オナクラの面接でマイナンバーの提出を求められた!詐欺ですか?

風俗業界のお仕事の中でも、もっともソフトサービスを提供していることで話題になったオナクラ店は、今若い女性から大きな注目と人気を集めている風俗店アルバイトの1つとなっています。
オナクラ店の基本サービスというのは、お客様が行なっている自慰行為を風俗嬢がじっと見ているというものになっており、一般的な風俗業界のお仕事のイメージにある、ソープランドやファッションヘルスなどで提供されている本番行為やフェラチオなどのサービスを提供することのハードルに比べると、非常に低いハードルで従事することができるということがわかります。

そのため、高収入アルバイト求人サイトなどから風俗業界のお仕事を見て、「お金は欲しいけど自分にできるかどうかわからない」と足踏みしていたような方でも、オナクラのお仕事であれば自分でもチャレンジできるかも!と感じていただけやすくなり、応募が殺到しているのです。
しかし、2015年よりマイナンバー制度が導入されてから、風俗でのお仕事が会社にバレてしまうかもという心配が浮上し、応募をどうするか懸念されている方も多くなって来ました。
ただ、マイナンバー制度が導入されてからの風俗店の対応などを見ていると、マイナンバーを税務署に提出することはないとされていますが、たまにオナクラ店の面接などでも、マイナンバーの提出を求められる時があるそうなのです。
オナクラ店の面接の際に、マイナンバーの提出を求められた場合、それは詐欺にあたるのでしょうか。

また、風俗嬢は確定申告などの税金の対策を、どのようにすればいいのでしょうか。
今回は、オナクラ店のお仕事とマイナンバー提出の必要性について、そして風俗嬢の税務関係についてご紹介します。

マイナンバーの提出を求めてきたオナクラ店は、詐欺?

質問2015年から導入されたマイナンバー制度によって、風俗嬢やキャバクラ嬢といった夜のお仕事をされている方は、会社にバレるのではないかと不安を募らせていました。

というのも、こうしたお店で働いている方のほとんどが、本業というよりかは副業として働いている方ばかりであり、またほとんどの会社が副業を禁止にしておりますので、会社にバレることで何かしらのペナルティ、もしくは解雇などになってしまう可能性もあったのです。
しかし、マイナンバーの提出は必要がないと提唱している風俗店が多く、これから風俗店で働きたいと思っていたけどマイナンバーの件で不安になっていたような女性の応募もまた増えてきている中で、一部マイナンバーの提出を求めるオナクラ店もあるみたいです。
そうしたお店は、詐欺なのでしょうか。
結論から申し上げると、「詐欺」であるかどうかはわかりませんが、特に応募する方は「マイナンバーを提出する必要はない」でしょう。

あなたが会社員であるかどうかはわかりませんが、もし会社員だった場合、マイナンバーを会社に提出されたかと思います。
マイナンバーは、重要な個人情報を一括管理するために発行されたものになりますので、会社であれば提出をお願いすることができますが、それは会社とあなたの間に「雇用契約」が結ばれているからです。
雇用契約が結ばれているということは、会社の経理担当などがあなたに代わり、確定申告などの手続きをとりますので、そのためにマイナンバーが必要になるため提出を求めるというだけです。
しかし風俗店と風俗嬢の間には、実は雇用契約が結ばれているわけではありません。

風俗店の場合は、「お客様と風俗嬢の仲介役として、風俗嬢にお仕事を発注している」という程で営業をしておりますので、風俗嬢にお支払いしているお給料というのも、実は厳密にいうとお給料ではなく「報酬」になりますし、風俗嬢は「風俗店に所属している社員」という扱いではなく、「風俗店からお仕事をいただいている個人事業主」という扱いになります。
そのため、「風俗店からお仕事をいただくため」に、住民票などの個人情報の提出は求められることはよくありますが、ただの「取引先である風俗店」に、それ以外の個人情報データが満載のマイナンバーを提出する必要というのはないのです。
求められたとしても、提出する義務はありませんし、提出を拒否することで不採用になってしまうくらいであれば、そのお店に所属することはあまりおすすめすることはできません。

風俗嬢の税金関係は、どうすればいい?

税金風俗店と風俗嬢の間に雇用関係がないということは、風俗嬢として働いている限り、ご自身で確定申告をしなければなりません。
そもそも確定申告というのは、簡単にお伝えをすると、「1月1日から12月31日までの1年間の間に得られた収入から、お仕事で使用した必要経費などの金額を差し引き、その人の1年間の収入を確定させる」というものになっています。
例でいうと、オナクラのお仕事で年間100万円のお給料(報酬)を風俗店からいただいていたとしても、その風俗店に行くまでの交通費やローションやコスプレなどの購入費が全部で年間10万円あったとすれば、年間収入は90万円ということになります。
この収入の金額から来年度の税金額を計算するものになっておりますので、確定申告をしなければ翌年の税金が確定しませんし、脱税になってしまう危険性もあります。

風俗店側は、お給料としてではなく、「何月に誰にどれだけの報酬を支払ったか」という部分を税務署に提出していますので、それにも関わらず受け取った側が確定申告をできていなければ、相違しているということで調査が入る可能性もあるのです。
ただし、風俗店で働いている方全てが確定申告の対象になるかと言われると、そんなことではありません。
例えば昼間にOLのお仕事をしているというわけではなく、専業主婦として家庭に入りながらオナクラ店のお仕事だけで生計を立てているという場合は、年間で38万円以上の報酬を稼いでいる場合、税金がかかってくるので確定申告が必要になります。
そうではなく、昼間にOLなどのお仕事をされている状態で、オナクラでのアルバイトは副業としてやられているというのことであれば、年間20万円以上を稼いでいる場合に限り、税金がかかるため確定申告が必要になります。

つまり、それらの金額未満のお給料しか稼いでいないという場合であれば、特に税金がかかることはありませんので、確定申告をする必要もないのです。
ただし、もし毎月支給されるお給料から源泉徴収が惹かれている場合であれば、確定申告をすることでその金額が戻ってくることがありますので、確定申告をすることで手元にお金が手に入る可能性もあります。
日本 お金ただし、数千円〜1万円ちょっとという場合もなくはありませんので、その金額のために長蛇の列に並び、ややこしい手続きをたくさん踏んで、多くの時間を使ってでも確定申告をするべきなのか?
というところを考えると、たいていの方は確定申告をせずに見過ごします。

どうしても、たくさんの手間がかかってでも1円でも多く手元にお金を残しておきたい!ということであれば、確定申告をすることをおすすめします。
この確定申告ですが、申請期間が毎年2月16日から3月15日までと決められておりますので、その期間に間に合うように確定申告を済ませる必要があります。
たいていの場合は、終盤に差し掛かる3月10日以降が1番混雑しますので、確定申告にまだ慣れていないという方であれば、2月20日までの早めの時期に対応することをおすすめします。
きっと最初はわからないことがあると思いますので、ゆっくり質問などをしながら、説明を聞きながら進めていきたいタイプの方は特に、早めの申請を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オナクラ店の面接でマイナンバーの提出をお願いされたとしても、特に提出する必要性というものはありません。
オナクラ店とあなたの間に雇用関係は成立しませんので、オナクラ店があなたの代わりに確定申告をしてくれるわけではないのです。

マイナンバーは非常に重要な個人情報の集合体になりますので、風俗店で要求された場合、しっかり断ることをおすすめします。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする