セクキャバの出勤システムはどんなの?自由出勤?シフト?

風俗のお仕事を検討中の方の多くは可能なら脱がない、舐めない、触らせないの3無いサービスを希望される方も多いでしょう。

風俗のお仕事ではソープ、デリヘル、ヘルスが3大業種と言われ業界の中でも大多数を占めますが、これだけとは限りません。
オナクラやイメクラの他、水商売系のキャバクラ、セクキャバも風俗の業種に該当します。
キャバクラやセクキャバはソープなどの業種に比べ風俗色はそれほど強くなく比較的ソフトなサービスを伴うため業界未経験の方はキャバクラやセクキャバから始めようと検討中の方も多くいるでしょう。
ただセクキャバも風俗の業種に該当しますので、OLさんなどの一般職とは全く異なる出勤体型や給与システム、業務内容となるのです。

風俗サイトの求人情報には面接を受けたくなる魅力的な広告ばかりが目立ちますが、果たして本当に稼げるのかや出勤システムはどうなのか、どんなサービスが行われるかなど不安や疑問に感じる方も多いでしょう。
ここではセクキャバについてのお店の基本情報から出勤システム、セクキャバで勤務する際の注意点などを紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

セクキャバの基本情報を理解しよう

チェックセクキャバはセクシーキャバクラの略で、おっパブ(おっぱいパブ)やお触りパブ、ハッスルなどとも呼ばれています。

似たようなお店に女の子が下着姿で接客してくれるランジェリーパブがありますが、セクキャバはとはシステムが全く違うので押さえておきましょう。
主なサービス内容はお客さんといっしょにお酒を飲みながら談笑するキャバクラのお仕事内容に加え、胸を触らせたり上半身だけ裸になってお客さんの上にまたがりキスやお触りができるサービスです。
セクキャバでもお店のコンセプトやソフト、ハードなどの違いによってサービス内容も異なります。
ソフトなセクキャバではいちゃいちゃするだけのいちゃキャバと呼ばれるお店もあり、服は脱がず基本洋服の上から胸などを触らせるだけのサービスです。

一方、ハードなセクキャバでは下半身の指入れまでオッケーな内容のお店もありますので覚えておくと良いでしょう。
セクキャバはピンサロとは異なり射精させる事が目的ではないので精神的にも比較的お仕事しやすい内容になっており、ハードなセクキャバであっても抜きサービスはありません。
口や手で男性器をサービスもありませんし、お客さんがズボンを脱ぐと法律に触れる恐れがありますのでサービス内容をしっかりと理解しておきましょう。

セクキャバの出勤システムはどうなっているかを理解しよう

ソープやデリヘルなどの業種では求人サイトを見ても完全自由出勤OKで週1、月1からでも可などとありますが、セクキャバでも好きな日、好きな時間だけ自由なシフトが本当にとれるのか気になりますよね。
結論から言いますとセクキャバはデリヘルなどの無店舗型店とは異なるためシフトや出勤の融通が利きにくい業種になります。
詳しく理由を見て行きますとセクキャバの営業時間は地方では夕方6時くらいにオープンしますので、お昼シフトを希望される方には条件が合いません。
関西や関東などのセクキャバではお昼の12時からオープンしているお店もありますが、12時~18時、18時~ラストと2シフト制を導入しているお店が多く1時間だけ、2時間だけ勤務する事は厳しいと言えるでしょう。

風俗の求人サイトには月収100万以上続出、週1からの自由出勤制、12時~ラストまで都合のいい時間帯でOKと風俗嬢を大量に募集していますが、風俗求人サイトの90%以上は過大広告です。
いかにして面接にきてもらえるかというお店の思惑が隠されていますので注意してください。
待遇や条件など全てを鵜呑みにするのではなく口コミや評判をチェックしたり体験入店などを利用して出勤システムや客層、在籍しているセクキャバ嬢を確認しておく事をお勧めします。
次にセクキャバは法律上はキャバクラと同じ取扱いになりますので、どんなにお仕事したくても深夜1時には完全お店が閉店となります。

深夜しかお仕事できない方には条件が合わない事になり、店舗型で営業しているセクキャバならではの融通が利きにくい勤務システムと言えるでしょう。

完全自由出勤制を上手に活用しよう

カレンダーセクキャバではシフトや出勤システムに融通が利かせにくい事を紹介してきましたが、完全自由出勤制のお店なら問題はないくらいに融通は聞かせる事ができます。
一般のアルバイトやパートでも事前にシフトを提出し、大体月~金の〇時間勤務で決めますが、風俗の完全自由出勤ならどんなにきついシフトを申告してもお店に問題を与える事はありません。

例えば今週は月~水のお昼、来週は金~日の夜、その後2週間休みなんてシフトであっても全く問題ありません。
またシフトと提出期限も1週間前までから前日にまで提出すればOKなど、一般のアルバイトでは考えられないくらい緩いのも風俗業界の特徴です。
またお休みにしてた日でも予定などが変更し出勤できるなら、大抵は当日でもシフトに入れるなど柔軟な対応を取ってもらえるのも風俗の特徴です。
セクキャバで完全自由出勤を導入しているお店もありますが、お店によっては決められたシフト縛りの出勤システムもありますので面接時にしっかりと確認しておいて下さい。

セクキャバで遅刻や欠勤する際の注意点

注意 マークセクキャバでは事前にスケジュール表を提出しそれに基づいた営業システムが決められています。
ただ体調不良や病気、事故などで遅刻や欠勤する事もありますが、少し遅れそうや当日欠勤でもあっても理由を連絡しておけば何の問題もありません。
ただ一番いけない事は当日欠勤を無断で行う事、所謂ドタキャンで色んな方に迷惑を掛けるだけでなく後々自身に災いが降りかかってくる悲惨な目に遭う事になります。

当日のドタキャンはまず出勤する予定の女の子の人数が足りない事から、出勤できる他の女の子に無理言って出勤してもらう事になります。
そうなると在籍するセクキャバ嬢からも白い目で見られますし、お店としても出勤してくるか来ないか分からない子よりきちんと出勤してくれる子の方を優先してフリー客を回してあげようと考えるのも当然ですよね。
そうなれば稼ぎも減りお店に居ずらくなり、結果として干される恐れもあるのです。
セクキャバを利用するお客さんも出勤表を見てお気に入りの子がいる日に来店しますが、せっかく来てくれたのに当日ドタキャンでいなければ不信感を抱いて他のお店に変えようなんて事も考えられるのです。

いくら完全自由出勤制のセクキャバであっても当日の無断欠勤は間違いなく自分の首を絞める結果になりますので、遅刻や欠勤する時は確実に電話連絡で理由を伝えるようにして下さい。

まとめ

セクキャバではどういったサービスを行うのかや出勤システムはどうなっているのかをおわかりいただけたでしょう。
地方や都心部、ソフトやハード系などお店によってセクキャバは出勤システムやサービス内容も異なりますので、風俗求人サイトだけを見てお店を決めるのではなく口コミや評判を調べてみたり、面接時にしっかりと質問して確認しておく事が大事です。

また一般の会社と同じように当日の無断欠勤は確実に干される結果になりますので、遅刻や欠勤をする場合はお店に理由を連絡するようにして下さい。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする