オナクラで客ウケの良いメイクや髪型・服装のポイントを教えて

オナニークラブ、通称オナクラは、初心者におススメのお仕事として知られるように成って来た風俗です。
本記事では、このお仕事で男性客ウケの良いメイクや髪型・服装について考えてみたいと思います。

男性客のニーズを考える。

まず、オナニークラブを利用する男性の客層から最適のメイクや髪型・服装を考えてみましょう。
オナクラを利用する男性は、風俗を利用していながら、ベタベタな風俗嬢を好まない傾向を持っていることが多いです。
というのもオナクラのプレイ自体が普通の風俗嬢がしてくれるようなことは、まったく含んでいないからです。
男性客が風俗を利用する場合、普通、目的としているのは性的交渉です。

本番を認めるソープランドを頂点とし、素股まで認めるデリバリーヘルス、フェラチオまではしてくれるピンクサロン・・・みんな何かしらの形で風俗嬢との肉体的接触と性的交渉を含んでいます。
女性しかしオナクラはまったくそういったことをしません。
ただ男性客は自分がオナニーをしているところを見てもらうだけです。
正直、これだけで十分おかしな風俗です。

でも、こんなおかしな風俗に男性客は満足できるのです。
このこと自体、女性には不思議に思われるかも知れません。
仮に満足するのだとしたら男性客は、どんな女性に自分のオナニーを見てもらいたいでしょうか。
そこから考えてみましょう。

場慣れした風俗嬢ではないでしょう。
オバサンでもないはずです。
通常、そういったシチュエーションには成らないような相手に見てもらうのが興奮するはずです。
極論を言ってしまえば、あこがれの芸能人みたいな感じではないでしょうか。

しかし芸能人といっても男性経験豊富みたいな女優さんでは物足りないはずです。
そうすると見てもらいたい女性のタイプは大分しぼられて来るはずです。
それはきっと、10代のアイドルのようなタイプに違いありません。

求められる女の子像。

オナクラを利用する男性客のニーズを考えてみると、オナクラ嬢とはテレビのアイドル、しかも10代後半の初心(うぶ)な女の子であることが浮かび上がって来ます。
もっと言ってしまえば、処女であるようなアイドルが理想です。
一方で憧れの対象でありながら、男性の裸体を見ることにさえ羞恥心を覚えるような娘がオナクラで最も求められる女性像です。
男性客は一方で、憧れの対象に自分のありのままを見てもらうということに、意思の疎通とは言わないまでも密通の興奮を覚えます。

他方で、憧れの対象でありながら初心な女の子に、初めての疑似男性経験を与えるという変質者的な喜びも味わいたいと思っています。
この欲望両方を実現させてくれるのが、テレビのアイドル、しかも10代後半くらいの初心(うぶ)で処女の女の子なのです。

実際、オナクラ店ではその類の娘の需要が非常に高い。

女性オナクラでベストとされるのは、テレビのアイドル、しかも10代後半くらいの初心で処女の女の子です。

男性客は、そういう女の子にオナニーを見せるという秘密を共有することと、自分の変質者欲望を同時に満たしたいと考えています。
オナクラ店もこの願望を重々承知で、アイドル風で初心(うぶ)な女子大生を看板娘にしているお店がほとんどです。
求人も文面上は非常に許容範囲が広いように書かれていますが、人手として欲しいのは初心な女子大生なのです。
このため、オナクラは初心者向けの風俗だと言われる一方で、採用のハードルは非常に高いとも言われています。

とはいってもオナクラ店側も選んでばかりはいられない。

オナクラは初心者向けの風俗だと言われる一方で、採用のハードルは非常に高いです。
しかしお店のほうも初心な女子大生だけを雇うことはできません。
まずお店を運営していくには人手は多ければ多いほど良いです。

この点については風俗店の人件費のカラクリも関わって来ます。
「目一杯雇ってしまったら人件費がかかるんじゃないの?」

と言われそうですが、なにぶん風俗は出来高制です。

大箱の待機部屋さえ用意できれば、そこに女性をできる限り待機させ、あとはネット集客などでできる限り男性客を呼び込めばよい、というのが一番手っ取り早い運営方法なのです。
そのため来るべき大繁盛に備えて、言い方は悪いですが「コマ」は多いほうが良いのです。
雇ったとしても出来高制ですから男性客が付かなければ給料を払う必要はありません。
この風俗店の人件費のカラクリがオナクラにも、そのまま成立するのです。

また本当に処女で初心(うぶ)な女子大生だったら、まずもって風俗のバイトなんてしないでしょう。
彼女たちが仮に風俗の仕事に手を出すのだとしたら、それは止むに止まれぬ経済的苦境、しかも極限のそれによってだとしか考えられないのです。

客ウケが良いメイクや髪型・服装はどのようなものか。

メイクそういうわけで、オナクラ店も雇いたい女の子の理想ばかり言っていられません。

まずはお店を運営するための人員が必要なのです。
10代後半そこそこで処女で初心(うぶ)の女子大生・・・と理想を並べ立てても、そんな娘はめったにやって来ません。
だとしたら現実を見つめなおして、理想からかけ離れた現役バリバリの風俗嬢を、そういった理想のオナクラ嬢に近づけなければ成りません。
そしてそのために使われるのがメイクであったり、髪型であったり、服装なのです。

オナクラで客ウケが良いメイクや髪型・服装はどのようなものでしょうか。
その答えはもうほとんど出ていると言っても良いでしょう。
「10代後半そこそこで処女で初心(うぶ)の女子大生・・・」だと男性客に錯覚させるメイクだったり髪型だったり服装のことです。
具体的に言えばそれはどういうものでしょうか。

まず清楚さが演出できることが第一条件でしょう。
黒髪でナチュラルメイクが良いです。
でもゴスロリ(ゴシック・アンド・ロリータ)のような外見はダメです。
お店にもコンセプトというものがあります。

ここで求められているコンセプトとはあくまでどのようなものでしょうか。
その答えはもうほとんど出ているはずです。
「10代後半そこそこで処女で初心の女子大生」です。
だから、服装はごくシンプルなワンピースで済ませるべきでしょう。

客ウケをするメイクや髪型・服装が揃ったら、最後の仕上げとしてきちんと男性客のニーズに合ったキャラの振る舞いをできるようにしましょう。
それはメイドカフェのような女性のフリをしろということではなく、あくまで男性経験など無い、場慣れしていない素人臭さを出すことです。
この場面では積極性すら嫌われるので注意しなければなりません。
そうすることによってお店のコンセプトにぴったり合ったオナクラ嬢が誕生するのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
オナクラで客ウケの良いメイクや髪型・服装のポイントを教えて」というタイトルで記事を書かせて頂きました。
答えは「10代後半そこそこで処女で初心(うぶ)の女子大生」を演出するようなメイクや髪型・服装です。

それはオナクラ店で理想とする、雇いたい女の子の典型でありまた男性客のニーズに一番適ったものでもあります。
しかし理想ばっかりオナクラ店も言っていることはできず結局、採用した女の子をそういった娘に見えるように演出することに成ります。
それがオナクラ店のコンセプトであり、意外と採用のハードルが高いこの業種に受け入れられた女性は、とりあえず仕事として、そのコンセプトに従うことによって男性客ウケするオナクラ嬢に成ることが求められていると言って良いでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする