SMクラブに本入店を決めるポイント

風俗といえば短期間で高収入を稼げる一方で、様々なリスクのある仕事です。
それだけに、本入店をするにあたり、様々な疑問や不安に感じるポイントがあることでしょう。
特にSMクラブの場合、他の風俗店と比べてかなり特殊な仕事内容となるだけに、講習はあるのか、体験入店はできるのか、給料はいくらぐらい稼げるのか、気になるポイントは多くあることでしょう。

SMクラブの特徴

チェックリスト風俗店といえばデリヘルやソープといった仕事をイメージする女性は多くいることでしょう。
しかし、風俗店といっても様々です。
中にはオナクラやエステのような、風俗店でありながら性病に感染するリスクが非常に低い仕事もあります。

もしもSMクラブに本入店するかどうかで悩んでいるのであれば、まずはその仕事内容についてしっかりと調べておきましょう。
なにしろSMクラブはS嬢になるか、それともM嬢になるかで仕事内容が全く異なります。
それぞれの特徴をおさえておかないと、後々になって後悔するかもしれません。
風俗店といえば普通はエッチなサービス、つまり性的な快楽を与えるお仕事です。

SMクラブもそれは同様なのですが、SMクラブはプレイの最中に苦痛を与えることがあるという特徴があります。
男性の中には何度もセックスやそれに準じた行為をすることで、普通のプレイに飽きてしまうことがあります。
そのような時、よりハードなプレイを求めてSMクラブを訪れ、その世界にハマってしまうことがあります。
SMクラブでS嬢になった場合、女性は男性に対して精神的にも肉体的にも苦痛を与えることになります。

M嬢はこの反対で、男性から様々な苦痛を与えられることになります。
罵られたり、羞恥プレイをさせられたり、鞭で叩かれたり、荒縄で拘束されたり、溶けた蝋燭を垂らされるなど、ハードなSMクラブともなると普通の人では耐えられないような苦痛を与えられることになります。
他にも、目隠しと拘束をした状態で延々と無視し続ける放置プレイや、スカトロや浣腸といったハードなプレイもSMクラブでは行われます。
最近はソフトSMなど、SMクラブに興味はあるけれどハードプレイは嫌だという人のためのお店もあります。

そういったソフトSMなお店ならば、本入店してもそれほど苦痛を受けることはないでしょう。
しかし、ハードプレイなSMクラブに本入店すると、想像を絶する苦痛を味わい、トラウマになるなどの恐れがあるので注意が必要です。

SMクラブの給料事情

お金SMクラブは他の風俗店と比べてかなり特殊な世界なのですが、いざ本入店をすると給料はいくら稼げるものなのでしょう?

お店によってそれぞれ稼げる金額が異なるため、詳細な給料は面接時に質問し、直接確認しておいた方が良いです。
ただ、S嬢とM嬢とでは与えられる役割が異なるということもあり、給料の相場がそれぞれ異なります。
S嬢だろうとM嬢だろうと、才能のある女性ならば高収入が見込めます。
しかし、平均的に見ると、S嬢の方が給料は高いでしょう。

基本的に男性に成すがままに責められるM嬢と違い、S嬢は男性を調教し、支配するだけのスキルやテクニックが求められるだけに、M嬢と比べて相対的に給料が高くなります。
Mな男性が今何を望み、どんな言葉でバカにされたら悦ぶのかを的確に捉え、そしてアドリブで最も強烈な苦痛を与える、S嬢にはそのような高い演技力が求められます。
それだけに、S嬢の方が給料が高いからといって、誰でも簡単になれる世界ではありません。
女王様のような雰囲気のある女性や、演技力のある女性でないと、S嬢の仕事はこなせないでしょう。

そんなSMクラブの給料ですが、だいたい1時間あたり6000円から2万円ほどの給料が稼げるものです。
ただ、SMクラブは他のプレイと違って接客時間が長期化しやすいです。
特に多くのファンを抱えているS嬢ともなると、頻繁に指名が入るだけに、非常に稼ぎが良いです。
指名が入れば指名料が入りますし、SMクラブのプレイをするにあたって道具を使用したり、オプションを注文されれば、それぞれバックが入るでしょう。

SMクラブの給料は日給にすると4万円から10万円は稼げる世界です。
オプション次第ではそれ以上の金額も十分に稼げます。
ただ、S嬢と違い、M嬢は精神的にも肉体的にも負担の大きい仕事なだけに、稼げる一方で長く続けられず、途中でリタイアしてしまう女性が意外と多くいます。
その一方で、ファンが多くなると出勤すれば確実に1日5万円以上は稼げるようになるなど、実力次第でいくらでも高収入が期待できる世界です。

SMクラブのメリットとデメリット

SMクラブは普通の風俗店と比較すると、かなり料金が高めに設定されています。
そのため、手取りも他店と比べると高くなる傾向があるというメリットがあります。
その一方で、この仕事は非常にプロフェッショナルな内容となります。

特に、S嬢の場合、アドリブが上手く、Mな男性を精神的にも支配させられるだけの演技力が不可欠なだけに、ちょっと仕事を齧った程度ではS役は務まらないでしょう。
かといって演技力が要らないM嬢になると、本当に酷いダメージを受け、身体や心を壊されてしまうリスクがあります。
S嬢にしろM嬢にしろ、どちらにしてもその分野において才能のある女性ともなると、非常に高額の給料が稼げます。
それだけに、本入店をする前に一度体験入店をしてみましょう。

体入をすることで、SMクラブの仕事を覚えられます。

体験入店可能なSMクラブ

手錠 女性SMクラブはソープやデリヘルなどと比較すると、店舗数の少ない風俗店です。
そのため、風俗バイトの求人を探したところで、あまり多くの求人数は見つけられないでしょう。

ただ、SMクラブは体験入店可能なお店が多いので、体入可能なお店はすぐに見つかるでしょう。
中には体入保証のある求人もあるため、バイト感覚で体験入店したとしても、それ相応の収入は稼げることでしょう。
体験入店せずにいきなりSMクラブの世界に入ると、そのアブノーマルな世界に驚くことでしょう。
特にM嬢の仕事内容は精神的にも肉体的にも辛いものがあります。

そのため、未経験者や初心者ほど、体入制度のあるお店を選びましょう。
本入店するかどうかは体験入店し、講習を受け、不安や疑問点を解消してからでも遅くはありません。

SMクラブの講習

風俗店の中には講習といってもDVDを見るだけだったり、マニュアルを読むだけだったりなど、簡易な講習を用意するだけで、実質無いも同然のお店もあります。

それだけに、女性の中にはSMクラブにはしっかりと講習があるのか、不安に感じる人もいることでしょう。
結論から言えば、SMクラブはどこも講習があります。
それもかなり本格的な講習となりますので、講習の有無についてはそれほど心配は要らないでしょう。
ただ、どのような講習をするのかはお店によって個人差がありますので、面接で質問し、確認しておきましょう。

SMクラブは他の風俗店と違い、道具を使用する機会が多いです。
中には今まで一度も見たことがないような特殊な道具を使用することもあるでしょう。
さらに、専門性の高い仕事のため、未経験の女性にいきなりS嬢もしくはM嬢の仕事をさせるということは滅多にないです。
例えば、浣腸器と呼ばれる道具を日常生活で使用したことがある女性などまずいないでしょう。

使い方のみならず、実際の使用感まで試す必要があります。
そのため、SMクラブは講習でアナル講習が行われることがあります。
たとえセックスの経験があったとしても、アナルの経験がある女性など風俗嬢でも少数派でしょう。
ただ、アナルは非常にデリケートな部分です。

開発の仕方などに慣れていないと、事故やトラブルに繋がるだけに、やはりアナル講習は必須となるでしょう。
このように、SMクラブは講習内容からしてかなりハードになることが多いです。
そのため、本入店をする前に、面接時に講習の内容まで確認しておきましょう。
女性によっては講習そのものが受けられないケースもあるからです。
面接時に講習や体入制度の有無、そしてキャストの平均的な給料などを質問することで、総合的にSMクラブの仕事について理解を深められるでしょう。
その上で、納得したのであれば、本入店しても問題はないでしょう。
この世界はかなりハードです。

それだけに、面接では不安や疑問点を全て質問し、解消しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする