ホテヘル嬢の平均収入はいくら?オプションは稼げる?

ホテルヘルスという業種をご存知でしょうか。
いわゆるホテヘルと呼ばれるものですが、これは普通のヘルスと少々異なっています。
ほとんどのヘルスを担っているものといえば「デリヘル」ですが、デリヘルでは店舗というものが存在しません。
一方のホテヘルでは、しっかりとした店舗が存在しています。

とはいっても、プレイをするための店舗ではなく、案内所という形です。
ここで受付をしたあとに指定のホテルへホテヘル嬢と移動、そのままプレイ開始という流れがホテヘルになります。
では、このホテヘル、収入としてはどれくらいになるのでしょうか。
以下に、ホテヘル嬢のリアルな収入についてまとめていきたいと思います。

ホテヘル嬢の収入はいくらくらいになる?

お金まず大前提として、ホテヘル嬢の収入はお店の状態や客入りによって大きく異なっています。
格安ホテヘルと高級ホテヘルでしたら当然後者のほうが当然収入は大きくなりますし、金額も加速度的に多くなります。
また、いくら基本料金が高くとも客入りが少なければ全く稼ぐことができませんし、基本料金が安くとも客入りが絶え間なくあるのならたくさん稼ぐことができるでしょう。

さらに、風俗は自由に仕事の時間を決められることが多いため、ワークスタイルによっても収入が全く違ってきます。
たくさん働けばそれだけたくさん収入を得ることができますし、週に1回程度働くだけならばあまり稼ぐことはできないでしょう。
以上の理由から、一概にホテヘル嬢の収入はいくらと提示することはできません。
年収、月収となると、個人の働き方によるところが大きいからです。

しかし、バック金額であればある程度の金額を提示することができます。
以下に、60分働いたときのバック金額を紹介したいと思います。
ただし、以下に述べるホテヘル嬢の収入は、あくまでも平均的なものだと考えてください。

格安店

60分働いて大体5000円程度のバック金額が普通です。
お店によっては、ここから雑費から10%程度が引かれます。
昼に働くか夜に働くかでも収入は違ってきますが、それなりにお客さんのいるお店であれば1日20000円程度稼ぐことができるでしょう。

中級店

60分で大体8000円程度のバック金額になります。
雑費は基本的に激安店と一緒ですが、お店によっては雑費がほとんど引かれないお店もあるようです。
採用基準は激安店よりも多少上昇しますが、それでも普通にいる女性程度であれば採用されます。
1日の稼ぎは、大体3万円程度になるでしょう。

もちろん、中級店といっても幅が広いので、勤めている地域などによって収入は大きく上下します。

高級店

60分で1万円以上のバック金額が普通です。
高級店は当然のようですが、採用基準が非常に高く、容姿や性格など、店のコンセプトに合致した人が望まれます。

プレイもハードなものになりますが、その分収入は高め。
普通に働いても、1日5万円以上の収入を得られることも難しくありません。
雑費は1回につき2千円程度引かれますが、この収入からすれば微々たるものでしょう。
以上がホテヘルで働いたときの基本的な収入です。

ホテヘルは当然昼の職業よりもいくらか高額なのですが、どのランクのホテヘルに行くのかによって大きく金額が違うということがわかったと思います。
ちなみに、ほかの風俗の業種と違って、ホテヘルはホテルを利用することが前提であることから雑費がそれなりに高く、激安店であるのならば給料に対する雑費の占める割合が高めになりがちです。
前述したように、雑費がどの程度引かれるのかはお店によりますが、ホテヘルで勤めるときは必ず引かれる雑費についても確認しておきたいところですね。

オプションはどれくらい稼げるの?

チェックリスト上述した収入は、あくまでも基本料金に限った話です。
ホテヘルにはオプション制度が存在することが当たり前であり、これを利用することによってよりたくさんの金額を稼ぐことが可能です。
オプションとは、基本的なプレイに加えて何かしらの追加プレイを申請するメニューで、射精する場所を指定したり、基本プレイには含まれていないアナルを使ったプレイをします。
そのプレイ料金に応じた金額が女性の収入としてカウントされる仕組みになっており、オプションが多ければ多いほど女性の収入はあがってきます。

また、オプションの内容がハードであればそれだけ金額も高くなるのが普通です。
ただ、オプションをNGにするか否かは女性側が決定できるので、無理だと思うオプションはNGにしておくといいでしょう。
そのことで批判されたりすることはないので、無理だと思うことはNGにするのが普通です。
そんなオプションですが、風俗に縁が無かった人にとってはどれくらい稼げるのか不安に思うことでしょう。

そこで、ホテヘルのオプション料金についてまとめていきたいと思います。
ホテヘルのオプションは、お店の色や雰囲気によってどんなものがあるのか異なっています。
なので、下述する金額はあくまでも一般的なものであることに留意してください。

射精する場所を指定する

ホテヘルのフィニッシュといえばフェラチオによる射精が一般的ですが、射精の場所を指定するオプションは幅広く存在しています。
例えば、精液を嚥下するプレイは「ごっくん」、顔にかけるプレイは「顔射」と呼ばれており、いずれも2000円前後のプレイです。

即尺

シャワーを浴びずにペニスをしゃぶるオプションです。

専門店が存在するほど人気の高いプレイで、大体3000円前後の料金が相場になっているようです。

生フェラ

デリヘルでは基本的にコンドームをつけた上でのフェラチオを奨励されていますが、生でフェラチオをすることもオプション料金に含まれていることもあります。
このときの料金は3000円前後となっていますが、性病の可能性もあるので注意しましょう。

アナルを使ったプレイ

前立腺マッサージやアナル舐めといったプレイが一般的です。
かなり専門的な知識が必要になってくるプレイなので、料金は4000円以上と高め。
衛生的な問題、および精神的な問題からNGに入れている女性も多いのですが、その割に人気は高く、NGにしなければそれ目当てのお客さんを獲得することができるでしょう。

擬似本番行為であるアナルファックは1万円以上の相場であることもよくあります。

道具を使ったプレイ

アダルトな道具を使ったプレイもオプションの定番です。
よほどマニアックな道具でなければ、料金は1000円前後となっています。

撮影オプションなどは3000円程度の料金を獲得することが出来ますが、顔が全世界に拡散されてしまう可能性もあることを意識しましょう。
以上が、オプションプレイの相場です。
基本料金に比例してオプションの料金もあがっていくのが普通ですが、ほとんどのお店は上述した金額で提供しています。
オプションプレイおよび指名はホテヘルに働く上で収入の大きな部分を占める部分でもあるので、対応できるオプションが多ければ多いほど稼げるようになるでしょう。

ホテヘル嬢の収入のまとめ! 雑費と基本料金は確認しておこう

チェック マークホテヘル嬢の収入は、(基本料金+オプション料金+指名料金-雑費)で計算することができます。
プレイの回数が多ければ多いほど収入は増えますが、かかる雑費も高くなることは把握しておきたいところです。
出勤が多ければ稼ぐ金額も多くなりますが、その分身体的、精神的にきつい毎日になってしまってはもとも子もありません。

ホテヘルの給料は普通の仕事よりも遥かに高いので、熱心に出勤しなくとも貧困に喘ぐということはあまりないでしょう。
自分の目標と、ホテヘルの収入を計算して賢く風俗ワークライフを送りたいところですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする