメリットがあります。
しかも二つのお仕事をしているので気分転換もできて精神的にも安定するので、お仕事を頑張って稼げる可能性が高いのです。
ただし、やはり二つのお仕事をするのは体への負担が大きいので、最初から無理して仕事を詰め込みすぎず、自分にとって無理がないシフトを組むようにしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする