セクキャバで不採用になるのはお店選びが間違っているかも

収入を増やすために思い切ってセクキャバで働いてみる決心をして面接を受けたのに、不採用・・・。
自分ってそんなにブサイク?
というようにがっかりしている人もいるかもしれません。

しかし、不採用になる理由は、容姿だけではありません。
むしろセクキャバの場合はソープの高級店などと違って、採用するうえで容姿の優先順位はそれほど高くありません。
ですから、不採用の理由は「お店選びが間違っていた」という可能性も高いです。
このようなことに思い当たる人はぜひ以下の本文の詳しい説明をお読みください。

セクキャバで不採用になる理由

チェックリストまずセクキャバで不採用になる理由として可能性があるものを挙げていきます。

自分のキャラとお店のコンセプトが合わない

そもそもの話ですが、セクキャバだけではなく風俗店一般に、それぞれ「ウリ」や「コンセプト」というものがあることはご存知でしょうか。

今、風俗店は店数も業種も非常に増えています。
増えるということは競争が激しくなるということなので、普通にかわいい女の子がいるお店、というようなことだけでは集客できません。
ではどうするかというと、お店のコンセプトを絞り込む、ということをします。
たとえばプレイの種類をお客さんのオナニーを可愛い女の子がみるだけの「オナクラ」のような、ちょっと前なら考えられないようなものだけに絞った業態にするという絞り方もあります。

あるいは業態ではなく、在籍する女の子を全員低身長でロリ系にする、あるいはギャル系にする、モデルタイプのきれいなお姉さん系にする、などの絞り方もあります。
それによって、たくさんのいろいろなお客さんは来ないけれど、自分のエッチや女の子の嗜好がお店のコンセプトとぴったりとマッチしたお客さんだけが定期的に、場合によっては遠くから何度もリピートする、というようなお店にして、売上を上げていくのです。
これはセクキャバでも同じことです。
このようなことから風俗店のコンセプトはどんどん「細分化」していっています。

ですから、もしも自分が、大人っぽい顔立ちのセクシーな人妻っぽいタイプで、何かの拍子にロリ系のセクキャバに在籍してしまった場合、来るお客さんはすべてロリ系が好きですから、自分に指名がかかることはほぼ0です。
つまりお店にとっても売上は0円です。
そのような女の子をわざわざ在籍させて管理し、なおかつセクキャバは時給ですからお客さんもつかない、集客もできないのに給料を払うということをお店は絶対にしません。
ですから、そういうお店のコンセプトと合わない女の子は最初から採用しないのです。

つまり、どんなにきれい、どんなにスタイルがいい、どんなに魅力的な女の子でも、そのセクキャバのコンセプトに合っていなかったら不採用になるわけです。
「お店選びが間違っていた」というのはそういう意味で、むしろ人妻系のセクキャバだったら即採用だったでしょう。

面接態度が悪い

あるいはもしかしたら、面接態度が悪かったのかもしれません。

実は面接での不採用の最大の理由はそれなのです。
中にはセクキャバのお仕事を最初から「なめてかかって」いて、面接官にタメグチで話したり、足を組んでふんぞり返って面接を受ける、など女の子もいます。
セクキャバはセクシーな「キャバクラ」ですから、エッチなサービスをするのと同じくらい接客態度が重要なお仕事です。
したがってルックスが良くても、そのような態度で接客をされたら必ずクレームが出ますので、絶対に採用しません。

そこまで態度が悪くなくても面接のときに、
・最初に挨拶をしない
・暗くてボソボソと話す
・笑顔がない
といった女の子はほぼ不採用です。

時間にルーズ

時計またほかの風俗と比べてセクキャバは出勤時間の管理が厳しいです。
ほかの風俗は時間の融通が利いて、少しくらい遅刻しても自分がその分収入が減るだけですから、たび重ならなければそれほど注意されませんが、セクキャバの場合はお店によっては朝礼もありますので、時間は厳守です。
ですから、面接に遅れてくるような時間にルーズな女の子は、採用しても遅刻が多かったり、無断欠勤したりする可能性が高いので採用されません。

応募の連絡の中で嘘を言っている

また求人への応募はメールや電話でする場合が多いですが、その時にお店に伝えた情報に嘘がある場合もほぼ100%不採用になります。
応募の時に送った写真がアプリで目を加工したものだったり、スリーサイズをごまかしていたり、年齢が身分証明書と違っていたりした場合は、最悪、面接開始1分で帰らされます。

敬語が全く使えない

また先ほど書いたようにセクキャバは接客の要素が強い風俗です。
ですから、たとえば応募の電話の時に、友達に話すように「明日から働けますか~♪」のような口調の場合、あるいは面接時にちゃんとした「です・ます」言葉で話せなかったりする場合も不採用になります。
このように、セクキャバで不採用になったとしたら、その理由は「自分のキャラとお店のコンセプトが合っていなかった」ということも考えられますし、そのほかの自分側に問題があった可能性もあります。
容姿の問題で不採用、ということは確率的には低いわけです。

自分に合ったセクキャバの見つけ方

それではではどうしたら自分のキャラとコンセプトがあったお店が探せるのでしょうか。
その方法をご紹介します。

セクキャバに向いている人

まず、そもそも自分はセクキャバに向いているのか、ということから改めて考えることを最初にしましょう。
もしかしたらほかの風俗の方が向いている、つまり稼げる可能性もありますし、セクキャバに向いていることがわかったら、頑張れば絶対に稼げますので、やる気も出てくるでしょう。
セクキャバに向いている人は、以下のような要素を持っています。

話上手

セクキャバは接客業ですから、エッチなプレイの間にはお客さんと会話をします。
ですから、その時にお客さんの話しやすい話題をうまく振って盛り上げられるような子には指名がついて稼げます。

聞き上手

耳また自分が話題が豊富ではなくても、聞き上手の女の子も人気が出ます。

セクキャバに来るお客さんは単にエッチなことをしたいだけではなく、仕事の自慢話や家庭の愚痴を聞いて欲しいという場合が多いです。
よい言い方ではありませんが、その「はけ口」を求めてくるのです。
ですから、そういう愚痴や自慢話ををしっかり聞ける女の子には指名がついて、稼げます。
③気が短くて、感情が表に出る子は向かない

お客さんの愚痴や自慢話、あるいは「しょーもない話」を聞いていると、イライラすることもあります。
しかしイライラしていることがお客さんに伝わったら、その人は絶対にリピートしません。
ですからそもそもすぐイライラするような気が短い人は向いていません。
また仮に気が短くても、それを表に全く出さずニコニコできるのであれば別ですが、それが表情や態度に出るようであれば、それもダメです。

自分はどんなキャラなのかを把握する

上の要素を自分が持っていたら、セクキャバに向いていて、入れば稼げる可能性がありますから、次は自分のキャラに合ったお店探しのステップに進みましょう。
まず最初にするのは、自分のキャラがどういうタイプなのか、ということをじっくり振り返って把握することです。
キャラと言っても、最初に書いたように風俗店のコンセプトは非常に細分化されています。

巨乳系、美乳系、微乳系、ぽっちゃり系、素人系、萌え系、ロリ系、美少女系、ギャル系、お姉さん系、女王様系、小悪魔系など多種多様です。
もちろん、コンセプトによっては店の数は違ってきます。
今1番多いのは、巨乳系とロリ系でしょう。
女王様系などは非常に少ないです。

しかし、無理やりキャラを合わせても仕事がつらいだけですし、採用の可能性も低いですから、まずは自分のキャラをしっかり把握することから始めましょう。

自分のキャラとコンセプトの合った店を探す

次に自分のキャラとコンセプトが一致している、つまり採用されやすくて、かつ稼ぎやすいお店を探しましょう。
具体的な方法は、まずセクキャバの風俗求人サイトをネットでいくつか検索して、そのサイトでお店を探します。

もちろん、お店選びの条件は、コンセプトだけではなく、給料の仕組みや金額、お店のサポート内容、勤務時間や勤務日、アリバイ対策の有無なども大切ですから、それらと一緒に、希望に合ったお店を探してください。
なお、関西の場合はセクキャバは「2ショット」とか「2ショットキャバクラ」と略される場合も多いので、関西のお店を検索する時には「2ショット」と入れると良いでしょう。
また同じよう待遇、同じようなコンセプトのお店が何軒か見つかった場合は、何店舗も持っている大手グループを優先したほうがよいでしょう。
大手グループは宣伝をしっかり打つので集客力もあり、女の子の管理もきちんと法律に沿ってしてくれます。

また守秘義務の徹底やアリバイ対策も考えられちて、多くの場合は待遇も良いです。

店のコンセプトをチェックする

チェックいくつか応募する候補のお店が見つかったら、次はネットを活用してそのお店のコンセプトをしっかりチェックするステップです。
コンセプトの詳しい内容は実は「求人サイト」の方にはあまり載っていません。

詳しいのはむしろお客さん向けの公式サイトです。
そこをみれば、どういうコンセプトで、どういう女の子を揃えていて、どういうサービスをするのか、ということがかなり詳しくわかります。
求人サイトや公式サイトだけではまだよくわからない、という場合は風俗店の口コミサイトで、候補のセクキャバの評判をチェックしてみましょう。
ここには、お客さんの生の声が載っていますから、実際にどういう好みの男性が来て、どういう女の子が接客しているのかが、リアルな情報としてわかります

さらにネットだけで疑問が消えない場合には、店舗にメールや電話などで直接質問する方法もあります。

まとめ

いかがですか。
セクキャバで採用されるためにはまず自分のキャラと合っているお店を探すのが重要だということと、その探し方についてお分かりただけたでしょうか。

自分に合ったお店であれば、お客さんの求めるものと自分のキャラがぴったり一致しますから、合わせて接客そのものもしっかりと頑張れば、指名が増えて稼げることは間違いありません。
ただし、不採用の原因はそれだけではありませんから、面接にはきちんとした服装、話し方、時間厳守で臨むことも忘れないでおきましょうく。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする