メンズエステで働いてツライと思うことはどんな事ですか?

風俗のお仕事は性的なサービスをしなくてはいけないため、普通の仕事ではありえないようなツライ体験がつきものです。
もちろんその分普通の仕事ではもらえないような高いお給料を稼げる可能性があるというメリットもありますが、一人で抱え込んでしまうと精神的に病んでしまうこともあります。
また、どういうツライ事が起きるのかを想定しておかないと、実際に体験した時にショックを受けてしまうこともあります。
そこでこの記事では、メンズエステで働いていてつらいことをご紹介するので、自分一人だけがツライのだと思わず、もし自分が同じ様な目にあった時にもショックを受けないように心の準備しておきましょう。

メンズエステで働いてツライこととは-サービス・プレイ-

マッサージメンズエステで働いていて精神的に苦痛だと感じるような事の大半は風俗客によってもたらされます。
メンズエステはデリヘルやソープなどのようにあからさまな性的なプレイをするお店ではなく射精もありませんが、お客さんはエッチなサービスを求めて来店してきているので、女の子にとってはツライ拷問的プレイをさせられてしまうこともあります。
メンズエステで働いていてお客さんから求められるサービスやプレイでツライことには以下の様なものがあります。

触られる

メンズエステは基本的にお客さんが風俗嬢に触ることが一切禁止されている業種です。

しかしエッチなマッサージを受けているうちに女の子のことを触りたいと感じてしまうお客さんは非常に多いのです。
お客さんの中には、本来禁止されているおさわりをどれくらいできるのか、ということに興奮する人もたくさんいます。
マッサージをしてる最中に堂々と胸やお尻を触って来るお客さんもいれば、わざとひじや顔を胸に当てようとしてくるお客さんもいます。
このようなお客さんに対しては直接的に「触らないでください」と言うのも効果的ですが、サービスの雰囲気を壊したくない場合にはそもそも触られないように警戒しておくことも重要です。

メンズエステで働くのであれば、規則で触ることは禁止されていても触ろうとするお客さんが絶対にいることを理解して、警戒と心の準備をしておきましょう。

匂いをかがれる

メンズエステではお客さんが風俗嬢に触ることは禁止されているので、せめて匂いを嗅ごうとしてくるお客さんがいます。
女の子の匂いを嗅ぎたいと思うのは男性の本能の様なものなので仕方がない部分もあるのですが、明らかに鼻の音が鳴っているくらい堂々と匂いを嗅がれると気持ち悪いものです。
とはいえ匂いを嗅がれるくらいであれば実害はほとんどありません。

むしろお客さんが匂いを嗅ぎたいほど興奮させられているのであれば、メンズエステ嬢としては良い仕事ができていると前向きに考えるのが良いでしょう。

お客さんが臭い

男性お店でサービスをするタイプのメンズエステでも、お客さんのもとに派遣されてサービスをするタイプでも、事前にお客さんはシャワーを浴びなくてはいけません。
店舗内でサービスをするメンズエステは一緒にシャワーを浴びるか、もしくはお客さんだけがシャワーを浴びるタイプの店に別れます。
そのようなお店であれば、お客さんがシャワーを浴びていることは間違いありません。

しかしお客さんの家やホテルなどに派遣されるタイプのメンズエステの場合、本当にお客さんがシャワーを浴びてくれたのかどうかは確認できません。
お客さんの中にはシャワーを浴びるのが面倒くさくてサボる人もいますし、少し汚れている状態でエステ嬢にマッサージさせることに興奮する人もいます。
お客さんに対して「臭いからシャワーを浴びてください」とはなかなか言い出しにくいものなので。
そういうお客さんに当たってしまった場合には、悪臭と戦いながらサービスをすることになります。

あまりにも我慢できないお客さんの場合にはお店に報告をしてNG客にしてしまいましょう。

本番強要

メンズエステにも本番強要してくるお客さんは存在します。
メンズエステは風俗店の中でもサービスの内容がお店によって差が大きいので、本番を黙認しているようなお店もあるのです。
だから、「この子ももしかしたらヤらせてくれるかも」と考えるお客さんはたくさんいます。

メンズエステを好むお客さんの中には、どれくらい性的なサービスをすることができるのかチャレンジすることに興奮を覚える人もいます。
だからメンズエステで働いていると「ちょっと触って欲しいなー」とか「ちょっとだけ舐めてもらいたい」などと本来禁止されているはずの手コキやフェラを求めてくるお客さんは必ずいると考えておきましょう。
それがエスカレートすると本番強要になります。
本番強要してくるお客さんに多いのが、「次指名するからお願い」とか「お小遣い払うからお願い」と指名やお金をチラつかせて交渉してくるタイプです。

そのような交渉に対してどう応じるのかは完全に自己責任だと考えておきましょう。
お客さんと本番をしたことがお店にばれてしまったらクビになる可能性が非常に高いですし、お店を通さずにお金を受け取っても同じくクビになってしまいます。
どういう条件を出されてもお客さんと本番をする気がないのであれば、交渉をされた瞬間にきっぱりと断るようにしましょう。

メンズエステで働いてツライこととは-サービス・プレイ以外-

メンズエステで働いてツライことにはサービスやプレイ以外のこともあります。

身バレ

秘密メンズエステはデリヘルなどよりも性的なサービスの度合いが低いとはいえ、風俗店であることは間違いありません。
多くの女性はメンズエステで働く時に家族や彼氏にバレないように注意をしているでしょう。
それにもかかわらず身バレしてしまうことはあります。
風俗店で働いている時にバレしてしまう原因といえば、ホームページの写真を見られるなどの自分の力ではどうにもできない理由を想像する方が多いです。

しかし実際に身バレしてしまった女性に多いのは、友人につい風俗店で働いていることを言ってしまったり、twitterの鍵垢などで仕事のことをつぶやいたりしてしまうケースです。
また、お店の名刺を部屋におきっぱなしにしてしまったり、お店と連絡しているLINEを彼氏に見られてしまったりという不注意によるものもあります。
風俗店で働く以上は身バレを完全に防ぐことはできませんが、少なくとも自分の不注意によってバレてしまうことがないようにしましょう。

スタッフからの嫌がらせ

風俗店で働く時にはスタッフとの関係も非常に重要です。

残念ながら風俗店は普通の職場のような常識が通用しないこともあるので、スタッフや店長のご機嫌次第で嫌がらせをされたり干されたりしてしまうこともあります。
お店での人間関係に悩んでしまい辞める女の子も非常に多いので、スタッフとの人間関係は非常に重要です。
風俗で働いていると、お店のスタッフは自分の身の回りを世話する下の人間のように思えてしまうこともありますが、しっかりと敬意をもって接することを心がけましょう。
それでもスタッフから嫌われてしまうことはあるので、そうなってしまったら違うお店に移籍することをお勧めします。

性病

メンズエステはデリヘルやソープなどと比べてはるかに性病にかかる確率が低い業種です。
性病は口や性器の接触によって感染する病気なので、本来のメンズエステのサービスの範囲内であれば性病になる可能性はほとんどありません。
しかしメンズエステで決められているサービスの範囲を超えて、フェラチオや本番をしている女の子の場合、当然性病にかかるリスクがあると理解しておきましょう。

稼げない

メンズエステは基本的に完全歩合制なのでお客さんにつくことが出来なければお給料を稼ぐことができません。

もちろん普通のお仕事よりもはるかに稼げる可能性があるという魅力もありますが、安定性はない職業なので他の女の子より頑張ってお客さんの指名を勝ち取れるようにならなくてはいけません。

まとめ

メンズエステで働いていてつらいことをご紹介しました。
メンズエステで働いていてツライと感じることが多いのは、お客さんに対するサービスやプレイです。
高いお給料を稼ぐためには我慢しなくてはいけないという面もありますが、我慢しすぎてしまうと精神的に病んでしまう可能性もあるので無理はしすぎないようにしましょう。

風俗で稼ぐためにはサービスを頑張るだけではなく、ストレスを上手に解消して長く働けるようにすることも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする