メンズエステ・性感エステなどは性病のリスクとは無縁!?

風俗で働いている女性や、これから働こうと考えている女性の大半の方が不安に思っているのが性病感染のリスクです。
風俗というと性病のイメージが強いと言う方も多いでしょう。
実際ほとんどの風俗店では、働くことによって普通に生活しているよりも性病に感染するリスクが高くなってしまうと言うのは事実です。
そんな風俗店の中でも性病に感染するリスクが非常に低いの、がメンズエステや性感エステです。

近年になってメンズエステなどが一気に増えてきて、働く女性の数も多いのは、性病に感染するリスクが低いと言う理由もあるのです。
この記事では、なぜメンズエステや性感エステで性病に感染する可能性が低いのかということについてご紹介します。

風俗で働くときに知っておきたい性病感染のこと

ウイルス風俗で働くともれなく性病に感染してしまうというイメージを持っている方も少なからず存在します。
しかしそれは大きな間違いで、だれでも、どんな業種でも性病にかかってしまうわけではありません。

風俗で働くのであればまずは性病に対する正しい知識を持つようにしましょう。
性病とは、主に粘膜同士が接触することによって感染する病気のことです。
性病は粘膜の接触によってしか感染しないので当然空気感染することもありません。
粘膜とは具体的に言えば人の口の中や性器のことです。

人間の体で粘膜が表面に出ているのはほとんど口の中と性器だけですが、風俗店で行われる性的サービスではこれらの粘膜が接触する可能性が非常に高いので、その分性病に感染する可能性が高くなっているのです。
つまり、粘膜の接触が多い業種ほど性病にかかりやすく、粘膜の接触が少ないお仕事の場合には性病に感染するリスクが下がるということです。

メンズエステや性感エステは性病のリスクとは無縁なの?

メンズエステや性感エステはお店によってサービスの内容が微妙に異なります。
しかしほとんどのお店では、お客さんの体をマッサージすることと、お客さんの性器に直接触れずに乳首や前立腺を刺激するのが主な業務内容です。

ヌキ(射精)ありのお店の場合、手コキでお客さんを射精させてあげるところまでがお仕事になります。
メンズエステや性感エステが風俗店の中でも独特なのは、女の子が服を脱ぐ必要はなく、お客さんから触られる心配もないと言うことです。
基本的にメンズエステは女の子が一方的にお客さんを攻めることしかできません。
お客さんが女の子に触ることは禁止されていますし、当然舐めることや挿入することも禁止されています。

また、キスやフェラチオをする必要もありません。
このように、メンズエステはデリヘルなどと比べるとお客さんから触られる心配がなく、キスやフェラチオもないので風俗初心者の方にとっても働きやすい業種といえるのです。
そしてキスやフェラチオをする必要がないということは、当然粘膜同士の接触が発生する心配もないということです。
つまりお店で決められているサービス範囲内のことだけをしているのであれば、メンズエステや性感エステで性病にかかる可能性はほとんどゼロになるということです。

メンズエステでも性病になってしまうこともある?

質問メンズエステや性感エステはお店の規則に従ってサービスを行えばほとんど性病になる可能性がありません。
しかしお店によっては本来禁止されているはずのキスやフェラチオもサービスとして黙認していることがあります。
また、メンズエステではお客さんからキスやフェラチオを求められることもあります。
そして、お客さんのそういう要求に対して指名を取るために応じてしまうメンズエステ嬢も少なくないのです。

もちろんキスやフェラチオをしてしまうとその分性病感染するリスクが高まります。
風俗で働いていて特にかかりやすい性病は、クラミジアと淋病の二つです。
風俗店で働いて性病に感染するリスクがあるのであれば、最低限この二つについては正しい知識を持っていなくてはいけません。
クラミジアと淋病について基本的な症状などをご説明します。

クラミジア

クラミジアは感染していても自覚症状がないことが多い性病です。
症状がある場合、性器周辺や下腹部に違和感や痛みが発生する、セックスの時に痛くなる、おりものが多くなる、などの症状が現れます。
もし症状が現れていなかったとしても、粘膜の接触があるキスやフェラチオをすれば相手の男性に感染させてしまう危険性があります。
そして相手の男性に症状が現れてしまった場合、お店へのクレームになってしまう可能性が非常に高いのです。

クラミジアは性器に感染するだけではなく、喉に感染する咽頭クラミジアと呼ばれるものもありますが、こちらも症状としては扁桃腺が少し腫れる程度で、ほとんど症状が現れない方も多いです。
どちらも女性よりも男性の方が症状が現れやすい傾向があるため、自分では性病に気づいていなかったけれどもお客さんや彼氏に感染させてしまってから気づくケースがよくあります。

淋病

淋病の症状はクラミジアとよく似ています。
症状が現れると、性交時の痛みや下腹部の痛み、不正出血、普段とは違うおりものが出て来ることがあります。

クラミジアの場合は出てくるおりものがサラサラとして水の様な状態で、淋病の場合には黄色っぽく膿のようなおりものが出ることが多いです。
淋病も女性だと症状があらわれず無自覚な場合が多いのですが、男性に感染させた場合強い症状が出ることがあります。
男性の場合には尿道から膿が出てきて激痛を伴うなどの症状があります。
これらの2つの性病は風俗で働いていて感染する可能性が非常に高い病気です。

どちらも女性はそれほど強く症状が現れないことが多いのですが、お客さんに感染させてしまうと強い症状が現れてトラブルになる可能性があります。
また、これらの2つに感染していると免疫力が弱まり他の性病にも感染する危険性が高まります。
だからメンズエステで働いていても、粘膜の接触があるようなプレイをしてしまった場合にはできるだけ早く性病検査を行うようにしましょう。
どちらの性病も、症状が現れなかったとしても、放置しておいて自然に完治するものではありません。

病院に行き適切な薬をもらって処置をしなければ、いつまでも感染したままになってしまいます。
自覚症状がないのであれば、性病かどうかを判断できるのは病院での検査だけです。
検査病院で性病検査を行う場合、クラミジアと淋病だけであれば初診料も含めて1万円以下で調べることができます。
真面目に経営をしているメンズエステの場合、在籍している女性に対して定期的な性病検査を義務付けていることもありますが、本来のメンズエステの仕事内容では性病に感染することはないので、性病に対する規則がしっかりと決まっていないお店もたくさんあります。

たとえお店から性病検査をするように言われなかったとしても、感染している可能性があるという自覚があるのであれば自主的に検査に行きましょう。
お客さんからのクレームで性病に感染していることがお店に発覚し、フェラチオや本番などをしていることがお店にばれてしまうと最悪クビになってしまうこともあります。
さらにこれらの2つよりも重い症状がある性病に感染してしまうとお仕事を続けられなくなってしまい、お給料を稼げなくなってしまうこともあるのです。

まとめ

なぜメンズエステや性感エステで性病に感染する可能性が低いのか、ということについてご説明しました。

メンズエステや性感エステのサービスはお客さんと粘膜が接触することがないので、性病に感染するリスクはほとんどありません。
ただしキスやフェラチオなどの粘膜が接触するプレイをしてしまうと、他の風俗店と同じように性病に感染する可能性があるので、自覚症状がなくても定期的な性病検査を受ける様にしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする