人妻店の写メ面接を受けるならパネル写真がおすすめ!自撮りはNG

風俗の面接方法として沢山のお店が取り入れている写メ面接。
写メを送るだけで合否の判断をしてくれるので、直接面接しに行く必要がありません。
なので短時間に多数のお店の面接をできるので、条件の良いお店に片っ端から写メを送る女性もいます。

しかし、写メ面接には大きなデメリットがあるので、本命の風俗店には写メではなく、パネル写真がおすすめです。
特に人妻店などのお店では、写メよりもパネル写真の方が採用される確率が高いです。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

写メ面接の注意点

携帯写メ面接の注意点に、本人と分かる“正確”な写真が求められます。

実物とあまりにも違いすぎる場合には写メ面接で採用されても、実際にお店に行くと、実物を違いすぎるので不採用になることもあります。
一度採用されて喜び、写メが原因で不採用になってしまうとショックも大きいし、なにより時間の無駄になってしまいます。
また、中には自分を良くみせようと写真加工アプリなどを使い、加工してしまう女性がいますが、これはNGです。
あくまでもお店は面接として、判断できる材料として写メを求めています。

加工した写真を送ってしまうと、実物との差があるのでお店としても正確な判断材料にならないのでやめておきましょう。
また自撮りによる撮影は自分が良く見える角度で撮影してしまうので、これも正確な写真と呼ぶのは難しいです。
できるだけ正面からの写真で実物と相違ないように撮るのが基本です。
人妻店では、お店の基準に合う女性を積極的に採用するので写真の印象はとても重要です。

写真は採用するに当たっての材料になるので自撮りはやめておきましょう。
そこでおすすめなのがパネル写真です。
パネル写真は全身を撮影することができるので、より実物に近い姿を見せることができます。

パネル写真がおすすめな理由

写メではどうしても、実物との違いがでるので明確な判断をしにくいです。
しかし、パネル写真のように全身が写った写真であれば、実物の姿とそこまで違いもなく、風俗店側も参考にしやすいです。
また、風俗では、風俗嬢を紹介するために宣材写真を撮影するのでパネル写真は、宣材にしたときの姿を想像しやすいので採用の基準にもなりやすいです。
人妻店では、人妻独特のセクシーさや大人の女性の雰囲気が必要です。

写メだけではこの雰囲気は伝わりにくいのでパネル写真はとても有効です。
人妻店にも多種多様なコンセプトがあります。
同じ人妻でも以下のように分類されます。

・ロリ系人妻/幼妻
・OL風人妻
・清楚系
・若妻
・熟女
・ぽっちゃり妻
・巨乳人妻
・貧乳
・高身長
・低身長
同じ人妻店でもこれだけのコンセプトがあり、この基準に満たない場合には不採用になることがあります。
写メ面接で顔はOKだったとしても、実際にお店で面接すると顔以外が基準に達しないので不採用、なんてこともあるので写メ面接は以外と曖昧な面接で確約された採用ではありません
パネル写真では、これらのコンセプトにマッチするか確認できるので即時採用されることもあります。

パネル写真を撮影しよう

注意 マーク写真スタジオには風俗写真専門のスタジオがあるので、住まいの地域にあればそちらでの撮影がおすすめです。
パネル撮影に掛かる費用は平均10,000円~。

色んなポーズや背景を変えて6カットくらいの撮影をします。
その中から気に入った写真を人妻風俗店に送ってみましょう。
採用される確率も写メに比べるとかなり高くなります。

パネル写真のポーズ

お店側は写真をもとに採用するか決めるわけなので、写りがキレイに見えるようなポーズを考える必要があります。
ボディラインに自信があるなら、そこをアピールするよな写真を撮影しましょう。
パネル写真の基本的なポーズとその特徴を紹介します。

立ちポーズ

・顔は正面を見つめ、体はカメラに対して斜めに構えます
・靴はヒールを履き、撮影時はつま先立ちしましょう
・カメラ側の肩は下げる
・両腕を体のラインにくっつけるように胸を張る
・手は、髪を触る仕草や前で組む
立ちポーズは風俗写真で使われるスタンダードなポーズです。
体のラインに自信のある女性は美しく見えます。

座りポーズ

・できるだけ胸を張り、背筋を真っ直ぐにする
・足は斜めに揃えて伸ばす
・両手を地面につけ、上半身を支える
・腹筋に力を入れお腹を引っ込める

コスプレや可愛い衣装を着て撮影すると愛嬌のある写真に仕上がります。
お腹のたるみがきになる女性は背筋を伸ばすことで、お腹周りを引っ込めましょう。

ひざ立ち

・足は肩幅に開く
・片方の脚が先まで見えるように広げる
・左右どちらかに体を傾け、腰からお尻にかけてのラインを強調する
風俗の写真で最も多いのがこのひざ立ちです。
ひざ立ちすることで、自分のセクシーさを強調することができます。

写メ面接で他に必要なこと

写メ面接には写真以外にも身長や簡単な自己紹介、プロフィールを求められることがあります。
人妻店には20歳以上からという年齢制限もあるので、20歳以下で年齢をごまかしても後々バレるのでやめておきましょう。
この時点で嘘をついても結局バレることになるので身長やバストサイズなども話を盛らずに記入しましょう。

写真を送る方法

カメラ 撮影求人の募集要項を確認すれば分かります。
写メ面接可能であれば、送信先のメールアドレスが記載されているので、案内に従い必要な情報を入力して写真を添付して応募しましょう。
写真のサイズによっては送信できないこともあるので、写真が大きい場合には画像解像度を小さくしておきましょう。

http://neutralx0.net/tool/img.html
上記のサイトはブラウザ上で簡単に写真のサイズを加工することができます。
写真スタジオで撮影した場合はデータで保存してくれるので、USBメモリーや携帯端末に保存することができます。

写メ面接をしている風俗店

デリヘルやソープなど幅広いジャンルで写メ面接を行っています。
その背景には風俗で働こうとする女性の減少です。
なにより、風俗のイメージ事態が悪く、面接に行くと実技として本番をやらされるというイメージを持つことが多いようです。
少しでもそういった印象を無くすために風俗業では色々な取り組みを行っています。

サイト内に風俗で働く女性に関する記事をアップしたりして、風俗に関する悩みを払拭しようとしています。
その中に、簡単に面接ができ、実際にお店に足を運ばなくても採用できる「写メ面接」といったシステムができました。
この写メ面接は女性に好評で求人から応募してくる女性の割合が以前に比べるとかなり増加しました。
そのため、積極的に写メ面接を導入する風俗店が増えてきました。

まとめ

人妻店で写メ面接をするなら、絶対にパネル写真にしましょう。
写メではどうしても実物との相違がでるので、一旦採用されても、いざお店に行くと不採用になってしまうことがあります。
しかしパネル写真は全身を写した姿で、実物に近い写真になります。

なので写メよりも遥かに採用率が上がるのでおすすめです。
パネル写真の撮影は自分で撮ることは難しいので、風俗用宣材写真を撮影してくれる写真スタジオなどで作りましょう。
料金は10,000円程度と高めですが、キレイに撮影してくれるので、美しい自分を記念に残すこともできます。
写真はデータとして保存できるので使いまわしができるのもメリットです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする