SMクラブの給料詳細や月に掛かる雑費額

SMクラブは風俗業界全体で言うと、給料が高めで、しかも熱狂的なファンが多くいるだけに、ファンを獲得しやすいです。
その反面、稼げるようになるためには専門的な知識やテクニック、スキルが不可欠となります。
ただ、一旦SMクラブの仕事のやり方に慣れてしまうと、ヘルスよりも高額のバックを稼げるようになるでしょう。

SMクラブの特徴

手錠 女性最近はソフトSMのお店が増えるなど、昔と比べてSMクラブは敷居が低くなっています。
もちろん、ハード系の仕事ともなると精神的にも肉体的にも辛いものがあるため、初心者が始めるには難しいでしょう。
しかし、ソフト系のSMクラブともなると、あくまで出来る範囲でSMプレイをすれば良いため、初心者であっても気軽にSMクラブに入店できるものです。

ただ、いくらソフト系といっても、やはりマニアックな世界であることに違いはありません。
SMクラブは他店と比べて偏った客層となるだけに、知的好奇心が旺盛な女性や、何があっても受け入れられるだけの度量のある女性でないと務まらないかもしれません。
その一方で、SMクラブはお客さんからの人気が熱い反面、特殊な世界なだけに求人に応募する女性の数が少なく、常に供給不足に陥っているのが現状です。
それだけに、サービスの単価が高く、平均レベルの人気のあるS嬢であればヘルス以上の給料は見込めるものです。

固定客が付くと、年単位で末永くこの仕事を続けることも可能なため、女性の中には年収で1000万円を超えるようなS嬢もいるほどです。
SMクラブはただでさえバックが高額であることに加え、指名やオプションが入りやすい業界なだけに、一旦人気に火がつくと高収入が期待できる仕事なのです。
固定のファンが多く付くと、お店から独立することも十分に可能なレベルです。
普通の昼職のOLの場合、いくら実力があり、仕事で高い成果を出したとしても、給料は固定されたままでしょう。

その点、SMクラブに限らず、風俗嬢の給料といえば基本的に歩合制です。
歩合制は確かに人気が低いと給料が落ちるというデメリットこそありますが、実力があり、リピーターを多く獲得することが出来れば、給料はまさに青天井な状態となります。
もちろん、そのためにはお客さんのニーズを満たせるSM嬢になる必要があります。
たとえ高収入が期待できる環境といえど、出勤しなければ稼げませんし、指名されなければ待機するだけで一日が終わってしまいます。

できるだけ待機時間を減らし、多くの給料を稼ぎたいのであれば、まずは指名が貰えるように、仕事のやり方をマスターしてみましょう。

1ヶ月にかかる雑費

お金 財布確かにSMクラブは稼げる業界なのですが、あまりにも雑費が高額すぎると、高収入も期待できません。
せっかくレギュラー出勤しても、雑費が高いと手取りが減ってしまいます。

SMクラブに限らず、風俗嬢の給料は雑費などの費用を名目に天引きされることがあるので注意しましょう。
ただ、雑費といっても具体的にいくらかかるのでしょう?
SMクラブの中には雑費のない求人もありますが、そういったお店は得てしてバックも低い可能性があります。
この場合、雑費がないというよりも、最初から雑費込みで給料を計算しているだけなので、雑費がない求人だからといって必ずしも良いお店というわけではないので注意しましょう。

SMクラブでは仕事をするにあたり、様々な道具を使用します。
鞭や蝋燭、荒縄、手錠など、普通の風俗店ではまず使用しない道具もあるだけに、雑費はそれなりにかかることでしょう。
雑費の計算方法は風俗店によって異なります。
1人接客する度に1000円発生するというお店もあれば、1日稼いだ給料から10%引くというケースもありますし、1日出勤する度に1000円引くというお店もあります。

雑費の計算方法はSMクラブのお店によってそれぞれ違いがありますので、面接では雑費の有無のみならず、計算方法まで細かく確認しておきましょう。
できるだけ雑費の少ないSMクラブに勤務することで、高収入が期待できます。

SMクラブの月収

SMクラブは稼ぎが良いと言われるのですが、具体的に月収にするといくら稼げるのでしょう?

SMクラブはS嬢かM嬢かで給料がそれぞれ異なります。
ただ、基本的にS嬢の方が、M嬢よりも給料は高めとなります。
S嬢の場合、1時間あたり1万円から1万5000円は稼げるものです。
M嬢の場合、1時間あたり9000円から12000円は稼げるものです。

だいたい日給にすると、1日5万円以上は稼げることでしょう。
人気のあるS嬢ともなると、日給で10万円以上稼げることがあります。
だいたい週3日から4日ほど出勤しているSM嬢の場合、月収にすると80万円以上は稼げるものです。
仮に月収で80万円稼げるSM嬢がいるとして、そのペースで1年間働き続けた場合、年収にすると960万円の収入となります。

SM嬢の給料のシミュレーション

仮に、1人接客する度に2万円稼げるS嬢がいるとして、このS嬢が1日あたり3人接客をすると、日給は6万円となります。
このペースで1ヶ月の間に20日出勤すると、120万円の月収となります。
年収にすると1440万円となります。

ただ、実際には雑費があるため、もう少し給料は減るでしょう。
例えば、1人あたり雑費が1000円発生する場合、1日の雑費は3000円となります。
1ヶ月にすると、60000円の費用となります。
1年にすると雑費だけで72万円の費用となります。

このように、たった1000円でも1年にすると雑費はかなり高額になります。
これが給料から1割を雑費として引くような風俗店の場合、1440万円の1割は144万円となるだけに、非常に高額です。
SMクラブは稼ぎが良い仕事なだけに、給料の1割を天引きするという計算方式で雑費を請求するお店で働くと、雑費だけでかなり高額の費用が発生するので注意しましょう。

初心者にオススメの求人

パソコンSMクラブは稼ぎが良い風俗業である一方で、専門性が必須となる仕事です。
特にM男のニーズを満たせるだけのテクニックが必要となるだけに、仕事の難易度は非常に高く、初心者や未経験者だと稼げない恐れがあります。
そのため、まだ経験や知識がないので稼げるかどうかわからないといった悩みを抱えている女性の場合、日給保証が付いているSMクラブで働いた方が良いでしょう。
日給保証とは給料と別に日給を保証する制度のことで、特定の条件さえ達成すれば誰でも受けられます。

日給保証の条件というと、レギュラー出勤をして欲しいなど、出勤に関するものが多いです。
ただ、お店によっては月に何本以上は本指名を獲って欲しいなど、成果を条件に指定することもあるため注意が必要です。
ただ、簡単な条件の風俗店ならば、指名の数が少なかったとしても高収入が期待できるだけに、初心者や未経験者にほどオススメです。

待機時間中にする事

SM嬢は待機時間の間、一体何をしているのでしょう?
SM嬢は待機時間中、何をしても基本は自由です。
ご飯を食べたり、仮眠を取るなどして休憩しても構いませんし、友達と話したり、漫画を読んでいても構いません。
SMクラブで働く女性の中には将来のことに備え、資格勉強をしている女性もいるほどです。

ただ、まだ入店したばかりで日が浅いのであれば、ベテランのSM嬢に仕事のコツややり方、給料を増やすための秘訣などを学んだ方が良いでしょう。
他にも、写メ日記を更新するなどして、営業をかけてみましょう。
こういった地道な努力を待機時間中にやることが、ゆくゆくはリピーターの確保につながります。
なにより、実際に稼いでいるSM嬢からアドバイスを貰うことで、さらなる収入アップが期待できるでしょう。

SMクラブのバックは確かにヘルスよりも高額で、高収入が期待できます。
しかし、歩合制である以上、人気がないと稼げません。
日給保証が付いているからといって無為に時間を過ごす必要はありません。
できるだけ多くの努力をし、ファンを獲得しましょう。

地道に努力し、リピーターを確保しておくと、やがてはOLの倍以上の月収が見込めることでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする