指名のノルマが決まっているメンズエステはなるべく避けるべき

メンズエステの求人を調べていると「指名ノルマ・罰金ナシ!」と書かれた広告を見かけることがあります。
メンズエステに指名ノルマはあるの?その目的は?
メンズエステで指名ノルマが決まっている店を避ける理由や、罰金のシステムについても紹介していきます。

メンズエステの指名ノルマ、罰金とは?

指名ノルマ地獄に陥る風俗嬢たち

絶望 女性以前より数は少ないものですが、指名数ノルマや売り上げのノルマを設けているお店も未だに残っています。
キャバクラもノルマがあるお店がまだ多く、そういったお店で働いている女性にとって、毎月月末はストレスも一気に高くなります。

必死でリピーター客や常連に連絡を取って指名をしてもらい、ノルマ達成を果たしています。
売れっ子やランカー嬢にとっては造作もないことかもしれませんが、「指名ノルマ地獄」に陥っている女性は珍しくありません。
中にはノルマを達成できずに退店に追い込まれたり、ストレスで散財や暴飲暴食に走る女性もいます。

指名ノルマを設ける目的

そもそも指名ノルマはどうしてあるのでしょう。
キャバクラのような時給制を設けているお店は、お客さんについていなくても給料が発生します。
風俗店もビジネスですから、ボーッとしているだけの女性に給料を支払うことはしたくありません。
そのためノルマを設けて女性の就業意識や接客への意識を高める狙いがあります。
また風俗店の中には、日給最低保障や寮などの生活費を保証しているお店もあります。

出稼ぎ嬢が多いお店は、交通費や滞在費を負担していることもあり、そういった女性にはノルマを設けて売り上げに貢献してもらう代わりに生活費や交通費を負担する、という条件で働くこともあります。

罰金があるお店は多い

メンズエステでノルマがあるお店は少ないようですが、罰金制度があるお店はたくさんあります。
罰金は無断欠勤や当日欠勤、お店の規定に反した場合などに、給料から天引きされることが多いようです。
とは言え、一度や二度の遅刻や欠勤で罰金になることは稀です。

例えばお客様の予約が入っているのに出勤しなかったり、接客態度などで何度もクレームがついた場合など、お店やお客様に迷惑をかける行為を繰り返した場合、罰金を支払うようにすることがあるようです。
風俗店も昨今は労働条件や労働基準法の観点から、罰金やノルマを設けるお店は少なくなりました。
もし面接に行ったお店がノルマのあるようなお店だった場合は、入店を決めずに辞退することをおすすめします。

メンズエステ、風俗店で指名ノルマがあるお店は避けるべき?

指名ノルマがあるお店は極力避けましょう!

注意 マークメンズエステに限らず、風俗店全体が指名ノルマや罰金制度をなくしていることがほとんどです。
しかし昔ながらのお店などでは、未だに「指名ノルマ月に〇人」「売り上げ〇〇円」といったノルマを設けています。
そういったお店は極力入店しないようにして下さい。
ノルマに苦しむことはもちろんですが、厳しいノルマを設けなければならない程お店の風紀が悪いのか、はたまた働く女性を人間として扱っていないのか、どちらにしても女性を大切に扱っているお店は、ノルマなどを設けなくてもきちんと売上げがあります。

もしも面接で「ウチは月のノルマが…」といったことを言われたり「他のお店でも同じだよ」ということを言われたら、そのお店に入店することは辞めて、別のお店を探すようにして下さい。

指名ノルマが達成できなかったら…?

指名ノルマがあるお店で、そのノルマを達成できなければどうなるのでしょう。
お店によって違いはありますが、ノルマ達成ができなかった場合は罰金としていくらか給料を天引きされるか、出勤制限をかけられるなどのペナルティが課されることがあります。
また何度もノルマが達成できなければ、お店での居場所もなくなり、退店せざるをえないような状況に陥ることもあります。

嬢同士も、お客様の取り合いでギスギスした関係になることも多く、働く環境も劣悪なお店が多いようです。
もちろん全てがそのようなお店とは言い切れません。
ですが、メンズエステでノルマをつけるようなお店はあまり良いお店ではありません。
ノルマがあるお店はできる限り避けるようにして下さい。

メンズエステの罰金はどういった理由で発生するの?
支払い義務は?

当欠、遅刻が多い女性には罰金も

メンズエステでノルマがあるお店は少ないですが、罰金があるお店は多いようです。
ではどのような場合で罰金が発生するのでしょう。

風俗嬢は生活にルーズな人が多く、遅刻や当日欠勤(当欠)には割合寛大です。
しかし、それでも一ヶ月の間に何度も遅刻をしたり、お客様の予約が入っていると分かっているのに当日欠勤をしてお客様に迷惑をかけてしまった場合は、罰金となることがあります。
お客様に迷惑をかける行為は、自身の売り上げにも影響が出ますので、病気や子どものことなど以外は極力、当日欠勤をしないように気をつけて下さい。

お客様と店外デートをした場合

恋愛風俗店ではお店を通さずにお客様とデートをしたり、お金をもらって体の関係を結ぶ行為を厳禁としています。

見つかれば即お店はクビ、場合によってはお客様にも罰金を請求するお店があります。
もちろん嬢にも罰金が課されるのですが、この罰金、厳密には支払い義務はありません(後述)。
しかし言いがかりをつけたり威圧的な態度を取る店長が多いので、誰にも相談できずに罰金を支払い、泣き寝入りしている女性や男性客が後を絶たないようです。

罰金に支払い義務はある?

風俗店に多い罰金ですが、働く女性に支払い義務はありません。

労働基準法16条「労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけない」と決められています。
そのため罰金の請求をされても罰金や違約金を支払う義務はないのです。
お店も労働基準法については理解していることが多いのですが、たとえ言葉の上だけでも罰金制度があるのは、それだけ仕事の義務やルールを無視する人が多いからなのでしょう。
風俗の世界は自由出勤、個人事業主と言われますが、その意味を間違えないようにして下さいね。

指名ノルマのある店を見分ける方法は?

ノルマの有無は面接で確認を

最後は指名ノルマがある店とないお店の見分け方について紹介していきます。
とは言え指名ノルマの有無は、面接で確認することが一番手っ取り早い方法です。
もしも「ノルマがある」と言われた場合は、そのお店には入店せず、他のお店を探した方が良いでしょう。

ノルマのあるお店は、どのみち他の規則や人間関係でも何かしら問題があるものです。
お金を稼ぐことだけに集中して働ける環境のお店を探すようにしましょう。

心配な場合は大手チェーン店で働く

ノルマの有る無しが心配な場合は、大手チェーン店に入店することがおすすめです。
大手チェーン店はノルマや罰金はありませんし、働く女性の待遇も良いことが多いので、風俗が初めての女性でも安心して仕事ができます。

もちろん念のため、面接でノルマや罰金について確認することは忘れないで下さいね。

まとめ

メンズエステの指名ノルマについて、ノルマのあるお店は辞めた方が良い理由や罰金について、また指名ノルマのある店の見分け方について紹介しました。
指名ノルマは嬢への負担が大きくなるばかりで、メリットがありません。

お店を探すときは、ノルマのないお店で働くようにして下さいね。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする