セクキャバの求人なら写メ面接がおすすめ

セクキャバの求人の中には「写メ面接OK」というようなことが書いてあるお店もあります。
写メ面接とは、簡単に言えばお店に直接行かなくても写メを送るだけで採用なのか不採用なのかを教えてくれるということです。
写メ面接は女性にとって非常にメリットが多いシステムなので、この記事ではセクキャバの求人で写メ面接がおすすめな理由と、写メ面接で合格するためのコツをご紹介します。

写メ面接って何?

写真 カメラ一般的にセクキャバで働き始めるためには求人サイトでお店選びをした後、お店に連絡をしてから面接をしなくてはいけません。

面接に行って無事に採用されることができれば働き始めることができますが、不採用になってしまうと面接のための準備も時間も全て無駄になってしまいます。
セクキャバの面接に行った時に受け答えもうまくいったし、失礼なこともしなかったのに不採用になってしまって、「結局見た目で不採用になるんだったら最初から面接来なければよかった」という気分になってしまった経験がある女性は多いでしょう。
写メ面接ではそのような無駄な手間がかかる心配もありません。
写メ面接でお店から求められるのは基本的に顔とスタイルがわかる写メだけです。

写メ面接を受け付けているお店の場合、メールフォームなどから自分の写真を送れば採用か不採用かを判定してメールを送ってくれます。
写メ面接の時に必要になるのは主に顔がわかる写真とスタイルがわかる写真です。
スタイルがわかる写真は、出来るだけ体のラインがしっかりわかるようにひらひらとしたものではない写真を求められます。
そしてお店はその女の子が自分のお店で働くために必要な容姿を備えているか判断します。

写メ面接の場合必要に乗るのは写メだけですので、その時点で自分の名前などの個人情報を見せに知られる心配がありません。
夜のお店の面接に行く時には自分の個人情報が知られてしまうのでなんとなく嫌だと感じる方も多いのですが、写メ面接であれば不採用になったお店に個人情報を一切知られることもないので、不愉快な気持ちを抱く心配もありません。
最近ではセクキャバだけではなくデリヘルやソープなどでも写メ面接をしているお店がたくさんあります。
特に出稼ぎを募集しているお店の場合には遠くから面接に行くと交通費がかかってしまうので、写メ面接だけで採用か不採用化か判断してもらえるお店もたくさんあります。

写メ面接で採用となった場合には、その後にお店に入って最終面接を受けることになります。
その時点で見た目はオッケーということなので、不採用となる可能性は非常に低くなっています。
お店の人は会話をしてみて、お客さんに対して失礼なことを言う様な非常識な女の子ではないかどうかを見ています。
基本的に、めちゃくちゃなことをしない限りは採用になるので、写メ面接で合格したからといって高飛車になって失礼なことを言わないように気をつけましょう。

写メ面接のメリット・デメリット

Good, Bad写メ面接を募集しているお店のメリットとデメリットを紹介します。
まず写メ面接のメリットは以下のようなものです。

時間と手間が省ける

写メ面接ならわざわざお店に行く必要がないので、面接を受けるための準備も必要はありませんし、不採用になったとしても時間が無駄になることもありません。
特に、すでに別の仕事をしていて面接のための時間があまり取れない女性にとっては、直接お店に行く時間が不要なのでとても便利なシステムです。

審査が早い

写メ面接ではお店は女の子の写真を見るだけなので、応募してから結果が帰ってくるまでの期間が非常に短くなっています。
不採用になったらすぐに次のお店を探さなくてはいけないので、審査期間が短いということはそれだけでも女の子にとって有利なシステムと言えます。

ショックが少ない

風俗の面接に行って不採用となってしまうと自分の何が悪かったのかと考え込んでしまい悩んでしまう女性もたくさんいます。

直接お店まで行って不採用だと告げられてしまうと精神的なショックも大きいでしょう。
写メ面接なら不採用であってもその通知はメールでされるので、直接面接に行くよりもショックは少なくなります。
一方で写メ面接で採用されるとお店の雰囲気を確かめる時間が短いというデメリットもあります。
写メ面接で採用となった場合には、その後お店に言って短い面接を受けることに成ります。

写メ面接で採用されたということは見た目的には特に問題がないということなのでよほど失礼なことなどをしない限りはそのまま採用してもらうことができます。
ただし、その分面接時間は短くなるため面接官と会話する時間が短く、お店のスタッフの雰囲気を把握するのが困難になるというデメリットがあります。
お店の人との相性も長期間働くためには非常に重要なことなので、面接でしっかりとコミュニケーションを取ったほうが良い場合もあるのです。
最近ではほとんどのセクキャバで体験入店を受け付けていますので、まずは体験入店で働いてみてそのお店が自分にとって働きやすい環境かどうかを確認するようにしましょう。

写メ面接に送る写メのポイント

写真 カメラここでは写メ面接を送る時にお店の人から好印象に思われる写メの撮り方や注意点をご紹介します。

加工はNG

若い女の子であれば写メは加工するのが一般的になっています。
しかし写メ面接の時にはSNOWなどを使って写真を加工することは避けましょう。
写メを修正しても結局面接の時に見た目の確認をされるのですから、わざわざ写真を修正してしまうと面接に行ってから不採用になる可能性が高まります。

可愛くみせる努力はする

加工がNGだからといってもやはり出来る限り自撮りは可愛くした方が良いです。
まず自撮りをするときには、しっかりと化粧をして「お店で働く時にはこういう見た目になる」という準備をしてから撮影するようにしましょう。
ただし、お店が見たいのは女の子の素の容姿なので、あまり化粧を濃くしすぎないことも重要です。
あくまでもナチュラルメイクで写真は撮影しましょう。

化粧が濃すぎると「この子は何かごまかしている」と思われてしまいます。
適度な化粧をするのが最も良いのですが、化粧を濃くしすぎるくらいなら、薄いほうがまだ良いよいうことを覚えておきましょう。
また、撮影する時には表情が明るく見えるように、しっかりと光があたる場所で撮影をしましょう。
表情は真顔よりも少しだけ笑顔で撮影すると、お店の人からの印象が良くなります。

指定されたポーズをする

なんとなく普通の写真を撮ることに慣れていなくて、ピースをしたり、手を前にだして小顔効果を使おうとする女の子もいます。
ほとんどの場合セクキャバの写メ面接では「直立した写真」などポーズの指定があるので、それ以外の余計なことはしないようにしましょう。
余計なことをしているとルールを守れない女の子だと思われてしまいます。

体のラインを写す

体のラインがわかる写真を撮るのは恥ずかしいと感じる方もいますが、体型がごまかせる様な服装をすることは絶対に避けましょう。

お店もプロなので体型がわかる写メを送れば、ドレスなどを着てどういう風な見た目になるかを想像することができます。
逆に体のラインがいまいちわからないような写メを送ってくる女の子は「本当は太っているのかも」などと思われてしまい、不採用になる可能性が高まります。

まとめ

セクキャバの求人で写メ面接がおすすめな理由と、写メ面接で合格するためのコツをご紹介しました。
写メ面接は普通に面接するよりもはるかに手間がかからず、短時間で審査結果が出てきますし、不採用になったとしても精神的なショックが少なくて済みます。

わざわざ面接に行って不採用になってしまい時間が無駄になることがほとんどないので、出来るだけや時間や手間を省いてお店探しをしたい女性にとてもオススメな面接方法です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする